北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

事件 芸能人・女優・俳優

吉田美和 インフルに!現在は自宅で旦那・子供と?ネットの声は…

投稿日:2018年2月15日 更新日:

ドリカムの吉田美和さんが
インフルエンザにかかって
広島公演を中止という残念な結果になりました。

ドリカムの吉田美和さんといえば
その溌剌としたライブパフォーマンスが
大人気を集めて
ライブはいつもチケットが
飛ぶように売れるアーティストです。

52歳とは思えないほど、
歌い、元気に踊り、
エネルギッシュなパフォーマンスを
見せてくれます。

そんなドリカムの吉田美和さんが
体調不良でライブ中止になったのは
初めてでは…?

という声も…。

吉田美和 インフルに心配の声が…

とはいえ、今回は
ドタキャンというわけでもなく
やはり人間の体のことなので
どうしてもかかる時はかかってしまうものです…。

吉田美和さんのことですから
何とかして代替公演をして
ファンを喜ばせて上げたいと
思うのではないでしょうか。

しかし、振替公演はなし。
ファンとしては残念なお知らせです…。

インフルエンザで中止といえば
最近ではLUNASEAの
千葉公演が中止になったことも
話題を集めました。

いかに売れているアーティストと言えども
人は完璧ではないので
インフルエンザといった体調については
責められるようなものではないです。

また、体調不良を推して
パフォーマンスしても
ツアー中の滞在するホテルや
宿泊施設に感染させてしまうリスクもあります。

また、客室やエレベーターといった
空間にも入ることにもなるので
感染を防ぐという意味では
インフルエンザは自宅静養というのが
社会的に正しい対処法といえます。

吉田美和 インフルにファンは残念だけど…

吉田美和さんの歌を
楽しみにしていたファンには
きっと残念でならないことでしょう。

なぜなら、ドリカムのチケットなんて
完売が当たり前なので
チケット取るのにも
本当に苦労したことかと思います。

それだけに楽しみにしていただけに
気の毒ではあります。

中には、「プロ失格」というコメントも
見受けられたようですが…
とはいえ、インフルエンザというのは
かかった身からすれば
本当につらいです。

筆者も、以前かかった時は
まさに地獄を見ました。

そして、吉田美和さんもまた
残念でならないことでしょう。

インフルエンザについても
たとえワクチンを打っていても
型が違うなら
かかる時はかかってしまいます。

特に、今年はB型が多く
予防接種していてもなってしまうのが
今年のインフルエンザとも言われています。

吉田美和さん インフルも、仕方ない…

どう考えてもインフルエンザについては
吉田美和さんの過失とは決していえないので
吉田美和さんも本当に残念なことだと思いますが
ここはしっかり自宅で、旦那さんや子供の看病を受けて
しっかり静養してほしいです。

吉田美和さんに無理をなさっていただくよりも
吉田美和さんに長くドリカムの歌を歌ってもらえるほうが
ファンにとっても嬉しいことなのではないでしょうか。

ファンとしては吉田美和さんを
待つことにはなりますが
万全な状態での吉田美和さんの歌を楽しみに
待つというのが結果的に
吉田美和さんには一番嬉しいことなのではないかと
そう思います。

吉田美和さん インフルの影響が怖いところ

また、インフルエンザで心配になるのが
やはり、吉田美和さんの喉や声への影響です。

歌声に影響が出ないと良いのですが…。

また、吉田美和さんも
いくら若く見られるとは言え
今や52歳、今まで精力的に活動してきた分
身体も休める機会は十分に
なかったのではないでしょうか?

日頃から免疫力をキープすることは
大切ですし
吉田美和さんも当然体調管理はしていたでしょうけれど…

ある意味この機会も
身体の悲鳴と捉えて
少し休んでほしいなと
思うところです。

吉田美和 インフルに!現在は自宅で旦那・子供と?ネットの声は…

基本的なところとして
インフルエンザには
やはり、予防接種に手洗い、うがい。

しかし、それだけやってもかかってしまうのが
インフルエンザの怖いところでもあります。

そんなインフルエンザを移さないためにも
吉田美和さんのコンサート中止を
今回はしっかりと休んで頂き
ファンとしてはそのお休みを
しっかりと見守って
吉田美和さんの次のコンサートを楽しみに待つのが
良いのではないでしょうか。

吉田美和さんも
気負ってしまう気持ちもあると思いますが
ここはしっかり直して
次の舞台で元気な姿を
見せてほしいですね…。

-事件, 芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ