人物分析・パーソナリティー 時事問題・ニュース・話題 有名人 芸能人・女優・俳優

滝沢カレンは面白い!四字熟語キャラのオリジナリティが最強のあだ名をまとめ

投稿日:

熱愛報道が記憶に新しい滝沢カレンさんですが、四字熟語のあだ名が面白すぎると評判を呼んでます。

モデルの他、女優やタレントなどマルチに活躍中の滝沢カレンさんは、父親がウクライナ人で母親が日本人のハーフです。

変な日本語キャラが定着してますが、モデルだけに美人でスタイルが良すぎます。

ランウェイを歩く姿もめちゃくちゃカッコいいです。

そんな滝沢さんの作る四字熟語のあだ名も最高で、飛びきりセンスが光ってます。

スタイル抜群で綺麗で面白いって最強です。

滝沢さんの粋な四字熟語をいろいろ紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

滝沢カレンのプロフィール

View this post on Instagram

BABY-G さんの撮影をした時のです⌚️💗 皆さんは、腕時計してるでしょうか❓ やはり安全安心なカシオさんに頼らせて頂くのは落ちつきます😘💕💕💗 私は26年間も生きといて腕時計と手首を寄り添ってこなかった自分が恥ずかしいです🙁🍀🍚🍚🍚🍚 ですがもっと寄り添い方を教えてくれた、BABY-Gさんには感謝しかないですね💁🏼‍♀️🌈🌈 時間を気にすることを嫌う私だからこそ、時間に支配されたこの地球はなんだか哲学性があって好きです🌎🌍🌏 どこのどなたが、最初の時間を決めたのか、10時は今だ❗️と決めたのかは知りませんが、その時間にだれも何も言わずに今を生きてること、そしてその時間がここまでも重要であることは凄い事になっていると思うんです🌟🌚🌜 その第1人はすごいですね💫 この生活を作ってくれたわけですし、1秒をあのタイミングだ、と決めたのもかなり難しかったと思いますが、未来を想像したような時間だったのでしょう😌 時間のなかった時代から、時間のある時代へ移った今この瞬間を知りたくはありませんか❓⌚️ 手首をそっと持ち上げれば、今が知れる時代になれたことにありがたいです😌💖💗💕 #動きを止めないのには理由があるはずだ #正確かなんてだれも知りやしないのに #絶対なんてある世界ではないと信じながらも #絶対を信じる私たちがいる #時の刻みに心が踊ったり #なんだか切なくなったりと #何度時計に悩まされただろうか #だけどふとした瞬間に時計を見て思うんだ #あぁそうだこれが止まらないいや #止まっちゃいけない人生だと

A post shared by 滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA (@takizawakarenofficial) on

■本名:宮澤まりな
■生年月日:1992年5月13日
■年齢:27歳
■出身地:東京都
■身長:170㎝
■血液型:AB型
■学歴:日出高校卒業
■デビュー:2008年
■所属事務所:スターダストプロモーション

渋谷でのスカウトがきっかけで芸能界入り。

2008年、「ミスセブンティーン」グランプリを受賞。Seventeen専属モデルを務め、以降女優活動もスタートさせてます。

滝沢さんの母親の宮沢さゆりさんは、バレエスタジオオーナーだそう。

ウクライナ人の父と日本人の母との間に滝沢カレンさんが生まれたわけですが、滝沢さんがまだ母親のお腹にいる時、父親の不倫発覚で両親は離婚してます。

スポンサーリンク

滝沢カレン オリジナリティな最強四字熟語

滝沢さんはハーフですが、生まれも育ちも日本国内。

しかしながら、滝沢さんの日本語はいつもなんだか変で聞いてるとめちゃくちゃ面白いです。

四字熟語あだ名付けはほぼ即興で、パッと振られてサッと応える、頭の中はまさしく才能の宝庫となってます。

あだ名を四字熟語にするなんて、普通なかなか難しいと思いますよ。

お笑い界のベテランから俳優まで、滝沢さんの作った四字熟語を一挙紹介します。

https://matome.naver.jp/m/odai/2150690373962820601
◆引用元サイト NEVERまとめ◆

【お笑い部門】
◆明石家さんま→圧倒的口数

◆久本雅美→無駄美人

◆オードリー 若林→印象皆無

◆笑福亭鶴瓶→快楽名人

◆宮迫博之→男前意識

◆近藤春菜→大幅出演

◆宮川大輔→絶叫一筋

◆ビートたけし→爆弾国王

◆内村光良→平和代表

◆所ジョージ→毎日休日

◆山崎弘也(ざきやま)→大声芸人

◆バービー→崎山同然

◆加藤浩次→朝活将軍

◆今田耕司→独身番長

◆チュートリアル 徳井→変態教祖

◆チュートリアル 福田→全部普通

◆ビビる大木→柄物課長

◆東野幸治→薄情大王

【アナウンサー・報道部門】
◆徳島えりか→疲労丸見え

◆水卜麻美→肉米肉米

◆井上公造→接触御免

【俳優部門】
◆遠藤憲一→存在強烈

◆梅沢富美男→本業不明

◆堺雅人→恵比寿顔

◆福士蒼汰→青春役者

◆東幹久→何故色黒

◆桐谷美玲→猫目先輩

◆高畑充希→目鼻口近

◆綾瀬はるか→美白無敵

【タレント・パフォーマンス部門】
◆りゅうちぇる→行先何処

◆IKKO→美容怪獣

◆関口メンディー→生涯踊子

【ジャニーズ部門】
◆Hey! Say! JUMP 有岡大貴→案外年上

◆嵐 櫻井翔→服装迷走

◆嵐 二宮和也→趣味在宅

◆嵐 大野智→海釣地蔵

◆嵐 松本潤→俺松本潤

◆嵐 相葉雅紀→馬鹿脱皮

◆中居正広→支配抜群

◆Sexy Zone 中島健人→二次元君

◆KinKi Kids 堂本光一→感情不明

など。

お笑いからジャニーズまで、様々なジャンルで活躍する芸能人がそれぞれ持つ特徴や魅力を、滝沢さんはしっかり掴んでます。

それを笑いの四字熟語にしてしまう、滝沢さんは頭の回転も早いのかなと思います。

笑いの四字熟語を完成できるのは、変な日本語を話す滝沢さんだからこそだと思います。

すごく面白い、だけど決してその人を悪く言ってませんよね。

こういうところが、滝沢さんの魅力の一つだと思います。

「嵐」なんてある意味自己紹介ですし、松潤なんてまんまじゃないですか。

滝沢さんがイメージする所ジョージさんは、「毎日休日」。

テレビで見る所さんは服装がいつも部屋着っぽいし(所さんすみません…)、生活面や着るものにもあまりお金かけてないイメージありますし(本当にすみません…)、全く芸能人っぽくないですよね(本気で申し訳ないです…)。

滝沢さんの感覚って本当光ってます。

りゅうちぇるさん、本当どこ向かってるんでしょうか?

夫婦で本気で、林家ペーパー子を目指しているのでしょうか?

滝沢カレンさんの頭の中のセンスが良すぎて、四字熟語は芸能界でも好評です。

スポンサーリンク

滝沢カレン 四字熟語への葛藤と苦悩を告白?

今、滝沢さんといえば四字熟語!的な空気が周りにあるじゃないですか。

毎回、滝沢さんが番組出演するたびに、共演者やMCからあだ名四字熟語を求められますし、視聴者だってやっぱり滝沢さんに期待してしまいます。

それを滝沢さんも楽しんでいるかと思いきや、本人なんと「いつも死に物狂い」、いつも一生懸命なのだそうです。

本人、すごいプレッシャーを抱えてました。

苦悩と葛藤してるんですね。かわいそうに。

四字熟語キャラが認定された滝沢さんですが、そもそも何故こんなキャラ設定になったんでしょう?

調べた結果、滝沢さんは以前、何かの番組に出演した際、何気に、”特技は四字熟語”だと発言してしまったことがあるそうです。

この発言が原因でこの後、まさかみんなが自分に大きな期待を寄せることになるとは、自分でも全く想定外の出来事だったでしょう。

スポンサーリンク

滝沢カレン 面白い四字熟語まとめ

笑いのセンスも輝く史上最強の滝沢カレンさんの四字熟語。

滝沢さんの右に出るものなど誰もいません。

これからもオリジナリティ溢れる四字熟語を楽しみにしてます♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-人物分析・パーソナリティー, 時事問題・ニュース・話題, 有名人, 芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ