北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

ネットの声・ツイッター

谷村奈南 披露宴に世論が…。井岡一翔、弱い原因は嫁?引退した現在…

投稿日:2018年2月4日 更新日:

谷村奈南 披露宴
というおめでたい
ニュースのはずなのですが…。

世間はどうも
反応は冷ややかなものでした…。

それは、井岡一翔
弱い原因は
谷村奈南さんではないかと…。
その引退の引き金を引いたとして
批判されているためです…。

谷村奈南さんと
井岡一翔さんを
気持ちよく祝福したい方は
この記事は
読まないで下さい…。

スポンサーリンク

広告

谷村奈南 披露宴が…

谷村奈南さんの披露宴。
おめでたいニュースです。

お相手は、元ボクシング選手の
井岡一翔さんです。

とはいえ、ニュースでは
ほとんど取り上げられない
この披露宴のニュース。

ボクシングはチャンピオンの
井岡一翔選手ですが
世間の目は今や
披露宴にも薄いようです。

今後は厳しいのではないか?

という声も。

また、参列者の気持ちとしては
披露宴を祝福したいけど
心配…という声も。

何故ならば
井岡一翔さんが
かつてボクシングチャンピオンに
輝いた栄光の時代が

打って変わって
「弱い」と言われるようになり
引退にまで至ったのは
ちょうど谷村奈南さんとの
交際時期が
ぴったりだったからです。

このことから
谷村奈南さんと
付き合いを始めたのが
弱い原因では?

と、そんな意見が
ネットには広まっています。

 

谷村奈南 披露宴で見せた井岡一翔の姿

谷村奈南さんの披露宴で
井岡一翔さんは姿を見せました。

全く練習していない、
というのが井岡一翔さん
本人の弁ですが

そんなに太っているような感じは
特にしません。

ぶくぶくしてるわけでもなく
披露宴での身体自体は
引き締まっているようです。

ただ、トレーニングは
していないということが
関係者の声。

だとすると
引退した真意は
逃げたのではないか
という声も上がっています。

そんな井岡選手は
海外に行こうと
しようとしている
という声が
ボクシング関係者の間では
ささやかれている噂です。

谷村奈南 披露宴にも暗い声…

とはいえ、
井岡一翔さんと谷村奈南さん
二人のここまでの
成り行きを知っている人は
あまり明るい見通しを
抱く人は
極めて少ないようです。

また、ボクシング界に
戻らなくていい

という声も。

それだけに
多くのファンにとっては
井岡一翔さんの
堕落が目に余るものが
あったようです。

かつての井岡選手の
輝くや魅力を
失わせた女性として
谷村奈南さんには
披露宴でもあまり快い視線は
向けられていないのが
現状のようです。

奥さんが悪く言われないように
なれるかどうかは
まさに
井岡選手のこれからの
頑張りぶり次第に
なるといえるでしょう。

年齢的にも
ピークは過ぎたと言われている
井岡一翔選手、
チャンピオンに
再びなるのは
難しいと言われています。

谷村奈南さんの
名誉のためにも
井岡一翔選手には
かつての勢いと
輝きを取り戻して
もう一度リングの上で
ベルトを誇らしく
掲げていただきたいものです…。

スポンサーリンク

広告

 

谷村奈南 披露宴の後の心配事

このくらい意見が
出てくる背景には
やはり、二人の今後の
収入源はどうなるのか?

ということです。

井岡選手は
今までボクシングで稼いだ
ファイトマネーを
賢く計画的に
運用すれば
かなり長くは持つでしょうけれど…

とはいえ
お金のバランスとは難しく
手元にある
身に余る用な大金を
使いこなすには
資産運用能力や
計画性が必要です。

そして、多くの人は
それがないからこそ
崩れてしまった
経済のバランス感覚のせいで
破産や破滅に至ってしまうのです。

したがって
今の井岡一翔さんと
谷村奈南さんの
二人に残っている財産を
上手く活用して
しっかりと
暮らしてほしいなというのが
筆者の願うところです。

まとめ:谷村奈南 披露宴に世論が…。井岡一翔、弱い原因は嫁?引退した現在…

世間からの祝福を
得られた披露宴とは
残念ながら言い難い
この状況ですが

しかしながら
二人の間に譲れない絆が
あるのなら
それを貫き通して
二人なりの幸せを
感じられる時間であるように

筆者はただ
願いたいと思います。

色々物議をかもした二人ですが
それだけに
試練として乗り越えていって
幸せに至りますことを

お二人の前途が
明るいものであることを
願いたいと思います。

広告

広告

-ネットの声・ツイッター

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ