未分類

死語だと言われたらショックな言葉のランキングを紹介

投稿日:

当たり前によく使う言葉が、知らない間に死語になってたってこと、ありますよね!

特に中高生が中心の若者言葉は、日々目まぐるしく変化しているようで、死語もたくさん増えてるようです。

ランキングサイトの「gooランキング」では、今年の6月23日~7月7日までの期間、死語と言われたらショックな言葉のアンケート調査を実施。

回答した1,904票の結果をお伝えします。

スポンサーリンク

死語だと言われたらショックな言葉 1位~20位

全59位までを一挙に紹介したいと思います!!

<ランキング結果>
1位:写メ*(128票)

2位:やばい*(102票)

3位:それな*(99票)

4位:ビデオ*(90票)

5位:半ドン*(84票)

6位:Gパン*(80票)

7位:巻き戻し*(68票)

8位:リア充*(57票)

9位:焼き増し*(52票)

10位:KY*(49票)

10位:○○なう*(49票)

12位:着メロ*(48票)

13位:激おこぷんぷん丸*(47票)

14位:ダビング*(43票)

15位:アウトオブ眼中*(42票)

16位:オバタリアン*(40票)

17位:卍(まんじ)*(39票)

18位:鍵っ子*(38票)

19位:花金/華金*(34票)

20位:独身貴族*(33票)

****

1位は写メ!

写メとは「写メール」の略語です。

カメラ機能内臓の携帯電話が2000年に登場し、それによって「写メ」なる言葉が誕生。

携帯カメラで撮影したものをメールに添付し送信することを指しますが、今では携帯カメラで撮影しメール送信しない写真も写メと言われてます。

写メの言葉自体使わない中高生が増える中、普通に使ってるという高校生もいたり、そこは様々。

しかしながら今はSNOWなど、高機能写真アプリやメールよりもLINEなど、便利なツールが溢れる世の中。

写メとメールが死語になりつつあるのも事実です。

また、今どき高校生は写メとは言わず、インスタントカメラを略して「インスタ」と呼ぶそうです。

「インスタしよう~」て感じですかね?

後は普通に「写真撮ろう~」とか。

写メはまだ死語にはなってないようですが、若い世代だけじゃなく、世の中全体で「写メ」が使われない傾向です。

移り変わる時代。
「メール」までも死語になってしまったら、ちょっと淋しくもありますね。

スポンサーリンク

2位のやばい。

もともと「やばい」は、「危ない」とか「不都合」という状況を表す意味合いで使われる言葉でした。

「やばい」の意味が変化したのが1990年。

今の40代、50代の人たちが若い頃「やばい」を、「凄い!」「素敵っ!」「魅力的!」など肯定的に使うようになったのです。

平仮名の「やばい」から、「ヤバイ」や「ヤバい」などカタカナに変化したのは今から約9年前だそう。

肯定的にも否定的にも使える「やばい」が使われ約30年。

今や「可愛い」「似合う」「キモい」「残念」など意味合いも膨らみ、定着化しております。

死語についても、当分心配の必要はないかなと思います。

しかし!

今生まれた令和世代が高校生くらいになる頃には、ヤバイが死語と言われる世の中かもしれませんね。

そう思うとめっちゃヤバイです…

スポンサーリンク

死語だと言われたらショックな言葉 21位~37位

21位:背広*(32票)

22位:スパッツ/レギンス*(31票)

23位:成田離婚*(28票)

24位:じぇじぇじぇ*(27票)

24位:MK5*(27票)

26位:携番/ケー番*(24票)

26位:オワコン*(24票)

26位:てへぺろ*(24票)

29位:パンスト*(20票)

29位:まぶだち/マブダチ*(20票)

31位:ペアルック*(18票)

31位:今でしょ!*(18票)

31位:リアタイ*(18票)

31位:新人類*(18票)

35位:倍返し*(16票)

35位:ラブ注入*(16票)

37位:耳あて*(15票)

37位:ワイルドだろぉ*(15票)

37位:ナイスミドル*(15票)

37位:○○かよ*(15票)

****

6位のGパン、22位のスパッツ・レギンスなど衣類での死語も出てますよね。

スパッツやレギンスは普段、普通に使いますが、これ死語になったらなんて呼べばいいんでしょうか?

ジーパンと呼ぶ声もまだまだある一方、今はデニムもよく耳にしますし、ボトムスを総じてパンツと呼ぶのが一般的。

だけどやはり今も、ジーパンやズボンとつい自然に言ってしまうのが人間というもの。

昔からの呼び方がしっくりくるのもまた事実ですね♪

スポンサーリンク

死語だと言われたらショックな言葉 41位~59位

41位:パリピ*(14票)

41位:オシャンティー*(14票)

41位:アフターファイブ*(14票)

44位:あげぽよ*(13票)

45位:ポシェット*(12票)

45位:飲みニケーション*(12票)

47位:スカーチョ*(10票)

48位:ちょい不良(わる)オヤジ*(9票)

48位:草食男子*(9票)

48位:よき*(9票)

51位:きゃわたん*(8票)

51位:フェミ男*(8票)

53位:イチキタ*(7票)

53位:オヤジギャル*(7票)

55位:あざまる*(6票)

56位:おけまる*(5票)

57位:メンディー*(4票)

58位:オフィスラブ*(3票)

59位:その他*(97票)

https://ranking.goo.ne.jp/column/6034/
◆引用元gooランキング◆

****

若者言葉の「きゃわたん」や「メンディー」。

「かわいい」を意味する「きゃわたん」と、「面倒くさい」を意味する「メンディー」。

耳慣れない大人も多いと思いますが、どちらもいわゆるJK語です。

メンディーに関すると、
*ごめんなさい→ ゴメンディー
*うまい→ うメンディー

など、使い方はいろいろ。

名前の通り、EXILE関口メンディーさんが語源です。

ちょっと前までSNSで流行った言葉ですが、今では死語なんだそう。

スポンサーリンク

死語だと言われたらショックな言葉をまとめ

若者世代を中心に日々新しい言葉が生まれては古い言葉が消えていく、そんな今の日本。

うっかり使うと恥ずかしい死語になる言葉も、若い世代が決め手のようです。

しかし、世代間ギャップを感じて当たり前なわけです。

使う言葉のギャップを感じながら、自分の時代に流行った言葉で会話すること、それを聞く若者には新しい発見で意外と面白いと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-未分類

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ