ネットの声・ツイッター 時事問題・ニュース・話題

東京 地震危険度ランクが発表…最も危険なのはXX区…

投稿日:2018年2月15日 更新日:

東京地震危険度ランクが発表されました。

その情報をかいつまんで
分かり易く解説していきます。

そのランキングの結果、一番
地震リスクが高かったのは…

東京 地震危険度ランクとは?

東京地震危険度ランクで
リスクが高いとされたのは
主に足立区、荒川区、墨田区でした。
また、環状7号線沿いやJR中央線沿線の
付近…すなわち、

中野区や杉並区、三鷹市
でも危険度は高く算出されました。

東京都が15日発表したのが
大規模地震の際にその地域の
建築物の耐震性や火災の危険性と言った
項目について各地区ごとに五段階評価を下す
という試みです。

特定の震源を指定しないという思考実験のもとに
震度6強といった
阪神淡路大震災クラスの大地震を想定した際に
その地域に対してどれくらいの被害が想定できるか
それを算出したという試みです。

その際の想定として
一番ガス消費の多い=火が使われている時間帯
すなわち、夕方の時間帯が
一番危険な時間帯として想定されました。

また、その季節は「冬」です。
なぜなら、冬のほうが空気が乾燥しており
また、被災者の冷えによる体力低下や
凍死対策も合わせて行わなければならないため
救助難易度も非常に高くなるからです。

したがって、東京地震危険度ランクに
想定された状況をまとめると
冬の夕方、震度6強の大地震が来た場合

として想定されたのでした。

東京直下地震に対する
1つの対策指針として
今後の都市計画に対して
非常に大きな影響を与えるものですし
小池都知事も当然関係してくることになるでしょう。

築地市場移転問題に
追われる小御池都知事ですが
果たして
「いつか来るのでは…?」と言われている
東京直下地震に対して
東京都の備えは間に合うのでしょうか?

東京地震危険度ランクの基準は?

その、東京地震危険度ランクの
基準とは大雑把に以下の通りです。

・地盤の強度
・住宅の材質…木造か鉄筋化
・住宅の集合密度などからの火災リスク
・倒壊や火災の被害の大きさ
・非難や救助の際に必要となる救難経路や道路整備状況
・消防車が通行できる広い道路が有るか

もちろん、様々な項目はありますが
地震が来た際の
リスクを総合的な項目から採点して
その被害総額を算出されました。

東京地震危険度ランクの結果…

建て替え費用があれば
建て替えを行ってほしいという都民は
たくさんいるでしょう。

しかしながら、いくら東京都の財源とは言え
そこまでに対応できるものではなく
どうしても建て替えたいのなら
自分の資産で耐震補強工事を施すと行った
自己対策になってしまうでしょう。

ただし、東京都も
水道などのインフラについては
耐震性を強化する方向に
進んでいると見て良いのではないでしょうか。

 

東京 地震危険度ランクが発表…最も危険なのはXX区…

また、都民についても
いざ自身が着た時の
自分自身での備えとして

国は国民の命を守るという責任は負いますが
しかし、国は国民すべての命を守るような
能力はありません。

その現実を直視した上で
国に責任は問いながらも
自分の生命は自分で守るといった姿勢は
どうしても必要になります。

したがって、災害用品や
非常食などの備えはしっかりしておく
これは東京都に限らず
必要不可欠なこととして
各国民が
取り組んでおくべきことでしょう。

3.11の際に
非常食が一気に売れましたが
そのまま放置という方も
多いことでしょう。

この機会に非常食を改めて
買い直し防災意識を今一度見直すことも
必要なのではないでしょうか。

やはり自然災害には政府は
対処して被害を最小化することは出来ますが
それにたいしては常日頃自分自身で
準備しておくことが必要です。

首都直下型巨大地震が起きたら、関東のどこにいても最高度に危険だ。そもそも、人間に巨大地震を防ぐ手立ては一切無い。出来る事は比較的地震の起きにくい場所に逃げる事くらいだ。
最低でも「シン・ゴジラ」100体分くらいの被害は覚悟すべきだろう。

中央区って人気の商業地域も多いし人気の居住エリアもあるけど、海抜は低いほうだし埋め立てとか、海に近いこともあり大丈夫かな?と思ってしまう

どこにいても危険はつきもの
自然災害には敵わない
その時冷静に判断が出きるかが大事だと思う
人任せにするんではなく、常日頃の準備が必要ですね

ここ20年くらいでタワマンや高層オフィスビルが増えたけど、災害時は地獄絵図になりそう。

それよりも事が起きてからの避難場所が心配です。

品川区在住ですが、避難場所の小学校はあまりにも狭い。近隣中学だってそんなに大きいわけでもなく。そこに町内の人がどれだけ収容出来るのか…それでなくても一軒家は細く長く、昔一軒家だったところに3〜4等も建ち並び、マンションもそこそこあり、アパートも多い。

老人ももちろんのこと多い。

ほとんどの家が避難を要する時、どう考えても避難所の小学校には入りきらないと思うんだけど。

大丈夫かな。

私は不動産業者ですが、こういう記事を読むたびに不動産需要(耐震・耐火リフォーム、新築への建て替え・住み替え等)を促す政府の意図ではないかと思ってしまいます。業界紙で耐震工事を促すよう政府がアピールするなんてロビー活動の成果をうたう記事が多いもので。

でも私自身、自宅を建て替えて、しかも地震対策にはかなり気を遣いました。
乗せられてるのかもしれませんが、ひとまずは家族の安全のためです。

ヤフーコメントより

-ネットの声・ツイッター, 時事問題・ニュース・話題

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ