北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・ていねいに届けるメディア

芸能人・女優・俳優

蛭子能収 ギャラ暴露!クズ伝説で有名なサイコパス漫画家の年収は…

投稿日:2018年3月17日 更新日:

蛭子能収 ギャラ暴露

蛭子能収さんの発表したテレビ出演料は

凄まじいものでした…。

 

メレンゲの気持ちに出演した

蛭子能収さんが語るのは

漫画の方では20万円から30万円。

 

対して、テレビでは一回出演するだけで

20万円から30万円は出るということです。

スポンサーリンク

広告

蛭子能収 ギャラ暴露に続いて…テレビのほうが楽?

漫画家という仕事は

非常に大変ですが

テレビでは出演して

番組の空気を読んでしゃべるだけです。

 

にもかかわらず稼ぎは圧倒的にいい。

 

芸能界で失敗したり

スキャンダルを経て失墜した数多くの芸能人も

なかなかテレビの世界から出ていこうとはしませんが

それだけにテレビという媒体は

稼げるが額が桁違いということでしょう。

https://twitter.com/ari415_DIK/status/974850843676573696

テレビに出演している蛭子能収さん。

そのアクの強いキャラクターが

一部では人気です。

蛭子能収さんといえば今や

テレビのほうが有名かもしれません。

スポンサーリンク

広告

蛭子能収 ギャラ暴露…漫画より有名?

 

実際に、蛭子能収さんをテレビで見たことはあるけど

漫画を読んだという人は

少なくなっているのではないでしょうか。

 

やはり、テレビと漫画では

目に留まる数が圧倒的に違います。

 

また、蛭子能収さんの裏のないキャラクターも

このようにギャラ暴露したりなどして

さまざまなことをあけすけに言うものですから

なかなか類を見ないキャラクター性の持ち主です。

 

 

また、蛭子能収さんのポジションはなかなかいないでしょう。

 

それでも漫画をやめないのは

やはり、蛭子能収さんが漫画を好きだからなのではないでしょうか。

話を考えて絵を書く

それにまつわるさまざまな緻密な作業を重ねて

漫画を作っていくわけですが

蛭子能収さんはその作業にこそ

よろs媚を見いだせるから

漫画家になって今も書いているのでしょう。

 

蛭子能収 ギャラ暴露の真相…

 

漫画家という職業は

その原稿料から、仕事場の家賃や、アシスタントへの給料を

支払っていく必要があります。

 

漫画がヒットすれば印税も入ってきますが

しかし、それもこれだけたくさんの漫画が出版されている中で

大きなヒットを当てるというのは大変難しいことです。

 

実際、単行本を出してもらえないような

漫画作品というのも世の中にはたくさんアリアm寿司

また、漫画作家にとって原稿料というのは

収入の全てに当たるので売れ行きによっては

非常に厳しい生活を強いられます。

 

ある漫画家は、生活費のために

他の作家のアシスタントをする

といったようなジレンマに陥っていることもあります。

 

しかし、そこで経験してきたことが深みとなって

テレビ出演してもその味のあるキャラクター性が

人気を読んでいます。

また、漫画の仕事であったからこそ

テレビの出演があったとも考えられます。

 

実際に、路線バスの旅に蛭子能収さんが出演した回も

蛭子能収さんのほうが面白かった

という声も上がります。

 

タレントとしては面白いという評価を得るも

蛭子能収さんの漫画は読んだこと無い、

蛭子能収さんの漫画はあまり面白くない

という評価も目につくのが

いささか残念なところではありますが…。

 

ただ、蛭子能収さんのイラストは

今でこそあまり見かけなくなってしまいましたが

10年ほど前のCMには蛭子能収さんのイラストは結構使われていました。

 

蛭子能収 ギャラ暴露…その行き先はやっぱり賭け?

 

賭け事大好きで知られる蛭子能収さん、

そのギャラの行方はやはり賭け事に消えていくのでしょうか。

 

この発言反発するひと多いかも知れないけど、このキャラクターあっての儲けな訳で、これが蛭子さんの天性の才能。嫉妬できるレベルの話じゃない。

あと蛭子さんのイラストって今はそんなに見ないかも知れないけど、10年くらい前まではCMとかでも結構採用されるくらい描いてたよ。

 

反発を招きそうな発言を

平然と口にしてしまうのが

蛭子能収さんの強烈なキャラクターです。

ドラマ「今からあなたを脅迫します」で面白い味出してた蛭子能収
そのギャラが知りたい
すごく楽しめたコメディーだったけど
予算は低そうで現場の頑張りが目立っていた気がする

ドラマの出演の仕事も増えてきていて

本業の漫画よりも有名になりつつある蛭子能収さん。

 

漫画家は原稿料で仕事場の家賃とアシスタントを雇用する費用に充てて印税で生活するのが基本的な形だから、テレビの出演料に比べて原稿料が安いのは仕方ない。
(単行本を出してもらえないような作品、作家は原稿料が収入の全てだから厳しいだろうし、生活費のために他の作家のアシスタントをするなんて矛盾してるような話も聞いたことがあるけど…。)

わりのいい仕事であるテレビ関係ですが

蛭子能収さん、賭け事も程々に

長く元気でいてほしいものです。

広告

広告

-芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ