ドラマ ネットの声・ツイッター 時事問題・ニュース・話題 有名人 芸能人・女優・俳優

松坂慶子が大変化!?ネットの反応もまとめ!「かわいい」「好きすぎる」「ウザかわいい」が続々と!大絶賛の嵐

投稿日:

最近ネット上では、松坂慶子さんがキャラ変したと話題になってます。

昭和後期から女優で活躍し、「愛の水中花」などのヒット曲を出した歌手でもある、年を重ねた今も妖艶な美しさを保つ、素晴らしい女優さんです。

昔は、お色気路線の役柄がずば抜けて多かったそうですが、そんなセクシーキャラだった松坂慶子さんの現在。一体どのような方向転換を遂げたのか、気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

松坂慶子のプロフィールをまとめ

■本名:高内慶子
■生年月日:1952年7月20日
■出身地:東京都大田区
■身長:162㎝
■血液型:A型
■学歴:私立日本大学第二高等学校(東京都)
■デビュー:1967年
■所属事務所:モマオフィス

母親は日本人、父親は韓国人のハーフ。

1967年、劇団ひまわり入団し間もなくテレビ「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」初出演。

1969年に大映からスカウト。同年公開「ある女子高校医の記録 続・妊娠」で映画初出演。

1971年、「夜の診察室」で代役として映画初主演。

1972年には松竹に移籍し、翌年のNHK大河ドラマ「国盗り物語」に出演したのを期に、一気に知名度を上げました。

1978年公開の映画「事件」で脱清純派に成功。翌年公開した映画で注目を集め一気にトップ女優の座へ。

1979年、ドラマ「水中花」で主演を務め、松坂さんが歌ったドラマの主題歌「愛の水中花」が大ヒットを記録。以降も映画「蒲田行進曲」など、映画やドラマの話題作品に多数出演。

1990年、ジャズギタリストの高内春彦さんと結婚後、アメリカに移住し娘2人に恵まれました。今は東京在住のようです。

ドラマや映画の仕事以外にも、CMやバラエティ番組、またヘアヌード写真集なども出版しています。

最近では大河ドラマ「西郷どん」に出演してます。

これまでに日本アカデミー賞最優秀主演女優賞やブルーリボン賞主演女優賞、コンクール主演女優賞など、他にも多くの受賞歴を持つ、実力派女優として着実に実績を重ねた名優です。

スポンサーリンク

松坂慶子が「まんぷく」で大変化!憎めない魅力全開

https://www.oricon.co.jp/special/52175/<リンク先参照>

今年10月からスタートしたNHK朝ドラ「まんぷく」では松坂さんはお笑い担当だそうで、ドラマを和ませるスパイスとして、ゆる系的存在感を放っているんです。

松坂さんが演じる「今井鈴」は、主役を努める安藤サクラさん演じる「福子」と、内田有紀さん演じる「咲」、松下奈緒さん演じる「克子」の3人娘の母親で、周りに毅然とした態度の振る舞いを見せる一方で、実際は娘たちをとても心配しついつい割り込んでしまう、という少々神経質な性質の面を持つ人物のようです。

娘の幸せを一番に願い本当は心優しい母親だと思いますが、性格的に自己中、しかもプライドが高い。なんともめんどくさい母親で、軽率な発言をとることなどから、たびたび福子たちは困らされます。
だけど大抵は、福子たちの意思を認め鈴が折れる形で事が収まるようです。

そんな鈴の信念は、自称「源義経の末裔」だとか。

あくまで子孫を強調し言い張る鈴の口癖は、「私は武士の娘です!!」。

この名文句は大抵、「武士」と全く関連がない時に発動とのことで、超わがままな難しい注文を強制したり、自分がしたくないことを拒絶したりする場面などに大活躍します。

この名台詞は、作品のシーン次第で頼もしくも感じますが、時にユニークだったり、鈴の調子の良さだったりが光り、いろいろお役目を果たすわけです。

そしてこの名文句は、あのクライマックスに”印籠”を出すことで有名な時代劇のように印籠的な役割も務め、相手側は何も言えなくなるという。

始まって間もない頃は「ウザい」と評判。今ではウザさが好評を博し、松坂さんから溢れ出す可愛さと相まって、「ウザかわいい!」「演技力が凄い」「面白いー!」と、寄せられる声は大変化。作品を支える安定した、たくましい存在へと変わっていきました。

スポンサーリンク

松坂慶子の名物キャラにネットの反応。称賛の声が続々と

松坂慶子さんの演じるお母さん役が、ネット上は絶賛の嵐となっています。

ここではネットの声を集めてみました。

◆松坂慶子が好きすぎる。かわいい

◆松坂慶子のお母さん役は毎回可愛らしくて笑わせてもらい、源ちゃんで癒しも。鈴さんの演技かわいい

◆漫画ではちょっと憎たらしいとこもあるのかなと思ってたけど松坂慶子が演じてたと思うと一気に好きになる

◆イラッとしても結局可愛くて許してしまう松坂慶子力…

◆嫌みがないというか、最終的にかわいい

◆松坂慶子かわいいなあああああ

批判的意見を見つける努力はしましたが、書き込みはどれも結局「松坂慶子かわいい」「好きすぎる」など評価が高く、絶賛の嵐となっています。

否定的書き込み、私は見つけることが出来ませんでした。

スポンサーリンク

松坂慶子の変化のまとめ

「まんぷく」の母親役は松坂慶子さんの当たり役。

1978年に出演の映画をきっかけに、ヌードや濡れ場のシーンが急増。今のかわいい鈴さんとは打って変わる、超お色気枠で活躍していた女優さんだったそうで、多くの男性を魅了していたようですね。

朝ドラで「ウザかわいい」を確立した松坂慶子さんの、今後の活躍が楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-ドラマ, ネットの声・ツイッター, 時事問題・ニュース・話題, 有名人, 芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ