芸能人・女優・俳優

仙道敦子は何と!突然の引退から23年ぶり!!ベールを脱ぎ女優復帰…。

投稿日:

仙道敦子さんが、TBS系の7月期のドラマ「この世の片隅に」で
女優復帰をするといったことが話題を呼んでいますね。

仙道敦子さんといえば、俳優の緒形直人さんと結婚し、
突然いなくなったような気がしますが…。

なんとその期間23年といいます。

いきなりの女優復帰にはどんな意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

仙道敦子とはどんな人?演技力に定評あり!

仙道敦子さんといえば、白い肌に黒髪、吸い込まれてしまいそうな
大きな目が印象的だった正統派美人女優でしたね。

仙道敦子さんは、1980年に子役としてデビューし、
1993年に突然と活動を休止されているで、若い世代にとっては、
「仙道敦子?だれ?」といった感じでしょうね。

なんでそんなに話題になっているのかも「?」だったり…。

そんな方たち、そして懐かしい世代の方にも仙道敦子さんとは
どんな女優さんだったのか見て行きましょう。

プロフィール

本名:緒形 敦子(おがた のぶこ)

旧姓:仙道 敦子(せんどう のぶこ)

生年月日:1969年9月28日 2018年6月現在48歳

血液型:B型

出身地:愛知県名古屋市

仙道敦子さんは、1993年に俳優である緒形直人さんと結婚を機に
芸能界から退いていました。
緒形直人さんといえば、あの今は亡き緒形拳さんの息子さんですよ。

10歳で芸能界デビューをし、結婚までの仙道敦子さんの経歴とは?

子役時代から名子役として活躍し、1982年の映画『鬼龍院花子の生涯』にて
故夏目雅子さん演じる松恵の子ども時代や、
1983年の『白蛇抄』で各関係者の大評判を得ています。

『白蛇抄』では、1984年度日本アカデミー賞新人俳優賞、
第8回くまもと映画祭新人女優賞を受賞しています。

まだ13、4歳のころから大物女優を思わせる活躍ぶりですね。

1986年に放送された連続ドラマ『セーラー服反逆同盟』の主演後から
映画やドラマ、CMにと大活躍している一方、歌手としてもデビューしています。

このころの女優さんや俳優さんって、なぜか歌手としてもデビューし、
残念な歌声だったりするのですが、仙道敦子さんは歌もうまかったのです!!

吉田栄作さんと「NoA」としてもシングルを発売されています。

仙道敦子さんは、90年代のいわゆる「トレンディードラマ」には欠かせない
女優さんだったのです。

仙道敦子は干されたの?

仙道敦子さんは人気絶頂の90年代に突然、姿を見なくなったことから
干されたのでは?などといった声もあるようですね。

芸能界では、しばらく姿を見なくなると「干された」といいますね(笑)

仙道敦子さんは、干されたのではなく、
結婚を機に芸能活動を休止されていたのですね。

その証拠にずっと所属事務所である「研音」には名前があります。

芸能界から家庭に活躍の場を移したということです。

スポンサーリンク

仙道敦子 子どもはいるの?現在の姿は?

仙道敦子さんは3人のお母さんでもあります。

そのお子様の一人である長男の緒形敦さんが、
昨年2017年にTBS系の連続ドラマ「陸王」(日曜午後9時)で
俳優デビューされています。

次男、長女を恵まれた仙道敦子さんは、
家庭を守っていたことがよくわかりますね。

長男さんが芸能界デビューをしましたが、
次男、長女はどうなのでしょうか…。

まだまだ、そのあたりはわかりませんが、
芸能一家に生まれたお子様である以上、多大な影響を受けていることは
間違いないでしょうね。

楽しみですね。

そんな仙道敦子さんも現在、48歳のアラフィフですね。

どのようなお姿になっているのでしょうか…。

気になってしまいますよね。

仙道敦子が復帰!現在の美しすぎる姿が話題!旦那・緒形直人の今?

現在のお姿です。

http://entertainment-topics.jp/81728

こちらが23年前のお写真です。

相変わらずおキレイで劣化など感じませんね。

ちなみにもっと初々しいかわいい仙道敦子さんです。

とってもかわいく、昔の女優さんといった印象がないですよね。

現在の芸能界でも人気が出そうなお顔立ちです。

#仙道敦子の現在は?23年ぶりの女優復帰のわけとは…。

仙道敦子さんが23年ぶりに復帰となった理由とは?

まさか、離婚間近?などと推測しがちですが、
お子様の成長したためのようですね。

23年ぶりの復帰作は、7月スタートのTBS系ドラマ『この世の片隅に』です。

『この世の片隅に』は、原作は『夕凪の街 桜の国』で知られる、
こうの史代さんのヒットマンガです。

『この世の片隅に』は2016年に劇場版が公開されロングヒットした、
戦時中の広島県呉市を舞台にしたものです。

仙道敦子さんが23年ぶりに選んだ役とは?

主人公のすず(松本穂香さん)の母・浦野キセノです。

かなりの話題作で、ドラマの脚本は、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」などで
知られる岡田惠和さん、演出は連続ドラマ「カルテット」
「逃げるは恥だが役に立つ」(ともにTBS系)の土井裕泰さん、
作曲家の久石譲さんが、民放連ドラでは約24年ぶりに
音楽を手がけることになっています。

23年ぶりの復帰作に、持って来いな作品ともいえますね。

仙道敦子さんがかつて、演技派といわれたような演技を
『この世の片隅に』でどのように披露してくれるのか楽しみでなりません。

-芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ