北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

時事問題・ニュース・話題

文在寅大統領・謝罪要求の理由とは。菅義偉官房長官の「神対応」まとめ。日韓合意、慰安婦問題

投稿日:2018年1月11日 更新日:

文在寅大統領

日韓合意を無視するかのような

慰安婦への謝罪要求理由

 

それに対しての

菅義偉官房長官の「神対応」ぶりに

注目していきたいと思います。

 

そして、その発言の日本への影響

についてまとめました。

 

昨年の日韓合意で、慰安婦問題は

最終的不可逆な解決に至ったということが

政府間で締結されました。

 

にも関わらず文在寅大統領が、

「日本の心こめた謝罪が完全な解決」

と蒸し返したことについて問題の声が

国際的に上がっています。

 

日韓合意と慰安婦問題についてわかりやすく

解説します。

スポンサーリンク

広告

慰安婦・日韓合意問題を分かりやすくまとめ

 

長年に渡り韓国は

「戦中、韓国人女性が日本軍人から性的被害を受けた。

この問題についてどう償うのか」

ということを主張していました。

 

その議論は日韓の間で長年平行線であり

長年、日韓の国際関係における

「埋まらない溝」でした。

 

その溝に掛かる橋となるのが

「日韓合意」です。

 

この日韓合意とは

政府間の締結であり

この従軍慰安婦問題が

「最終的」かつ「不可逆に」

解決したとみなす

政府間の「合意」の条約です。

 

日本政府は

合意に基づいて10億円の賠償金を拠出し

韓国政府は

国際的な場所で慰安婦問題を出すこともやめることが

条約には盛り込まれています。

 

分かりやすく言うと

お互いの国の政府が納得した

「合意」だったのです。

日本「これだけ謝る。こういう方法で謝罪するから許して」

韓国「わかった。水に流した。もう蒸し返さないよ」

日本・韓国「これからは仲良くしようね」

 

という、将来の日韓関係において

極めて生産的で発展的な合意……

のはずでした。

 

少なくとも筆者は

この日韓合意に大いに賛成する

一人でした。

 

が、

それに異を唱えたのは他ならぬ

韓国大統領、文在寅氏でした。

 

このように発言しました。

「日本が真実を認め、被害者に真の謝罪をし、それを教訓に国際社会と努力することが慰安婦問題の解決だと思う」と述べた。

 文大統領は「日本が心をこめて謝罪してこそ(被害者の)おばあさんたちも日本を許すことができ、それが完全な慰安婦問題の解決だと思う」と指摘。その上で「政府が被害者を排除し、条件と条件をやり取りして解決できる問題ではない」として、「前政権で両国政府が条件をやり取りする方法で被害者を排除し、解決を図ったこと自体が間違った方法だった」と強調した。また、「従来の合意を破棄し、再交渉を求めて解決できる問題ではない」との考えを示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000023-yonh-kr

 

さて…

なぜこのような発言をしたのか?

文在寅大統領の真意を

読み解いていきましょう。

スポンサーリンク

広告

文在寅大統領・謝罪要求が「人気取り」である理由は?

 

この発言の真意は

「人気取り」であると言われています。

 

元々韓国の政治家は支持率を上げたい時

日本批判をすることで支持を集めるという

手法が在るからです。

 

政治用語で「スケープゴート(贖罪の羊)」

という言葉があります。

 

それは

「国の外に、国民の『共通の敵』を設定することで

国内の不満を国外に向けさせて

国内の団結力と支持率を高める」

という方法です。

 

これは、日本の歴史でも

戦中に「鬼畜米英」という言葉が

アメリカ・イギリスに対する敵意を煽る言葉として

広まったように、歴史上使われてきた

政治のテクニックです。

 

また、文在寅大統領は

前政権のスキャンダルを吊し上げて

支持率を高めた、という政治的背景が有ります。

 

なので、前政権で結ばれた日韓合意に対して

批判することで

前政権に不満を持つ層からの

支持を集めようとしているのですね。

 

日本への影響は?菅義偉官房長官の「神対応」まとめ

 

菅義偉官房長官は

この文在寅大統領の謝罪要求に対して

こうコメントします。

 

「今までゴールポストが動いてきた。

日韓合意は国と国の約束だ。

1ミリも動かさない」

 

「この種の合意はたとえ

政権が替わったとしても

責任をもって実施される、

それが国際社会の当然の原則だ」

 

「慰安婦問題は(日韓合意により)

最終的で不可逆的な解決を確認した。

にも関わらず韓国側が

さらなる措置を求めることは、

わが国として全く受け入れることができない」

 

以上が、

菅義偉官房長官の対応ぶりです。

 

筆者としては、この対応には

「神対応」として

拍手喝采を贈りたいと思っています。

 

「1ミリも動かさない」

これがまさに必要なことです。

その通りです。

 

なぜなら、ここで日本が妥協しては

慰安婦問題が終わらず

日韓友好関係がさらに遠のくからです。

 

事がこうなった以上は、韓国政府に

韓国民の世論をまとめる努力をしてもらうしか

日韓友好関係はありえないからです。

 

被害者を外して合意を結んだのが誤りだと

文在寅氏が思うのなら

 

文在寅氏が自ら慰安婦の方一人ひとりを

説得して回るのが

 

韓国の代表として

約束を結んだ相手である

日本政府に対する筋というものです。

 

そして日本政府は

その努力を静観する他ありません。

 

でないと、これから先の未来

日韓の対話が成立しなくなります。

 

約束は

守ってもらわなければ

関係が成り立ちません。

 

言うまでもなく、日本が約束を守る

最大限の努力は必要ですし

それは何が何でも果たすべきです。

 

幸い、日本という国家は

そういった責任感と良識が

世界的に見ても高いレベルで備わった国ですので

(だからこそ、弱腰外交と揶揄されることもありますが…)

約束については守るでしょう。

 

しかし

韓国が「国としての約束を守れる国」であると

言うことを証明しない限り

もはや「国同士の約束事」が

成立しないとみなさざるを得ません。

 

そうである限り

日韓の友好関係はいつまでたっても

来ないことになります。

 

「謝る」

「水に流す」

 

こう同意した以上、

謝る側は、定められたルールに則って

謝る努力を果たすべきであり

水に流す側は

水に流す努力をすべきなのです。

 

だからこそ、日本政府は

日韓合意に対して

断固として妥協してはいけません。

 

朝日新聞は、菅義偉官房長官のコメントに対し

「建設的ではない」と書いたようですが

筆者の意見は真逆です。

 

「これから建設的な関係を築く為の日韓合意」

を一ミリも動かさないことが

本当に「建設的」なことであると筆者は考えます。

 

そして、合意に則った形で

あくまで賠償努力を粛々と

誠実に遂行することが

真に建設的なことです。

 

その約束を遂行するかは

それは韓国の問題です。

 

日本は、日韓合意を1ミリを動かさず

あくまで合意の上での賠償行為を粛々と遂行し

日韓合意の最終性と不可逆性を守ることです。

 

なぜなら、ここで妥協したら

日韓の友好関係は今後もさらに遠のくからです。

 

したがって

文在寅氏の発言は民意を組んで

自らが権力を得るための

パフォーマンスではありますが

 

長期的に見れば

韓国という国家の国際的信頼を失うことであり

 

韓国の国益に反する点で見れば

浅はかな発言であると

言わざるをえないように思われます。

 

それに対して日本の反応としては

「影響を受けない」ということが

最善です。

 

文在寅氏の発言には

公人として大きな問題が有りますが

日本としての対応は

文在寅氏が何を言っていても

あくまで「一個人の主張」として

無視すべきです。

(国の代表に、無茶な話ですが…)

 

もしも取り合うなら

「韓国政府が公式に再交渉を持ち込んでくる」

というタイミングです。

 

そうなれば韓国政府は公に

「最終的かつ不可逆な解決を覆してきた」

という汚点を背負っての

交渉となります。

 

それまでのタイミングでは

「韓国内の論争」と割り切って

静観を決め込むのがもっとも賢明な対応です。

 

日本にとっても、

韓国という国家が責任のある国家に

成長するのを待つためにも、

 

そして将来的には

日韓に友好関係が築かれるためにも、

それがベストの対応であると筆者は思います。

 

 

きっと今頃、韓国の中でも

表面的な情報やパフォーマンスに流されない

良識ある人達が

日韓合意についての熱い議論を交わしているでしょう。

 

そういった人たちの活躍が功を奏して

韓国という国が成長し

また、日本としてもこの要求に

熱くならないように静観に徹すること。

 

そして、本当の意味での日韓友好関係に至ることを

筆者は願っています。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

どの国との関係も良くなっていきますようにという

筆者の主張にもしも共感していただけたなら

この記事を↓からシェアしていただけると幸いです。

広告

広告

-時事問題・ニュース・話題

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ