北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

未分類

ヘッドハンター原作電子書籍は?ネタバレもあり?  

投稿日:

4月16日、月曜日22時から始まる
「ヘッドハンター」

「働く」をテーマにしたテレビ東京の
新しい挑戦のドラマです。

ヘッドハンティングをしていく内容のドラマですが、
ドラマ「ヘッドハンター」には
原作や電子書籍があるのでしょうか?

また、原作や電子書籍があるのなら
ネタバレなどもしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヘッドハンター 原作 電子書籍 ネタバレ

テレビ東京の得意とする「経済・ビジネス」と「ドラマ」
この二つを合わせて新革されるビジネスドラマ「ドラマBiz」

働く人々を切り口に、「大人」が見られる上質なドラマをとのことで、
第一弾はヘッドハンティングをする異端児が
主役の「ヘッドハンター」の気になる原作は?

実はこの「ヘッドハンター」は、
テレビ東京の新枠ドラマ第一弾のために、
脚本家である林宏司さんが書き下ろしていく
完全オリジナルなストーリーとなっています。

林宏司さんといえば、2000年「涙をふいて」で
脚本家デビューをしており、かなり専門的な分野を
つきつめて書くことを得意としている脚本家です。

「専門的な分野を得意とする」とは…。

林宏司さんの代表作をみていくと、

「救命病棟24時 第2シリーズ」

「ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜」

「離婚弁護士シリーズ」

「医龍-Team Medical Dragon-シリーズ」

「ハゲタカ」

「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-、2nd season」

「BOSSシリーズ」

といった医療や弁護士物といった
かなりの知識が必要なものです。

こうしてみてみると、かなり見ごたえがあり、
大人向けの上質なドラマになりそうな予感はしますね。

スポンサーリンク

ヘッドハンターの原作は?

「ヘッドハンター」の原作前述しているように
完全オリジナルの書きおろしの物語になります。

脚本家である林宏司さんは専門知識を必要とする
物語を得意とし、書くことで有名です。

アメリカなどでは転職はステップアップの
ためにするものとされており、
日本のようにマイナスなイメージはあまりありません。

現代の日本においては、
まだまだヘッドハンティングといった文化は
重役クラスではあっても、エンジニアや中間管理職などには
浸透していないものです。

そのヘッドハンティングを
脚本家、林宏司さんがどのように物語を
展開していくのかとても楽しみです。

ドラマ「ヘッドハンター」のあらすじによると、
どんな困難な案件でも成功させる強引なヘッドハンター、
黒澤の経歴や灰谷との関係性が謎の設定ですので気になりますね。

また、黒澤の奥底の根深い部分やキャスト全員に
何かしら闇を抱えているように思われますので、
そういった部分もどのように描かれていくのか、
ヘッドハントされる「対象者」がどのような心理状況なのか
とても興味深い内容になるのは間違いないと
いえるのではないでしょいうか。

スポンサーリンク

ヘッドハンターの原作はあるの?電子書籍は?

「ヘッドハンター」の原作や電子書籍は
現在の段階ではありません。

もし、このドラマ「ヘッドハンター」の反応が良かったり、
内容が非常に濃いものであれば、
放送後に書籍化されるの可能性は大いにあるといえます。

書籍化されるのを期待したいですし、
期待のできる内容のドラマとなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ヘッドハンターのネタバレは?

残念ながら、「ヘッドハンター」は完全オリジナルで、
脚本家の林宏司さんが書き下ろしていくため、現在の段階では、
第1話のあらすじのみしかわかりません。

視聴者のニーズや視聴率によって内容が
左右されるのではないでしょうか…。

回を重ねるごとにわかるであろう黒澤の過去や
灰谷との関係性は必見ですし、
演技はのキャストばかりなので感情の起伏などを
どういった演技で私たち視聴者に魅せてくれるのか
楽しみでなりません。

-未分類

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ