時事問題・ニュース・話題 芸能人・女優・俳優

永野芽郁&北村匠海 劇場版「君は月夜に光り輝く」大切な人の死を受け入れるとは?W主演・豪華キャストも紹介

投稿日:2018年10月26日 更新日:

View this post on Instagram

[Upcoming Movie] 君は月夜に光り輝く| Kimi wa Tsukiyo ni Hikarikagayaku Director: Sho Tsukikawa Writer: Tetsuya Sano (novel) Release Date: March 15, 2019 Takuya Okada (Takumi Kitamura) is a high school student. He visits his classmate Mamizu Watarase (Mei Nagano) in the hospital. Mamizu Watarase suffers from the mysterious ailment “Luminescence disease.” People who have the disease show a faint sparkle under the moonlight and the sparkle gets brighter as their death gets closer. Mamizu Watarase is not allowed out of the hospital and she will not live long enough to become an adult. Takuya Okada offers to help her carry out her wishes before she passes away. He also tells her how he feels about her, but Mamizu Watarase’s death is approaching. Source: ©AsianWiki #MeiNagano #永野芽郁 as Mamizu Watarase #TakumiKitamura #北村匠海 as Takuya Okada #ShoumaKai #甲斐翔真 as Akira Koyama #HonokaMatsumoto #松本穂香 as Naruko #MioImada #今田美桜 as Riko Hirabayashi #Yuka #優香 as Nurse Okazaki #TomokoIkuta #生田智子 as Ritsu #KyokoHasegawa #長谷川京子 as Kyoko #MitsuhiroOikawa #及川光博 as Makoto. #君は月夜に光り輝く #KimiwaTsukiyoniHikarikagayaku #JapaneseMovie #JMovie #日本映画 #映画 #ムービー #DISH #キミツキ

A post shared by J-Drama & J-Pop 🎎🇯🇵 | 音楽&ドラマ (@jdrama_and_jpop) on

2019年3月15日公開予定の劇場版
「君は月夜に光り輝く」にW主演の
女優の永野芽郁さんと俳優や歌手として
も活躍する北村匠海さんが初共演します。

映画は現在撮影中、クランクアップは
11月13日を予定しており、映画公開に
先立ち、公式SNSも始まりました。

View this post on Instagram

* 最高だ!これね!#北村匠海 キャスト、監督、全てが楽しみ💕💕💕 みんな大好きで朝から知って飛び上がった😂 来年3月15日公開とかすげーたくさんの映画出演! 「#君は月夜に光り輝く」は現在撮影中で、11月13日にクランクアップ予定。2019年3月15日に公開される。 そりゃそうだよねー、オファー満載だよね❤️ 月川監督から「彼以外考えられなかった」と再タッグを熱望されての起用となった。 #永野芽郁 ちゃんも#月川翔 監督とか もううれしいわ❤️❤️❤️ #今田美桜 ちゃんも😍 * 永野芽郁、朝ドラ後初の映画主演 北村匠海と初共演で『君は月夜に光り輝く』実写化 女優・永野芽郁(19)とロックバンドDISH//のメンバーで俳優・北村匠海(20)によるダブル主演で、佐野徹夜氏のデビュー小説『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)が実写映画化されることが14日、わかった(来年3月15日公開)。2人は今作が初共演で、永野は9月まで放送されたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』主演後初の映画主演。監督は、同じく北村が主演した映画『君の膵臓をたべたい』などを手がけた月川翔氏が務める。 * 第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)にて応募数4878作品の中で大賞を受賞した同作は、昨年2月の発売から累計発行部数30万部を突破(今年9月時点)。死期が近づくにつれて肌が光るという原因不明の不治の病“発光病”患者は病院から出ることが許されず、成人するまで生きることができない。そんな発光病を患う余命いくばくもない少女・渡良瀬まみずと、姉を亡くし人の死に恐怖を覚えながら、まみずの叶えられない願いを「代行体験」という形で叶えていく少年・岡田卓也の青春純愛が描かれる。まみず役を永野、卓也役を北村が務め、確実に迫りくる死に向き合いながらも、「人生の質」を求め強く美しく生きる高校生を瑞々しく演じる。 * 北村との共演については「まだあまり現場でご一緒していないのですが、居心地の良い方なので、最後まで穏やかに落ち着いた雰囲気のままできるんじゃないかなと勝手に思っています(笑)」と早くも信頼を寄せている。また「原作を読んでみて、まず表紙を見たときに、とても綺麗なのにどこかとても儚い印象がありました。最後まで読み終わったときに表紙の意味が分かって泣きました。まみずの心の言葉を自分が演じる事で壊さないように、お守りとして原作と共に撮影に臨みたいと思います」と原作の世界観を大事に演じきることを誓った。 * 一方、月川監督から「彼以外考えられなかった」と再タッグを熱望されての起用となった北村。「まず月川監督とまた映画を作れることが純粋にすごくうれしかったです。温もりがあり、そして緊張感もある現場で芝居をすることがとても楽しみでワクワクしています」と興奮ぎみに語り、「原作、台本を読んでみて、すごく純度の高い、そして人として大事なテーマである“命”を扱う映画に再度起用して頂けたことについてとても感慨深く、“卓也”を精一杯生き抜きたいと思います」と意気込んだ。 * 永野は「最初にお話をいただいた時から絶対にやりたい!と思う役だったので、月川監督の作品に出演できるという喜びと、まみずという、色んな時間を重ねていく度に魅力的な儚さを持つ女の子を演じることができるのが本当にうれしいです」と主演への喜びを語る。朝ドラ出演後、初の映画出演となることについては「なんだか朝ドラのテンポ感に慣れてしまって、久々の映画の現場に緊張しています。そして久々に違う女の子を生きる不安もありますが、新鮮な気持ちで向き合って頑張りたいと思います」と決意した。 * その他、まみずと卓也の同級生・香山彰役に甲斐翔真、卓也の亡き姉・岡田鳴子役に松本穂香、まみずの「代行体験」の一環で出会う卓也のバイト先の先輩・平林リコ役に今田美桜らフレッシュな役者が集結。加えて優香、生田智子、長谷川京子、及川光博ら実力派のキャストが脇を固めている。

A post shared by いつき (@itsuki_one_11) on

ベストセラー小説を実写映画化した作品
ですが、永野さんと北村さんを中心に
今回は、作品に纏わる人物紹介など、
永久保存版的に紹介しようと思います。

スポンサーリンク

永野芽郁・北村匠海 ベストセラーを実写化W主演、プロフィールと物語のあらすじを詳しく

■本名:永野芽郁
■生年月日:1999年9月24日
■出身地:東京都
■身長:163㎝
■血液型:AB型
■兄弟:兄が1人
■所属事務所:スターダストプロモー
ション

■本名:北村匠海
■生年月日:1997年11月3日
■出身地:東京都
■身長:175㎝
■血液型:B型
■兄弟:弟が1人
■所属事務所:スターダストプロモー
ション

第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)で見事
大賞を受賞した佐野徹夜のデビュー小説
が実写化されます。

あらすじを紹介。

渡良瀬まみずは細胞異常が原因で、
「発光病」という月の光を浴びると皮膚
が発光し死期が近づくにつれその光は強
くなるという、不治の病を患います。
余命僅かなまみずは病院から出ることが
一切許されない状態。

ある日まみずは入院中の病院で高校の
クラスメイト岡田卓也と出会います。

籠の中の鳥のような状況のまみずのため、
まみずが叶えられない願いを卓也が代わ
りに行動し、代行体験で叶えその感想を
まみずに伝えていきます。

やがて2人は代行体験を通し自然と惹か
れ合いますが、同時に死の恐怖も迫りま
す。

3年前に姉を亡くし死を受け止めること
が出来ず、時間が止まったままの卓也。

死の恐怖を抱える卓也や2人を取り巻く
登場人物の生死観がまみずとの出会い
により、少しずつ変化していく…という
強いメッセージ性のある純愛作品です。

スポンサーリンク

永野芽郁・北村匠海 W主演!監督の作品への思いとは?

https://mdpr.jp/cinema/detail/1798793

不治の病「発光病」を患い余命僅かな
ヒロインをNHK朝ドラ「半分、青い。」
で主演を努めた永野芽郁さんが演じま
す。

大切な人の死に向き合う岡田卓也役を
「君の膵臓を食べたい」でW主演を
努めた、北村匠海さんが演じます。

「君は月夜に光り輝く」は「君の膵臓
を食べたい」「センセイ君主」などの
代表作を持つ月川翔監督が、脚本も
手掛けます。

月川監督は、北村さんと再びタッグを
組むことになりますが、これに関して
北村さんはコメントを発表。

http://news.livedoor.com/article/detail/15447358/
<リンク先参照>

「原作、台本を読んでみて、すごく
純度の高い、そして人として大事なテー
マである”命”を扱う映画に再度起用して
頂けたことについてとても感慨深く、
“卓也”を精一杯生き抜きたいと思います
。」
作品作りへの意気込みに信念を持って、
固く決意もしていました。

また月川監督はこう語ります。

https://www.cinra.net/news/20181015-kimitsuki
<リンク先参照>

「主演の永野芽郁さんは、僕がこの
原作を読んでいる時期にCMでご一緒し
て、イメージにピッタリだと運命的に感
じ出演オファーしました。北村匠海さん
は『君の膵臓を食べたい』で信頼関係を
結べており、真っ先に頭に浮かびました。
というか彼以外考えられなかった」

月川監督の望み通りのキャスティングに
よって「大切な人の死」をテーマに、
一つの物語の中には命の輝きに触れる
瞬間が幾度となく訪れる、そんな感動の
純愛ストーリーだと思います。

スポンサーリンク

永野芽郁・北村匠海 共演へのコメントと豪華キャスト紹介

永野さんは今回の作品に出演するにあた
りコメントを発表。

「月川監督の作品に出演できるという喜
びと、まみずという色んな時間を重ねて
いく度に魅力的な儚さを持つ女の子を演
じることができるのが本当に嬉しいです」

またW主演を努める北村さんについては、

「北村さんとはまだあまり現場でご一緒
していないのですが、居心地の良い方な
ので最後まで穏やかに落ち着いた雰囲気
のままできるんじゃないかなと、勝手に
思ってます。」と初共演の北村さんへの
印象を語っています。

一方、北村さんは永野さんに対し

「初共演の永野芽郁さんとこの物語を
大切に紡いでいきたいと思うと同時に、
僕自身この作品に真正面から向き合って
変わらない映画への愛を注いでいきます
。完成を楽しみにしていてください。」

2人を待ち受ける儚い恋の結末が気にな
り物語に期待が高まりますね!

脇を固める豪華キャストも決定しており、

*香山彰(甲斐翔真):まみずと卓也の同級

*岡田鳴子(松本穂香):卓也の亡き姉
*平林リコ(今田美桜):卓也のバイト先の
先輩
*岡崎(優香):まみずの担当看護師
*渡良瀬律(生田智子):まみずの母親
*岡田恭子(長谷川京子):卓也の母親
*深見真(及川光博):まみずの父親
となってます。

デビュー作「君は月夜に光り輝く」の
原作者・佐野徹夜さんのコメントを
一部紹介します。

「生まれてきて死んでいくこの不条理
な人生を、どうやって受け止めればいい
のか。作品が終わった後も続いていく
人生の、何かの助けや支えになるような
生きていくことをほんの少しでも肯定
できるような、そんな心に残る作品であ
ってもらえたらと願っています。人生は
無じゃないし、生きてることには意味が
ある。」

作品を観賞した後に、
命は有限であり永遠ではない、
改めて体を持って今を生きている意味の
答えが見つかれば、と思います。

もしも、あなたの大切な人の命が消えて
なくなってしまったら、その死をどう
受け入れますか?

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

-時事問題・ニュース・話題, 芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ