北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

アニメ・ゲーム・マンガ ネットの声・ツイッター

久川綾 ブルマ役決定!動画でチェック!下ネタから関西弁までいけるその声優歴は?

投稿日:2018年2月15日 更新日:

ドラゴンボールのブルマ役決定
久川綾さんになりました。

ブルマ役の前任は、声優鶴ひろみさん。
大動脈解離のため57歳でこの世を後にしました。

その後、ドラゴンボールのブルマ役の
後任は誰になるのかということで
東映アニメーション内でも
様々なキャスティングが語られたようですが
その結果、ベテラン声優久川綾さんに
決まりました。

スポンサーリンク

広告

久川綾 ブルマ役決定の声優歴

こちらからさっそく久川綾さんのブルマ役を見ることが出来ます。

てか、このCMは面白すぎ…笑

 

そんな久川綾さんといえば
大阪府出身で関西弁まで難なくこなす
幅の広い演技が売りの
声優さんです。

特に知名度の高い役柄は
カードキャプターさくらの
ケルベロスや
美少女戦士セーラームーンの
セーラーマーキュリーといった
役柄が有名なところです。

非常にベテランの声優さんであり
演技の幅も豊富で
また、大阪府出身であるだけに
関西弁を喋らせたら
随一の声優さんであることは
あまりにも有名でしょう。

https://twitter.com/tkgsize/status/964075021848100869

久川綾 ブルマ役決定に、その期待は…

そんな久川綾さんの

ブルマ役決定に

ネットの評判を見てみましょう。

セーラーマーキュリーの久川さんか…
ゲゲゲの鬼太郎の放送は、
ブルマ役の後任探しの時間稼ぎと思ったけど…
早く決まったね。
久川さんは、
これからが大変やけど、頑張って欲しい。

うん。思ったほど違和感は感じないキャストを選んだ感じかも。プレッシャーもあるだろうけど頑張って欲しい。

素人の新人声優ならまだしも、ベテラン声優なら任せられるな

優しいトーンの奥に強さを感じる声、という点が鶴さんの声の
イメージとぴったりですね。

いいと思う。
違和感もそう感じないし声質も近そう。

鶴さんが亡くなった間ブルマは出演していなかった、次回久々にブルマが出演、誰が声優務めるのか?と思い、あの天才的頭良いおっとりした水野亜美ことセーラーマーキュリーの久川綾さんですか、声も可愛いしブルマの声優にもあいますね、4月1日から鬼太郎が始まりますし、ドラゴンボールも残り僅か、少ないですが頑張って下さい、

この世代の声優なら大丈夫
後釜は十分埋まると思う

なるほどー!ベテランさんですね!名残惜しいけれどもどんなブルマを演じてくれるのか楽しみでもあります。

マーキュリーの久川さんは大きなお友達発言を最初にされたかたですね。かなりプレッシャーはあると思います。がんばってください。

ヤフーコメントより

と、歴戦の声優

久川綾さんに期待の声は非常に大きいです。

ほとんどが肯定的な意見で

占められていました。

スポンサーリンク

広告

久川綾 ブルマ役決定

久川綾さんのブルマ役の決定の

期待の声の裏にも

声優の鶴さんを悼む声が寄せられていました。

 

ほんとうに影響力の強い

慕われた声優さんであったことが伺えます…。

 

納得のチョイス。変に若手のありふれた声優を当てられなくてよかった。でも放送終了まであとちょっとだったのに本当に鶴さんには最後までいてほしかったなぁ。ご冥福をお祈りいたします。

今度はべジータが敗退する話だもんな。ブルマやトランクス、ブラを思い出すのかな?

鶴さんはドラゴンボール第一話から出ていたからなぁ。悲しい。

ヤフーコメントより

 

久川綾さんブルマ役決定にも、疑問の声?

 

ほとんどは賛成派なのですが

久川綾さんのブルマ役の決定にも

疑問を呈する声も少しありました。

 

平均年齢が下がらないね。若手の女性実力派は本当に少ないということなのか、仕事が減ってるけど単価の高いベテランを事務所が推したのか。マニアじゃないので良く分からない部分だ。

久川さんだと知的で大人しい女性しか浮かばない。
元気なブルマ出来る?

ヤフーコメントより

 

とはいえ、100%賛成ということは

キャスティングの世界には基本的にはありえないことですし

久川綾さんの演技力ならば

見ている内に慣れてくると思います。

 

 

すでに面白すぎますが…。笑

 

久川綾さんのブルマ役、こうご期待!です。

広告

広告

-アニメ・ゲーム・マンガ, ネットの声・ツイッター

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ