芸能人・女優・俳優

三山ひろしのプロフィール!ブログに書けない秘話とは。新曲・歌動画まとめ

投稿日:2018年1月14日 更新日:

三山ひろしさんの、ブログには書かれていない
Wiki風プロフィール
新曲動画から、三山ひろしさんの生歌が聞ける
コンサートの情報まで最新情報をまとめました!

三山ひろしさんは1/14の「ウチくる!?」に出演してから
その爽やかで端正なルックスと
歌唱力が評判を集めています。

そんな三山ひろしさんの
気になるプロフィールを
Wiki風に一括まとめ!

こちらからお読みください。

スポンサーリンク

三山ひろしさんの、ブログに書かれていないWiki風プロフィール

三山ひろし
本名 恒石正彰
生誕 1980年9月17日(37歳)
出身地 高知県南国市
ジャンル 演歌
職業 歌手
担当楽器 歌
活動期間 2009年 ~ 現在
レーベル 日本クラウン
事務所 ミイガンプロダクション

ウチくる!?で出演してから
注目の的になっている三山ひろしさん。

2015年の第66回紅白歌合戦に出演しました。

そんな三山ひろしさんの特技は、
「けん玉!」

2013年頃から、コンサートの出し物としてけん玉をはじめました。

ただしその上達ぶりや凄まじく
全国に600人しかいないけん玉二段の段位を取得したそうです。

2015年には三段も取得。

どこまでのけん玉の腕を伸ばし、
2016年には、けん玉の教則本を出版しました。

コンサート中は
歌いながらけん玉を披露するなどのパフォーマンスも見せてくれます。

そんな三山ひろしさんは日本けん玉協会から
けん玉大使、に任命されたとのこと。

さて、そんな一風変わった経歴を持つ
三山ひろしさんですが
小学校の時に両親が離婚するという
経歴の持ち主でもあります。

高校卒業後は地元のガソリンスタンドに
就職しました。

苦労が偲ばれます…。

演歌が歌いたい!と思って
演歌のレッスンを始めたのはその後のことでした。

2004年開催のNHKのど自慢大会では
チャンピオンになるという快挙を達成!

そのあと、25歳で上京し、修行期間を経て
いよいよ演歌歌手としての道が開かれることになります。

歌った曲がオリコン演歌歌手チャート一位を記録するなど
その才能を発揮し始めます。

その傍らで、故郷の高知市から
「よさこい親善大使」に選ばれるなど
文化的な方面でも活躍しています。

三山ひろしさんの歌声は?動画でチェック

そんな三山ひろしさんの歌声!

伸び渡る美しいボイスと
透き通るような声のハリがポイントです。

人々に元気を与えるその声は
なんと「ビタミンボイス」と呼ばれるほど!

というわけで、こちらの動画で
耳からビタミンを摂取してください!

 

 

スポンサーリンク

三山ひろしさんの新曲は?

そんな三山ひろしさんの新曲は、
「いごっそ魂」です。

1月10日発売。

CDショップに行くのが大変だという方は
こちらからどうぞ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いごっそ魂/立山連峰 (Type-A) [ 三山ひろし ]
価格:1300円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)

 

 

三山ひろしさんの魅力が
耳からビシバシと感じ取れます。

聞いたあと元気になるような
だけどどこか切ない、そんなナンバーです。

 

聞き終わったあと、元気になる感じがします。

体が軽くなったような。

これがビタミンボイスの力でしょうか…!?

 

三山ひろしさんの生歌が聞けるコンサートはいつ?

そんな三山ひろしさんの生歌ですが
2018年1/24から5/11までの間で
コンサートツアーを実施しています。

三山ひろしさんのビタミンボイスで
癒やされたい、励まされたい方は
ぜひチェックしてみてください!

得意のけん玉が披露されるかもしれませんよ!

まとめ:三山ひろしのプロフィール!新曲の動画・歌のコンサート情報をまとめ

演歌歌手の三山ひろしさんの情報についてまとめていきました。

伸び渡る美しいボイスで
聞いたものの心に元気と勇気と癒しを与える
天から与えられたビタミンボイス。

その才能を余すところなく発揮して
今日も三山ひろしさんは演歌を高らかに歌い上げます。

そんな三山ひろしさんも、実は二児の父親。

子どもたちも音楽の道を進むことになるのでしょうか?

さておき、三山ひろしさんの今後の活躍にも期待が集まります。

ぜひ、これからもテレビ出演するなど
活躍の舞台を広げてほしいなあ、などと思いました。

それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

-芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ