ネットの声・ツイッター 芸能人・女優・俳優

熊田曜子 妊娠写真ブログとインスタに!批判の声殺到はなぜ?子供出産後は写真集も?

投稿日:2018年2月7日 更新日:

熊田曜子さんの妊娠写真
ブログインスタで公開され
世間のママを始め
さまざまな話題を呼んでいます。

子供出産後は
写真集も出すのでしょうか?

スポンサーリンク

熊田曜子 妊娠写真公開。お相手の旦那さんは一般人。

熊田曜子さんは
2012年に一般人男性と
結婚してから
二人の女の子を出産しています。

今回の第三子は今年6月に出産予定です。

ママ友と一緒に
プリンちゃんカフェに
行ってきた画像を公開しました。

afdc3c9ebd5faae9c7add6024e0e42b6 842556be080875662f22ad9fd45a3f90 - 熊田曜子 妊娠写真ブログとインスタに!批判の声殺到はなぜ?子供出産後は写真集も?

熊田曜子オフィシャルブログより

 

子供二人も
プリンちゃんカフェに
大喜びだそうです。

6ヶ月なのに
大きいですね!

しっかりと育っていることが
伺えます。

無事に臨月を迎えて
頑張って産んでほしいですね。

スタイル気にしている熊田曜子さん
がこうして妊娠の写真を
出していると
子育ては楽しいのかなあ
と思えてきます。

子供を出産後も
写真集を出すなど
精力的に活動している熊田曜子さんですが
第3子を産んだあとは、
写真集も復帰するのでしょうか?

熊田曜子 妊娠写真にネットの声は冷ややか…なぜ?

そんな熊田曜子さんの
妊娠写真というおめでたいネタですが
世間の祝福の声は
全体の1割位…。

なぜにその祝福の声が少ないのか、

それは熊田曜子さんの
「嫌い」といった声が
多くあったからでした。

熊田曜子さんの大きくイメージダウンに繋がった
ものとして
ペニオク詐欺事件のスキャンダルが
ありました。

ペニーオークションに
芸能人たちがからみ
多額の詐欺被害を出してしまった事件です。

当時のニュースを大きく騒がせる
一大スキャンダルとして
報じられました。

その関係者が熊田曜子さんだったというわけです。

小森純さんが大きく叩かれた裏で
熊田曜子さんも関与は言われていたのですが
熊田曜子さんは矢面に立つことなく
平然と芸能活動を展開している、
そう思われたことが熊田曜子さん不人気の
理由のようです。

小森純さんやほしのあきさんは
自粛期間を経ていたのですが
熊田曜子さんは何事もなかったかのように
テレビに出ている!

と思われたことが
叩かれている原因です。

 

幸せオーラ前回で、
いい気分になるな!
という声が多々見受けられます。

スポンサーリンク

熊田曜子 妊娠写真コメントへの批判…

また、熊田曜子さんのコメントの
「年齢的に今回の妊娠が最後かも」
というコメントも
世の中の妊活を頑張る女性方の
神経に障ったようです。

人生設計として思うのにとどめておくのは
かまわないと筆者は思いますが、
公な場所に出すコメントとしては
たしかに、いささかもう一歩配慮が
必要なコメントであったように
思えますね…。

子供が欲しくても
出来ない女性が
世の中にたくさんいることを考えると
熊田曜子さんの発言は
もう少し配慮が欲しかったものですが…。

おめでたいニュースなだけに
それと関係のないところで
騒がれるのも
いささか残念なものがあります。

熊田曜子 妊娠の後は写真集も?

そんな熊田曜子さんですが
第三子の出産移行は
写真集は出すのでしょうか?

もともと人前に出るのが好きな
熊田曜子さんですので
状況さえ許せば
写真集は出すのではないでしょうか。

こうしてプライベートな
妊娠写真をSNSにアップするなど
ひと目に触れるのが
きっとお好きなのでしょう。

とはいえ、性格で売れば
同性のファンもつきますが

容姿を前に出した売り出し方をすると
同性からは嫌われやすくなるのが
女性芸能人…。

 

また、グラビアアイドルというセクシーさを

表現することも

母親という立場をわかっていないという

批判の理由の1つです。

 

熊田曜子さんについては
反感を抱く女性は
残念ながら多いようです。

引退を望む声も
少なからずあります。

筆者としては
3人のお子さんの教育にとって
一番良い形に収まれば
それがベストでは有ると思うのですが…。

熊田曜子さんのご一家が
穏やかで幸せを感じられるものなら
それが何よりも良いと思います。

 

色々批判を招いている

この写真と発言ですが

お腹の子のためにも

熊田曜子さんは今は安静に、

そっと静かに、出産に向けて

心と体を安らがせてほしいと思います。

 

そのためにも、批判を招くような

言動には注意して

祝福の中で

出産を迎えてほしいと筆者は思います。

 

 

また、妊活に励む

世の女性方に

この場を借りて

エールを贈りたいと思います。

-ネットの声・ツイッター, 芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ