スポーツ 時事問題・ニュース・話題

葛西紀明 ハプニングの真相「わざと?」平昌オリンピックに疑惑の声

投稿日:2018年2月8日 更新日:

葛西紀明選手を襲ったハプニング
極寒マイナス14度の中で
来ないシャトルバスを40分待たされる…

日本選手「だけ」。

…どう捉えるべきでしょうか?

ネットの声も、
荒れています。

スポンサーリンク

葛西紀明 ハプニングに寄せられた声…「嫌がらせ?」

この件を受けて、さまざまな声が

ネットに寄せられていました。

 

その代表的な声を取り上げていきます。

嫌がらせでは?

嫌がらせが始まったな。
呪リンピック 森下がりおめでとうございます。

まだ(嫌がらせは)序ノ口だと思う

明らかな嫌がらせだね。
選手ファーストでなく、反日精神ファーストかい。呆れるわ。
まあ、レジェンドを待たせるなんて、大変失礼なことしてくれたな。
8回目のオリンピック。風邪でも引いて、出場できなかったらどうするんだ。怒

日本チームだけ取り残される

意味深だね!!

さすが期待を裏切らない朝鮮
他の新聞社は都合の悪いことは記事にしないの?

日本チームへの露骨な嫌がらせでは?

ボイコットすれば良かった

日本代表宿舎のエアコンが故障してたりすごい確率ですねぇw
これでも偶然とか逆に非難してくるのがお家芸ですからね

普通に参加すべきでなかったと思う。

わざとです

色んな方法で陰湿な妨害してくると思いますが、日本選手のみなさん負けずに頑張って下さい!

やっぱり始まった嫌がらせ、ボイコットするべきだったんだよ笑 宿舎の暖房も止まりそう

嫌がらせに負けずに頑張ってください。

だらしないのか…
それとも悪意があるのか…

さっそく嫌がらせかよ ふざけんな

わざとだろうね
食べるものにも気を付けてください
ありとあらゆる手を使ってくるよ

ヤフーコメントより

 

どうしても昨今の韓国との韓国との

関係を鑑みると

こういった疑いを持たざるをえないのが

なんとも悲しいところです…。

 

横山だいすけ 謝罪騒動とは…

 

そもそも平昌オリンピックの運営自体を疑問視する声

 

日本だけじゃなく本当にグダグダだよね。
自己責任じゃなく開催側のミス連発で万全な体調で挑めない選手達が多数いる。
このオリンピックの成績をカウントされるのは可哀想

Awayの洗礼だな。
といっても、現地ボランティアも相当待たされてキレたらしいし、ただの仕切り下手だと思うけど。

ボランティアがリハをボイコットするぐらいだから、国民性がわかるね。

ヤフーコメントより

 

 

ノロウイルスの大感染といい

また、スキージャンプ台の設計が難があったり

すでにさまざまな運営上の不備が

露呈している平昌オリンピック…。

 

オリンピック協会は

何か動きを見せるのでしょうか?

 

違った角度からの意見

東京オリンピックが今回とは真逆の猛暑の中で行われることを考えると、選手、観客、ボランティアの皆さんへの対応が万全かどうか今一度確認が必要ですね。

できるだけ外に出ないほうがいい。
命が危ない。並みの寒さじゃない。

それでも取り乱さない葛西選手の大人としての態度は立派です。
こらが東京オリンピックの炎天下で韓国選手を待たせようものなら、狂ったように騒ぎ立てる姿が目に浮かぶ。

ヤフーコメントより

と、様々な見解が寄せられています。

 

 

国外から招聘した
超一流のスポーツアスリート
いわば国賓としてVIP待遇で
迎えるのが国際的な常識だと思われますが…。

葛西紀明選手が
風邪など引かぬことを願うばかりですが…。

スポンサーリンク

葛西紀明 ハプニングの真相「わざと?」平昌オリンピックに疑惑の声

今回の葛西紀明選手を襲った
ハプニングが作為的なものであれ
あるいはただの過失であるにせよ
筆者が韓国という国に対して思うのは

「国として、幼い」

と思うことです。

日韓合意の件でも
思ったことです。

「最終的」かつ「不可逆」な解決と
締結しておきながら
さらっとひっくり返す。
なかったことにする。

これは、日本の損失ではありません。
韓国という国家の過失であり
その損失は韓国の信頼性に
大きく響くでしょう。

文在寅大統領・謝罪要求の理由とは。菅義偉官房長官の「神対応」まとめ。日韓合意、慰安婦問題

 

国家として非常に未熟であることを
全世界に知らしめる結果となってしまいました。

いわば
「約束を守る」
「規律を守る」
「礼儀を通す」
「理屈を通す」
「感情を抑制する」

といった、大人の行動。

それが結果的に、長期的に見れば
「自分の身を守る」
ということを理解していない。

理解していないで
感情を優先し
約束を守らず
相手の立場や協調といったことを考えない。

そういったことから筆者は
韓国という国を
その精神性を
「国として、幼い」
と思うのです。

この「幼い」という言葉には
侮蔑的な意味合いは一切含んでおりません。

なぜならば
最低限の理屈を通すことが
社会で生きること
自分の身を守るに必要であることを
学んで人は成長するからです。

したがって、韓国という国は
まだ成長途上の国と筆者は考えております。

そして、今の状態では
共通言語を用いた
論理的な相互理解とコミュニケーション
対等な関係を気づくことは
なかなか難しいでしょう。

韓国という国の成長を離れて見守るに
とどめたほうが良い
それが筆者の見解であります。

 

(追記)そして、またも残念なニュースが。

西伸幸 困惑のニット帽画像とは?「何も悪くない」とネットの声。

 

葛西紀明 反省騒動まとめ。嫁子供、父母姉妹のオリンピック応援が台無しに!?

-スポーツ, 時事問題・ニュース・話題
-

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ