時事問題・ニュース・話題 有名人 芸能人・女優・俳優

広瀬すず 90年代コギャルに扮し映画リメイク!ミニスカ・ルーズソックスに監督「ブスだな」…あらすじやキャストも紹介

投稿日:

広瀬すず 90年代コギャルに挑戦!キャスト紹介

https://eiga.com/news/20180131/2/

女優 広瀬すずさん(20)が、
2018年8月31日(金)公開予定の映画
「SUNNY 強い気持ち・強い愛」に
出演し、昔懐かしい”コギャル”姿を披露、
非常に注目を集めております。

90年代後半に女子高生が茶髪で小麦色に
焼けた肌、制服のスカートをミニ丈とし、
たるみが特徴のルーズソックスを履いた
スタイルがブーム。
それを”コギャル”と呼び、当時流行語に
なりました。

今回、映画で広瀬すずさんを始め、
コギャルを演じるのは、
山本舞香さん(20)、野田美桜さん(21)、
池田エライザさん(22)、田辺桃子さん(18)、
富田望生さん(18)ら、現在旬の若手女優
が集結しました。

上記のリンク先には90年代に流行った
制服にミニスカート、ルーズソックスを
たるませエッグポーズを決める6人の
SUNNYグループメンバーが。

昔懐かしいコギャルを細かいディテール
まで再現させ、肌は小麦色、細い眉、
髪は茶髪にカラーリングしたスタイルが
徹底され、また大根監督自らが元コギャル
に現場監修やヒアリングを実施。
ルーズソックスの長さにも拘り抜き、
たるみにも妥協を許さず、意地を貫き
完成に至りました。

広瀬すずさんはコギャルに扮し
「今を全力で楽しむというコギャルの
心意気がとにかく凄くて。こんな風に
女子高生が生きている時代があったという
ことを知って少し羨ましく思いました。」
と思い起こしていました。
*《上記リンク参照》

また映画タイトルの
「SUNNY」とはコギャル時代の主人公
たちのグループ名です。
物語は約22年もの時を経て、大人に
なった主人公たちから描かれる作品と
なっています。

22年後を演じる主人公たちも含め、
それぞれの役を紹介します。

https://twitter.com/39_tree/status/1026239967905820672?s=19

https://twitter.com/kopon_suzu_love/status/1024771949430329344?s=19

SUNNYメンバー

▼奈美:広瀬すず/篠原涼子
高校時代、転校生だった奈美。
SUNNYのリーダーにグループに招かれ
仲間の一員に。

▼芹香:山本舞香/板谷由夏
SUNNY元リーダー。末期ガンで余命僅か
の中、かつての仲良しグループの再会を
奈美に懇願する。

▼裕子:野田美桜/小池栄子
口が悪いお笑い好きな女子高生の
現在は豊胸と整形で別人と化し、
セレブ妻として毎日を満喫している。

▼心:田辺桃子/ともさかりえ
現在は夫と離婚し借金を抱えるはめに。
借金返済のため、生活費を稼ぐため、
風俗で働く。

▼梅:富田望生/渡辺直美
自称”SUNNYの副リーダー”。
落ちこぼれのよく肥えた三流保険外交員。

▼菜々:池田エライザ
美人でクールな菜々。
ただ菜々に関しては20年後の菜々を
演じる女優がいません。
芹香始め、SUNNYメンバーは大人に
なった菜々と再会を果たせるのか?
見どころの一つと言えます。

スポンサーリンク

広瀬すず コギャルを熱演!あらすじは?

https://twitter.com/39_tree/status/1026236504266305536?s=19

篠原涼子さんが主演を努めます。
原作は2011年、745万人もの観客動員数
を記録した大ヒット韓国映画、
「サニー 永遠の仲間たち」を日本版に
再編成。
J-POP黄金時代の90年代音楽や流行った
ファッションが華やかに再構築され、
懐かしさを覚えます。

舞台は社会的影響をもたらし夢が溢れて
いた90年代後半、
高校時代~輝きを失い色褪せた約22年後
の現在までを描く物語。

二つの時代を織り成し交錯する、
原作のノスタルジックな香り残る
青春群像作品です。

主人公 奈美(篠原涼子)が、高校時代の
親友である末期ガンで余命1ヵ月の芹香
(板谷由夏)と再会。
芹香はかつて共に青春を謳歌した仲良し
グループ「SUNNY」のメンバーとの再会
を切望し「死ぬ前にもう一度だけ、
みんなに会いたい」と奈美に告げます。

それを叶えるために奈美はメンバーを
捜すことを決意。

奈美はメンバー全員を見つけること
が出来るのでしょうか…。

スポンサーリンク

広瀬すず 「絶対この役やりたい!」篠原涼子も見どころ語る

https://a.excite.co.jp/News/cinema/20171002/Crankin_5191710.amp.html

主人公 奈美を演じる篠原涼子さんは
作品の見どころを語っています。

「脚本も大根監督ならではの演出が満載で、
原作のノスタルジックな雰囲気を残しつつ
、日本版としてのアレンジが加わって、
更にカッコ良くキラキラとした主人公逹
になっております。」

と熱く語っていました。

奈美のコギャル時代を演じる広瀬すず
さんからは

「原作映画が大好きで、リメイクされる
なら絶対この役をやりたい!って
思っていたので、出演のお話を聞いたとき
は、嬉しくて叫びました」

さらに大根仁映画監督に纏わるエピソー
ドや監督に対する思いも明かす、広瀬
すずさん。
「3年前に大根組のオーディションを
受けたことがあり、それからずっと
映画でご一緒したいと思っていたので
、念願叶って本当に嬉しいです。」

かねてより大根作品への出演を熱望して
いた広瀬さんは、作品の出演が決まり、
期待で胸躍らせ、役への意気込みを熱く
語っていました。

スポンサーリンク

広瀬すず 保存版!コギャルスタイルに監督絶賛!

既にクランクアップをしている
「SUNNY 強い気持ち・強い愛」。

広瀬さんは撮影期間を振り返り、
撮影が進むたび、大根監督から
「ブスだなー」との言葉を受ける日が増え
ていったことを明かしました。

ですが広瀬すずさん自身は、
「全然嫌じゃない。むしろあざーす!
ってなってました(笑)大根ワールド最高
でした!」
と感嘆の声を上げていました。

大根監督は、
「90年代中盤から後半の、自分たちが
生まれた時代の女子高生=コギャルを
演じることは、かなり難しかったと
思います。」
と若手女優たちへの思い胸の内を明かし、

「すずちゃんを始めとする高校生サニー
メンバーは見事に演じきってくれました」
と6人を称え、

「撮影現場でルーズソックス・細眉・
茶髪の彼女たちを見ているうちに、
あの時代にタイムスリップしたような
錯覚に陥りました」
と結びました。
*《上記リンク参照》

ツイッターにあるポスターを見比べると
不思議と、高校生サニーと大人サニーの
顔つきがみんなそれぞれ似ているように
感じます。
まさにSUNNYマジックですね♪

並行世界にワープしたかのような不思議
な感覚を覚えた、大根仁監督作品
「SUNNY 強い気持ち・強い愛」は
今月31日(金)に全国公開となります。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

-時事問題・ニュース・話題, 有名人, 芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ