北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・ていねいに届けるメディア

スポーツ 時事問題・ニュース・話題 有名人

松坂大輔 宣伝効果で年俸の元取れる理由。現在中日の成績に期待大

投稿日:2018年2月8日 更新日:

中日に移籍した松坂大輔選手の
もたらす宣伝効果は凄まじいの一言です。

松坂大輔選手を追いかけて
様々なメディアが
松坂大輔選手の練習ぶりを
取り上げるために
連日取材しています。

野球ニュースでも
毎日のように
「松坂大輔選手」「中日」
の文字が踊ります。

そんな松坂大輔選手の
圧倒的な宣伝効果とは。

スポンサーリンク

広告

松坂大輔 宣伝効果は「客寄せパンダ」?

悪い言い方ですが
いまの松坂大輔選手を
「客寄せパンダ」と
揶揄する声も上がってはいます。

本当に松坂大輔選手にしてほしいことは
今の中日で結果を出し
好成績を収めて
もとを取って欲しいのだと。

しかし、シーズンが始まっていない現在では
どうあがいても「客寄せパンダ」
にしかなれないものですし
それに、今の時点で
ペイできたというその
話題性の大きさ自体が
注目すべきポイントであるように思われます。

さらに、発表された投球のシーンを見ても
身体に変な開き具合がなく
また自然体であることも感じます。

柔軟に力を入れたトレーニングを
したのでしょうか。

この調子だと、再び休息
145キロまで取り戻すことも
期待できるかもしれません。

もちろん、怪我をしないことが大前提ですが…。

松坂大輔 柵越え!現在の中日で成績を予想するネットの声が…

 

松坂大輔 宣伝効果の凄さ

また、松坂大輔選手の移籍と
連日のメディア露出から
中日関連のグッズの売上が
飛躍的に増大しているのだとか。

中日 斬新ユニホームが森監督ドラゴンズに。「ダサい…」とネットの声

一時代を築き上げた
全盛期怪物とまで
呼ばれた松坂大輔選手の
活躍と復活劇を見るために
多くの野球ファンが
球場に詰めかけることは
想像に固くありません。

中日の明るい話題といえば
昨年の、京田選手の獲得した
新人王のタイトルが上がります。

それ依頼の中日ファン界隈を
明るくするという作用からも
松坂大輔選手は今の時点でも「すでに」
大きな活躍をしているようです。

そんな松坂大輔選手に
期待が集まるポイントが
宣伝効果の理由と言えます。

スポンサーリンク

広告

松坂大輔 宣伝効果の理由

1年間怪我をしないこと。
故障なく、フルパフォーマンスの
松坂大輔選手を見たいというのが
松坂大輔選手のファン、中日ファン、
日本の野球ファンの総意でしょう。

また、松坂大輔選手には数年間は1軍で
投手を務めてほしいものです。

さらに、松坂大輔選手の後塵を拝する
多くの若い選手のレベルアップになるような
指導やアドバイスをもたらしてくれることにも
松坂大輔選手に期待されている役割の1つです。

松坂大輔 宣伝効果の全盛期

一時期はトッププレイヤーとして
野球史にその名を輝かしく刻んだ
松坂大輔選手。

だからこそ
数多くの前世代のスタープレーヤーの
背中をよく知っているでしょう。

なので、ここまでの宣伝効果を発揮している
松坂大輔選手自身の影響力についても
理解と覚悟はあったものかと思います。

とはいえ、それでも
こうして松坂大輔選手が復帰したのは
なんといっても
やっぱり野球がしたいんだ!
という松坂大輔選手の
純粋な情熱があったからに
他ならないと筆者は思います。

なので、松坂大輔選手の周りに
取り巻くメディアや宣伝効果も大変いいことですが
それ以上にそおう行ったノイズに惑わされない
松坂大輔選手らしい野球を
見せてくれるものと筆者は信じています。

周りの声や
期待に答えすぎて
松坂大輔選手自身が肩を痛めたり
故障したりすることがないように
してほしいと思います。

松坂大輔 宣伝効果で年俸の元取れる理由。現在中日の成績に期待大

松坂大輔選手はスター性があり
愛想もいいので
ついついファンサービスと思って
やりすぎてしまわないかが
少し心配ではあります。

とはいえ、松坂大輔選手が
ファンとキャッチボールをしている光景や
イベントに出演していると
きっと子どもたちとしても大喜びでしょうし
そういった光景をみてみたいな、と
思わなくはありません。

過去の伝説を背負った
松坂大輔選手の新たなる挑戦が
今シーズンから幕を開けようとしています。

 

とはいえ、こんなニュースも…

中日 斬新ユニホームが森監督ドラゴンズに。「ダサい…」とネットの声

広告

広告

-スポーツ, 時事問題・ニュース・話題, 有名人
-,

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ