時事問題・ニュース・話題

吉田一郎 出席停止…さいたま市議会も決別か。ツイッターでも大炎上

投稿日:2018年3月12日 更新日:

吉田一郎議員に対し

さいたま市議会懲罰委員会は

出席停止という措置を出しました。

 

それは、吉田一郎議員の答弁の中での

「首をつって死ね」という暴言に対する措置です。

 

法治国家としては無い発言だと思わざるを得ませんが…

スポンサーリンク

吉田一郎 出席停止…さいたま市議会も決別か。ツイッターでも大炎上

吉田一郎議員といえば朝大宮周辺で遊説している姿が

見かけられていますが

街宣右翼と間違えられるのではないかというくらいに

過激な主張や攻撃的な発言が

良くも悪くも話題になっている議員でした。

 

話題性と注目度もあったのですが

禁止してほしいという住民の声も少なからず存在していたようです。

吉田一郎 出席停止では不足か?

吉田一郎議員の今回の発言…

出席停止ということになりましたが

出席停止で済むの?

という声も同時上がっています。

 

出席停止でも、報酬は入ってくるものですから…。

現代の企業で、部下に対して

首をつって死ねなどといえば

モラハラ・パワハラで完全にアウトの時代です。

 

次の選挙のときにも

この世論で勝ち残れるかは疑問ですが…。

 

さいたま市民の中には、

さいたま市という土地の品性そのものが

疑われるから速攻やめてほしい

という声も上がっています。

 

辞職勧告も出すべきでは?

という声も少なからず上がっており…

スポンサーリンク

吉田一郎 出席停止ですんだ理由?

しかしながら、政治家としては

非常に活動的でエネルギッシュな行動力を持っていることも

一部では認められているのです

 

特に、旧大宮市内における人気は凄まじいものがあり

トップ当選を果たしたこともあります。

こちらの書き込みを御覧ください。

この市議は旧・大宮市内では一番有名な人で、トップ当選したこともある。浦和などと合併してさいたま市になったことには反対で、大宮で集めた税金を浦和や岩槻でばかり沢山使うのは反対という立場を強力に主張しているから変人扱いもされるが人気も高い。旧・大宮市内の各駅前で良く演説をしているし、詳細な活動報告を各戸にポスティングしているから何をやっているか良くわからない市議よりは仕事しているように見えるが、主張に全部賛成できるかというとちょっと。暴言は残念だが、市民はこれだけでは判断しないと思う。浦和や岩槻の人から見たら明確に敵だろうけど。

ヤフーコメントより

 

さらには、今回のニュースに対して

答弁内容の経緯を記載してほしいという要望が上がっており

その経緯を知りたいという市民の関心も少なからず上がっています。

少なくとも、さいたま市民の中には

吉田一郎議員に一目置いている支持層も

確実には損存在します。

 

公の場での発言内容には

いくつか問題があるものはあるとはいえ

行動的で有能な政治家であることは

間違いないでしょう。

 

周りの人に対しては

きつい性格なのではないかとも思われますが…。

スポンサーリンク

吉田一郎 出席停止に寄せられるツイッター炎上の声

吉田一郎さいたま市議・出席停止処分。地方自治法に則ると処分はこれが限界。「志」持ってという人もいるでしょうが「名誉」の他に政令市レベルだと「高収入」が見込めるからこそ市議になろうと思うわけ。トンデモ市議が多すぎるので法の見直したって、立法府があれでは・・・

【首を吊って◯ね】 埼玉県さいたま市(北区選出) 吉田一郎 市議会議員の職員への暴言。 僕は議員に過度な倫理や人間性求める風潮には反対の人間だから安易に辞職へ結びつける意見には賛同したくないが、言葉の質が度を超えているのも事実。 もし命の重たさを感じれないなら議員になる資格は無い!

 

 

吉田一郎は好きではないけれど、ポストにいつも投函してくるやつにちゃんと自分の暴言に関して記載したこと、暴言内容もぼかさず記載したことは評価する。

 

吉田一郎烈士への懲罰動議、当初は自民党浦和派が辞職勧告を立憲自民大宮派共産らが懲罰動議設置すべきとしていたが市議会開始前に浦和派が「自発的に促したい」と何故か軟化。しかし他会派が反発。結局当初通り辞職勧告決議案、懲罰動議設置両方が通る

 

吉田一郎 出席停止への世論まとめ

吉田一郎議員への出席停止では

足りない、という声が多数ありながらも

その真相を知りたいという内容に関心を示す

聡明な層も見受けられました。

 

 

ここまでの発言をしても

出席停止で住んでしまうのは

吉田一郎議員に実力があるからこそ、

という見方もできるのかもしれません。

-時事問題・ニュース・話題

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ