雑学・読み物

新しい職場で控えたい話題のNG言動例とは?

投稿日:

転職や転勤に異動などをこれまで経験したという人は多いと思います。

職場が変わると、環境や人間関係すべてが変わりますよね。

ほとんどの人は、”ここでうまくやっていけるのだろうか?”と不安と緊張でいっぱいだと思います。

新しい上司や仕事、これからチームを組む仲間や職場の空気等々、これらに慣れるまでの数ヵ月は不安や緊張からくる焦りや怒りも影響し、精神面もつらい時期です。

そんな今回は、新しい職場で使うと失敗するNG言動例を話題にしたいと思います。

スポンサーリンク

新しい職場でNGな言動例 比較や役職に関して

職場にはそれぞれルールのようなものがありますがそれを無視した行動や言動は、職場における人間関係を拗らす原因にもなります。

お互い初対面で何も分からない状態だと、最初の印象ですべてを決めてしまう人も多いです。

新しい職場で嫌われないためにも、普段何気に使う言葉にも注意が必要です。

▼前の職場と比べた言動

そのひとつに、「前の職場はこんな感じでやっていた」などと比べるような発言はNGです。

職場の数だけマニュアルは一つ一つ異なります。

例えばツール。

新しい職場に「パソコンのソフトが古い」や、 「データ集計が未だに手作業」などという事実を指摘する発言は絶対NG。

悪気がなくてもこのような指摘は、職場の社風やシステムをバカにしているようにも捉えた発言。

新しい会社に慣れるまでは仕事もやりにくいですし、効率が悪く思う場面もありますし、合わないと感じて当然です。

しかしここで以前の職場と比較した言動は、あなた自身の人柄とも決めてしまい、相手に悪い印象を与えてしまいます。

環境や設備に関してはいろいろ言いたくなるかと思いますが、最初こそ、その言動はつつしむこと。

新しい職場ではその会社のやり方に対して何も言わず、「まず受け入れる」「まず認める」のが大事です。

▼役職や職種で相手の立場を決めつけない

View this post on Instagram

❤︎ 2019.02.19 ——————– こんばんは。 今夜も夜活です。 , 今月に入ってWEBサイトからの問い合わせが 急に増えて、嬉しいんだけど「なんで?!」 と怯えてたらどうやら検索に引っかかるように なってきていたみたいです。やった! SEOが大事!とか謳っておきながら 自分のサイトのSEO完全に放置してました。。 , ちゃんと自分のサイトも育てていかないとな〜(´-`) 必要に迫られないとやる気が出ないタイプです。。 , そして新しくご縁があったお客様。 とっても感じのいい優しそうな方なのですが SEOに関しては非常に鋭い目を持っていらして プレッシャーがすごい。 , でも自分の力試しができる機会でもあるので 同時にワクワクもしてます。 , 2ヶ月討死しにいくつもりで全力でいきます! 今夜も頑張ります٩( 'ω' )و ——————– #子育て #フリーランス #webデザイナー #webデザイン #ウェブデザイン #ホームページ制作 #在宅ワーク #在宅ワークママ #フリーランスママ #起業女子 #起業ママ #パソコンデスク #windows派 #ノマド #ノマドワーカー #ノマドワーク #おうち起業 #シンプルライフ

A post shared by Mari/WEBデザイナー (@m________126) on

前の会社と同じ役職につく人を同じスタンスと思い込むのは注意です。

というのも、同じ役職名でも会社によってその人の役割が違ってきます。

例えばリーダーと呼ばれる立場の人も、その会社によってリーダーのレベルも様々です。

役職名が同じでも、前いた職場と今の職場では役割や立場が違うので、自己判断での言動はNGです。

スポンサーリンク

新しい職場でNGな言動例 会社に合わない言動

▼カタカナビジネス用語

“アライアンス””あいみつ””ウィンウィン”など、ビジネスシーンでたびたび聞かれるカタカナビジネス用語。

やたら使う人に対し、相手は反感を持ってしまいます。

ビジネス用語を使わない職場も存在することを、理解しておきましょう。

“「仕事が出来るやつ」と見せたいがための自己アピールにしか見えない”、という口コミもあります。

会社の風習に全く馴染まない言動は、空気が変わり、同僚もなかなかあなたを受け入れられないでしょう。

カタカナビジネス用語を使う人に向けて、「英語が苦手な一部の日本人の嫉妬に見える」「カタカナビジネス用語本当に嫌い。滅んでほしい。ダサいよすごく」といった世間の声があります。

自分で「カッコいい」と思っての発言はやめておきましょう。

スポンサーリンク

新しい職場でNGな言動例 自分の常識をそのまま活用

▼常識という概念

あなたが前に在籍していた会社で覚えた常識は、その会社の概念です。

前の職場で学んだこと、やってたこと全てが他の職場でも通用するとは限りません。

例えば会議中にパソコンでメモする行動は、他の会社ではルールに反することも。

他にも、音楽を聴きながら仕事OKの職場もあれば、デスクでお昼を食べたりすること、また普段あまり聞き慣れないような謙譲言葉を使ったビジネスメール送信等々。

ビジネスにおけるあなたのこれまでのやり方や常識をそのまま新しい職場に活用すると、その会社では”常識を欠く失礼な人”と見られてしまうケースもあります。

自分ルールを新しい職場に持ち込むことは、ぎくしゃくした人間関係をつくってしまう原因にもなります。

環境に慣れないうちは、控えめな言動や行動をとっておくのが一番です。

https://xn--cckza0dc5fwa.com/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/3792/
◆引用元サイト◆

スポンサーリンク

新しい職場でNGな言動例をまとめ

期間にすると初めの3ヵ月くらいは肝心とのこと。

前の会社の常識、ルール、習慣を新しい職場に引きずらないのが大事です。

郷に入れば郷に従えって言いますしね。

新天地を迎えるときの参考にしてみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-雑学・読み物

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ