北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

スポーツ

大坂なおみ 元世界女王撃破の大金星!史上最悪の決勝スピーチとは?

投稿日:2018年3月22日 更新日:

大坂なおみ選手が、元世界女王撃破

 

日本人としては前人未到とも言えるこの大快挙!

大坂なおみ選手は、元世界女王である

セリーナ・ウィリアムズを日本人女子として

初めての勝利を収めました。

 

しかも、その内容が…

 

スポンサーリンク

広告

大坂なおみ 元世界女王撃破…ストレート勝ち!?

なんと、元世界女王撃破を

「ストレート勝ち」で成し遂げてしまった

大坂なおみさんです。

その内容は、6-3,6-2と、圧倒的な試合内容でした。

セレーナも元世界女王だけあって全く油断のならない

テニスを展開する選手です。

しかしながら、大坂なおみ選手はそのパワフルな

ラケットのスイングと

圧倒的なフットワークでセリーナ選手の隙を付きながら

終始有利な試合を展開していきました。

 

セレナの厳しいリターンは

そのコースの鋭さに急速もあるので

並の選手なら打ち返すことは愚か

追いつくことも出来ないことがザラにあります。

 

しかし、大坂なおみ選手は必要以上は決して動かず

球が来る地点を冷静に洞察しながら

直感的な動きでラリーを返して

冷静なままに試合の流れを引き寄せていったのでした。

 

しかし、いくら強くなったと言われている大坂なおみ選手ですが

まさかセリーナ元世界女王撃破をストレート勝ちで成し遂げるなど

ここまでの成長を誰が予測し得たでしょうか。

 

大坂なおみ選手からミスがなかったらもう勝つのは難しいのではないのでしょうか。

スポンサーリンク

広告

 

大坂なおみ 元世界女王撃破

まさに、先日のハレプの試合がそうであったように

少しでも甘い球を返せば

銃弾のような勢いのリターンが大坂なおみ選手のラケットから

鋭いコースめがけて飛び込んできます。

 

大坂なおみ選手のパワーはもはや男子テニス選手級とすら言われており

その全身のしなるバネと無駄なく搭載された筋力から

弾丸のようなサーブが繰り出されます。

 

また、並大抵の女子サーブの威力であれば

大坂なおみ選手ならまた、弾丸のように返球することが出来ます。

 

こうなってくると、大坂なおみ選手は

女子テニス界においてはもはや別次元のフィジカルを持っているため

大坂なおみ選手がよほど不調でもない限り

女子プロテニス選手で大坂なおみ選手を撃破することは

非常に難しいと言わざるを得ないでしょう。

 

スポンサーリンク

広告

大坂なおみ 元世界女王撃破…もはや大金星と呼ぶべきではない?

過去の偉大な女子プロテニスプレイヤーへの

リスペクトも含める意味で

大坂なおみ選手の勝利のたびに、「大金星」と

つけられていましたが

ことここに至っては、もはや大金星とつけるほうが

間違いなのではないかと言ってもいいように思えます。

 

試合内容を見ても、連日競合やレジェンドと言われるような

超実力者たちを次々にストレート勝ちで

勝利をもぎ取っていく大坂なおみ選手。

 

もはや、これが一過性の勢いではなく

正真正銘本物の実力者であるということを

メディアはいい加減認めるべき時期が

来たと言えるでしょう。

 

今や、大坂なおみ選手に勝てる女子テニスプレイヤーの

名前を上げることは難しいでしょう。

実質世界ランク一位と言っても過言ではない、

などという声すらも上がってきています。

 

あとは、大坂なおみ選手の実力に

見合ったタイトルを撮るだけと言えるのではないでしょうか。

 

スコアを見ても、鑑賞という言葉がふさわしい

大坂なおみ選手の快進撃。

 

 

ネットからも熱い応援の声が多数上がっています。

やったね!おめでとう!
サーブ、ストロークどれをとっても1級品。
コーナーへの打ち分け、ダウンザライン…いつの間にこんなに上手くなったの?
焦ってミスを重ねるセリーナと対照的にコート上で落ち着き払っていたね。
さすがの彼女も終盤顔色がなかった。
間違いなく世界№1になるよ。

生配信見ましたが、セリーナも随所で鋭いショットを決めるなど調子は良かったはずです。ただ大坂さん粘りもすごい。決まったと思ったショットも拾って粘ることからセリーナのミスを誘い出すこともできた。これは期待できる!一気に覚醒したね!

おめでとうございます。快進撃ですね。ライブで見たかったです。おそらく怪我がなくメンタル面が今の状態であれば、四大大会全て優勝に絡んでいくでしょうね。まだ、20歳ですから伝説の女子テニスプレーヤーとなるでしょう。

信じられない。可能性はあると思っていたけど。
フィジカルと才能がずば抜けているんだめ。今までの女子選手には無いタイプ。ビーナスもセレナももう少し時間がかかった。グラフの全盛期とやらせてみたくなった。

スコアがカサキナの試合と同じ。
セリーナが途中から下を向き出し、最後は心折れてた。
プリスコバ、ハレプ、カサキナ、セリーナ、みんな同じパターン。
最後は為す術もなく敗れていった。

ゾーンに入ってと言うわけでもなく、やらなければいけないことをしっかり実践してごくごく普通に勝ってる。

怖いのは、もっと注目されることによって世間の下らん好奇心に晒されることかな。

 

 

スポンサーリンク

広告

大坂なおみ 元世界女王撃破の大金星!史上最悪の決勝スピーチとは?

 

決勝でのスピーチでも、

大坂なおみ選手の人の良さと愛嬌のある天然さが現れて

観客も大受け!

大坂なおみ選手自身は「史上最悪のスピーチね」などと自虐しますが

大手メディアはこぞって

史上最高のスピーチ、と取り上げました。

 

 

https://twitter.com/xcvbnm67890/status/975586389197651969

 

実力正確ともに人気急上昇中の

大坂なおみ選手。

このまま世界の頂点まで、

日の丸背負って一気に上り詰めてほしいです!

 

広告

広告

-スポーツ

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ