ドラマ

吉岡里帆受賞のエランドール賞とは?2018年のノミネートは誰?

投稿日:2018年2月2日 更新日:

吉岡里帆さんが受賞した
エランドール賞とは、どんな賞なのでしょうか?

その歴史は、
1956年、戦後時代にまで
遡ります…。

スポンサーリンク

吉岡里帆が受賞したエランドール賞とは?

エランドール賞とは、
日本映画テレビプロデューサー協会が
主催・選定する、
日本のテレビ・映画・ドラマの
功労者である俳優やプロデューサーに
与えられる歴史のある賞です。

その歴史と伝統から
とても権威の有る賞として
芸能界においても強い力を持っています。

選定基準としては
その年におけるテレビや映画の
話題性が中心に
受賞者が選定されます。

 

エランドール賞 2018年の受賞者は?吉岡里帆は新人賞

そんなエランドール賞の
2018年の受賞者は

新人賞が
高橋一生、門脇麦、竹内涼真、杉咲花、ムロツヨシ、吉岡里帆

と、ドラマでおなじみの顔ぶれが勢揃いしました。
どの俳優も、実力と人気を轟かせる
時の人が勢揃いです。

また、プロデューサー章としては
松崎薫、土井裕泰、佐野亜裕美
が受賞。

プロデューサー奨励賞は
北島直明、小出真佐樹、菓子浩、枝見洋子
が受賞しました。

そして特別賞は
「精霊の守り人」制作チーム、「やすらぎの郷」制作チーム
です。

綾瀬はるかさんの主演を努めた
精霊の守り人シリーズですが
東洋ファンタジーとして
徹底的なまでの文化や美術の作り込みがなされた
超骨太ファンタジーとなっています。

ファンタジー作品は
ただでさえセットや美術にも莫大なお金がかかるのに
あえてそれに踏み切った意欲作。

そのクオリティーの高さから
今回の「特別賞」を受賞されたのでしょう。

スポンサーリンク

吉岡里帆さん受賞へのコメント

吉岡里帆って謎。
可愛いよ、普通に道歩いてたらおっ!?て思うくらい可愛いと思うけど、女優さんにしては個性があるわけでもないし、演技力もあるのかないのかわからないし。なぜにここまで評価されるのだろう?

以前の武井咲さんのようなゴリ押しに
感じます。

とりあえず、受賞、おめでとうございます!

吉岡里帆ちゃん以前は男に媚びるような感じに見えて嫌いだったけど、ごめん愛してるのドラマぐらいから一生懸命さが伝わってきて、印象が良くなった。今は里帆ちゃんが出てるテレビは見てしまうような女優さんの一人です

この子はゴリ押しとは少し違うでしょ。
そりゃある程度事務所プッシュの時期は誰しもあると思うけども。
会社や友人間でもこの子が可愛いという男性の多いこと多いこと。
剛力や武井は世間でもなんでよくテレビに出てるんだ?で通ってた。

 

と、吉岡里帆さんの受賞を祝う声。

 

賛否両論はありますが

やはりここまで出番が多いのは

吉岡里帆さんの実力としか

言いようがありません。

 

そんな吉岡里帆さん

今は「きみが心に棲みついた」

の主演を勤めています!

 

吉岡里帆さんの

新たなる活躍に

世間の期待が集まります。

 

今回の受賞に際して

吉岡里帆さんのコメントは以下のとおりです。

「でも与えていただけた役はいつも背中を押してくれた気がします。今回このような身に余る賞、自分なんかがもらっていいんだろうかと思います」と控えめだったが、「みなさんに飽きられないように。いつまでも進化して新しいことに果敢に挑戦して怖がらずに進んでいく。そして面白いものを届けるという信念を持って励んでいきたい。このような賞をいただけた日があったんだと、くじけそうな日は思い出すと思います。一生頑張ります。約束します」

 

本当に応援しています!

 

これからの芸能界を長く引っ張っていってくださいね!

-ドラマ

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ