北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

事件 時事問題・ニュース・話題

青酸ソーダ1キロ、北九州市の捜査は!?その用途は…?事件歴まとめ…

投稿日:

北九州の会社コタベ青酸ソーダ

別名シアン化ナトリウムが

1キロ紛失したという事件発生。

5千人の致死量に相当する量です。

500グラム入り容器二本がなくなっているということですが

警察は窃盗の疑いも有ると見て、捜査を進めているようです。

…って、悠長すぎませんか!?

スポンサーリンク

広告

捜査状況は?青酸ソーダ1キロの行方は…

青酸ソーダ1キロが紛失、もしくは盗難。

窃盗の疑いがあるとして
操作を進めているということですが
果たして
これが犯罪利用されたらどうなるでしょうか?

その悪夢のような出来事が
1984年から日本全国を震え上がらせた
凶悪毒物犯罪
グリコ・森永事件です。

1984年3月の江崎グリコ社長を誘拐して身代金を要求した事件を皮切りに、江崎グリコに対して脅迫や放火を起こす。その後、丸大食品、森永製菓、ハウス食品、不二家、駿河屋など食品企業を次々と脅迫。現金の引き渡しにおいては次々と指定場所を変えたが、犯人は一度も現金の引き渡し場所に現れなかった。犯人と思しき人物が何度か目撃されたが逃げられてしまったため、結局正体は分からなかった。

その他、1984年5月と9月、1985年2月に小売店で青酸入り菓子を置き、日本全国を不安に陥れた。

1984年4月12日に警察庁広域重要指定事件に指定された。

2000年(平成12年)2月13日に東京・愛知青酸入り菓子ばら撒き事件の殺人未遂罪が時効を迎え、全ての事件の公訴時効が成立。警察庁広域重要指定事件としては初めて犯人を検挙出来なかった未解決事件となった。

2005年(平成17年)3月に除斥期間(民法第724条)が経過し、民法上の損害賠償請求権が消滅した。

企業への脅迫状とは別に報道機関や週刊誌などに挑戦状を送りつけ、毒入り菓子をばらまいて社会一般を騒ぎに巻き込んだことで、評論家の赤塚行雄から劇場型犯罪と名付けられた[1]。同時期に世間を騒がせた三浦和義のロス疑惑とともに当時の世相として振り返られることも多い[2]。
Wikipediaより

 

全国の食品店に毒物入りの商品を置き
食品会社を徹底的に脅迫しました。

その犯人は未だ行方知れず。
捜査本部長が焼身自殺という非業の死を遂げたことをきっかけに
班員から終息を告げるメッセージが届き
そしてその後、この事件は時効になりました。

警察庁広域重要指定を受けて
130万人の捜査員が動員された
史上まれに見る凶悪犯罪です。

ただ、これは身代金目的の
脅迫の手段として用いられた事例です。

1キロの青酸ソーダ、5千人の致死量…何に使える…?

もしも…●人のために
この毒物が用いられたら?

あるいは、テロ行為のために
使われたら?

水道水に入れられたらとおもうと
考えるだけでゾッとします。

あるいは、祭りの日の屋台で…

あるいは、給食で…。

バスや飛行機などの密室空間で巻かれたらどうなるでしょう。

また、オリンピックに合わせられたら…?

身代金目的ではない
大量殺傷目的で使われたら…。

 

その前例が、青酸コーラ無差別殺人事件です。

青酸コーラ無差別殺人事件(せいさんコーラむさべつさつじんじけん)とは、1977年(昭和52年)1月4日から2月半ばまで、東京・大阪で起こった無差別殺人事件である。シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)入りのコカ・コーラを飲んだ会社員らが死亡した。毒入りコーラ事件とも呼ばれる。

wikipediaより

 

1キロという量でありながら
5000人を死に至らしめるという劇薬。

単に紛失したということが問題ではなく

毒薬を「盗むような必要性のある人間」の手に
毒薬が渡ってしまった

という可能性こそが最も恐るべき事態です。

さらに、なぜその工場施設に青酸ソーダが有るということを
知っていたのでしょうか?

一般人や一般市民が知るようなことは無いでしょう。

ましてや青酸ソーダなど
通常はお金や生活に全く関わりのないものです。

なんとなく盗みに入って
なんとなく手に入るような代物ではありません。

これが盗難だとするなら
何かの計画的な入手であったことは
もはや間違いないでしょう。

青酸ソーダは果たしてどこに消えたのでしょうか…。

この事件は、もはや地方都市の一窃盗事件として
扱える問題では無いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

広告

1キロの青酸ソーダ、窃盗?数え間違いを祈るが…

今回、窃盗という容疑で操作を進めている
警察ですが
このニュース自体あまり不安を煽りすぎないように
わからないことについては
あまり報道されていません。

また、管理体制はどうなっていたのでしょうか。

施錠は?防犯カメラの設置は?
そういった管理体制についても明らかにはされていません。

もしも管理体制がしっかりした上で消えたのだとしたら
内部の犯行と見ても間違いはないのでしょう。

どこから流出したのでしょうか。

数え間違いであってほしいものですが
そんなことは、不祥事として発表されるリスクを背負う以上
警察に申し出る前に
十分にチェックしたでしょう。

それでも警察に届けを申し出たということは
もはやチェックの段階ではなく
盗難と断じて間違いがないからといえます。

使われないことを、本当に願うばかりです…。

広告

広告

-事件, 時事問題・ニュース・話題

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ