芸能人・女優・俳優

ジュンスカ宮田和弥のエピソード集。ライブのかつら説に、嫁や息子は…?

投稿日:2018年2月25日 更新日:

ジュンスカ宮田和弥
インタビューで答えたことが
世間での注目を集めています。

そんなジュンスカ宮田和弥さんの
エピソードの数々を
インタビューの内容に沿いながら
取り上げてみたいと思います。

なんと…かつら説がライブで浮上?
その真相は…

スポンサーリンク

ジュンスカ宮田和弥のエピソード集

宮田和弥さんは
ジュンスカで活動を初めて以来
そのストイックなボーカルで
多くの名曲を奏でました。

いい曲はたくさんあり
ファンからの人気も
とても根強いです。

なかでも「歩いていこう」は
ファンの推すことの多い
スルメ曲。

聞けば聞くほど味が出る
年をとるほど
そのシンプルな中に
隠された奥深い前向きさに
元気と勇気をもらう曲だという
そんなファンの声も上がります。

ブルーハーツ時代の伝説に
比肩するバンドとして
「歩いていこう」
以外にも「PARADE」や
「さらば愛しき危険たちよ」
といった
様々な名曲を
夜に送り出してきました。

ユニコーンと言った大御所とも
NHKのクリスマス特番で
共演。
雨上がりや
マイシャローナと言った
名曲を歌い上げました。

そんなジュンスカは
ある世代のファンにとっては
「自分にとっての青春」
とまで呼ばれるほど
大きな存在感を放ったバンドでした。

中には、中学時代の自分には
ジュンスカが全てだった
という声も上がります。

熱狂的に愛された
そのパフォーマンスと
シンプルなメロディーと
キャッチーでありながらも普遍的なメッセージ
の込められた世界観の歌詞は
当時の多くの若者を
虜にする
そんな魅力が輝いていました。

学生時代の思い出に
寄り添うメロディーとして
今でも多く名前が上がるのが
「風見鶏」です。

いまでもジュンスカに

根強いファンは本当にたくさんいます。

スポンサーリンク

ジュンスカ宮田和弥はかつら?

一時期、その宮田和弥さんは

かつらではないか?

という噂がファンの間で上がりました。

 

というのも、当時はボサボサの髪を

真ん中分けにするという

一風う変わった髪型で

そのチェンジに

かつら説が流れたのだとか。

 

とはいえ、これについては

宮田和弥さんは

自身のブログで否定しています。

何の話からだったかこんなMCも
和『あのね~何でか分かんないんだけど 宮田和弥で検索すると
「宮田和弥 カツラ」って出てくるんだよ!』
`;:゙;`;:゙;`(;゚;艸;゚;)ブーッ!!
和『カツラじゃないよ!』
と念を押しながら髪の毛を引っ張って見せる和弥www
きっと昔のボンバーヘアew icon s231 - ジュンスカ宮田和弥のエピソード集。ライブのかつら説に、嫁や息子は…?が絡んでるんだろうね~((●≧艸≦)プププッ
#宮田和弥さん公式ブログより

嫁や息子さんは

気が気でなかったかもしれません…

 

特に息子さんは…笑

ジュンスカ宮田和弥、インタビューにファンの声が

 

そんな、ジュンスカ宮田和弥さんの

インタビューに

ファンの声が多数寄せられました。

中学から超がつくほどのファンです。小林雅之さんがいなければおそらく再結成は難しかっただろうし、小林雅之さんの苦労と願いが3人を繋げることが出来たんだと思います。あと、寺岡呼人さんが加入した時から呼人さんは小林雅之さんを慕っていてライブビデオとかでのオフショットでそれが垣間見えるシーンがたくさんありました。寺岡呼人さんだけでなくほかの二人も小林雅之さんには心許せる優しさがあるんだと思います。40過ぎのオヤジになりましたがジャンスカの歌はいつ聞いても色あせることなく飽きません。

私も記事中に出てきた「雨上がりの夜空に」をジュンスカで初めて聞いた一人です!たしかユニコーンとのコラボだったと思いますが、カッコよくて撃ち抜かれました!
その話をよく主人に話していたので、同じように感じてた人の話が出てきてびっくり&嬉しい!!

ホコ天を代表するバンドですよね。
歩いていこうとか、今聞いても励まされますもん。

♪ジャーンジャーンジャーンジャーンジャーン
ガガがガガガガがが~
歌詞ど忘れ(笑)

いや、でも、イントロから、当時その曲にこもった熱い気持ちを思い出します。

白いクリスマス~Aha~♪や
素敵な夜空も良いですよね。

宮田さんとアイドルの勇直子さんが結婚されたのには驚きました。

あの頃は、ザ、ブームの宮さんもホコ天で歌っていて
何かのイベントを大学の卒業式で少し遅刻したという、音楽雑誌の記事が印象に残っています。

当時はランキングにはXもいたし、B’zも、もちろんBUCK-TICK、バンドの戦国時代のようでした。

他にもレピッシュ、ミンクス、クスクス、ピーズとか、たくさんバンドがいましたね。
今ちょっと、ハッピーマンを歌っていたバンドが思い出せないです。

風見鶏とか、声が無くなるまで、とか
ガラスの街とか、、後期でもHAPPY BIRTHDAY MOON とかさらば愛しき…とか今聴いても素晴らしい曲はたくさんあると思います。
音楽をやり続けること、やり続けられること、、叶わない人も沢山いますし、
とても大事なことだと思います。
是非いつまでも歌い続けて欲しいな~、と思います!!

中学時代 ジュンスカが全てでした。

声がなくなるまで
すてきな夜空
言葉につまる

名曲沢山あります!いまの学生に聞いて欲しい!
カセットで何度も聞いて 何度も泣いて
何度も救ってもらいました。

少ないお小遣いを コンサートに行くために貯めて友達と行きました。
コンサートが終わると 会場の階段で感極まって毎回泣きました。
あんなに熱狂的に好きになったのは
ジュンスカだけです。

これからも頑張ってください!

ヤフーコメントより

 

熱く心のこもった応援が

今でもたくさん届くジュンスカ。

 

これからも、その熱い魂を

歌い続けてほしいです。

-芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ