北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

スポーツ

羽生結弦 ファン殺到!オリンピックに向けて怪我の状態は現在?

投稿日:2018年2月11日 更新日:

羽生結弦 ファン殺到
韓国の空港ではマスコミやファンで
ごった返しました。

そんなフィギュアスケーターの
羽生結弦選手、期待を集めないという方が
無理な話です。

スポンサーリンク

広告

羽生結弦選手 ファン殺到の人気の理由は?

羽生結弦選手のもとに、何故
ファンが殺到するのか?

カリスマじみた人気を持つ
羽生結弦選手だから、という以外に
言いようがありません。

もともと世界王者であることに加え
抜群の演技力や
表情以外にでも見せる
仕草や言動の洗練された振る舞い。

そう言ったところから
「王子様!」
などとも呼ばれ
海外からも、その演技以外に
人物としての人気も集めている羽生結弦選手。

そんな羽生結弦選手には熱心なファンが付き
ユヅリスト、などとも呼ばれているのだとか。
(名乗っているのかも?)

ジャージを脱ぐ際に
襟を口で咥えてジッパーを下ろす
「羽生脱ぎ」が話題になるなど
一挙手一投足が世間を騒がれる
まさに注目の中心にいる人物
それが羽生結弦選手です。

スポンサーリンク

広告

羽生結弦選手 ファン殺到にも…ナルシスト、の声?

そんな羽生結弦選手
ツイッターなどで発信する
独自の考え方や
普段の振る舞いには
ある種の「世界観」があります。

良くも悪くも独特です。
そんな羽生結弦選手の
強烈なキャラクター性は
熱狂的なファンを生むと同時に
ある種のアンチ、反感も
呼んでいるようです。

羽生結弦選手の振る舞いが
少し浮世離れしていることから
ナルシストなどとも呼ばれる事があります。

一部には、嫌い、との声も…。

とはいえ、筆者が思うのは
並の自己肯定感では
世界チャンピオンにはなれないだろう、ということです。

羽生結弦選手は
特に誰かをけなしたり貶めたりすることはしませんし
あくまで羽生結弦選手の言動は
自分のモチベーションを上げて
パフォーマンスを上げることにありますので
ナルシストとはまた違うのでは…?
と思います。

どんなときでも
あらゆる逆境や
いかなるプレッシャーの中でも
パフォーマンスを発揮するために
自分の中で作り上げた前向きな自分を
表に出しているだけだと
筆者には思えます。

そういったキャラクターは
批判を浴びることもありますが
それは世の常であり
また、仮にナルシストであったとしても
結果を出していますので
世間の大勢は羽生結弦選手に
大いに期待を寄せているでしょう。

それに、羽生結弦選手は
自分を鼓舞する一方で
あくまで冷静に、客観的に見る
冷静さを失わない人物でも
有ると思います。

インタビューの中に見られる
質問への冷静な回答からも
それは見て取れることです。

ネットの世界というのは
なにかと、アンチや攻撃的な意見が
クローズアップすることが多いものですが
羽生結弦選手ほどの影響力になると
そんなの、無い方がおかしい。

なので、羽生結弦選手は気にせずに
(といっても、気にするような
メンタルの持ち主ではもはや無いでしょうけど)
素晴らしい演技を見せてほしいし

ファンの方々も
スルーして
応援し続ければ良いと思います。

羽生結弦選手 ファン殺到…心配されるのは怪我の具合?

そんな殺到したファンの間で
最も気になるのは
羽生結弦選手の怪我の具合でしょう。

それについては
羽生結弦選手、
今回の演技のプログラムについて
インタビューでこう答えています。

「構成の選択肢はたくさんある」

この発言の真意を
読み取るならば
それだけ選択肢をたくさん用意できるほどには
怪我の状態は
回復したと見ても良いのではないかと
筆者は思います。

リハビリや治療を
ひたすらに重ねてきた羽生結弦選手は
いよいよ平昌オリンピックに向けた
最終調整に入ろうとしています。

「嘘をつかないなら、2連覇を狙いたい」

と語る羽生結弦選手ですが
日本全体が羽生結弦選手の二連覇には
大いなる期待を集めていることでしょう。

羽生結弦 ファン殺到!オリンピックに向けて怪我の状態は現在?

2連覇を目指しつつも
それだけが目的ではないと語る
羽生結弦選手。

かつて世界王者を目指していた頃
追い風に乗りに乗って世界の頂点までたどり着き
その後は怪我などの災難にも見舞われました。

しかし、その後真摯な治療を経て
今また新しい形での闘志が
宿っているように
筆者には見受けられます。

羽生結弦選手の二連覇に
そしてそれ以上に
平昌の氷上で見せる演技に
日本中の期待が集まります。

 

広告

広告

-スポーツ
-

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ