芸能人・女優・俳優

ジャルジャル 魅力の動画集!後藤・福徳のネタがM-1で話題に!

投稿日:2018年3月24日 更新日:

ジャルジャル 魅力は、後藤・福徳のネタづくりにあります!

M-1の動画が話題になってから、ネットでも人気爆発!

その様子をダイジェストで見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ジャルジャル 魅力が分かる動画

 

くっだらねー…笑

けど笑ってしまう…

 

 

 

 

 

ジャルジャルの魅力…そのプロフィールとは?

出会いは同じ高校のラグビー部。当初はほとんど話すこともなかったが、福徳が練習中に鎖骨を骨折し、一番暇そうだった後藤が病院に付き添うことになった。この機を境に二人は仲良くなる[3]。ベッドで寝込んでいた福徳が急に吐き気を催し嘔吐してしまった瞬間、後藤は汚してはいけないと思い吐瀉物をサッと手で受け止めたという[10]。

共に大阪NSC25期生。NSCに入るかどうか迷っていた後藤に「やろう」と誘ったのは福徳だが、その数ヶ月後福徳が不安になり「やめようか」と言った時に「やろう言うたやんけ」と後藤が止めた[11]。コンビ名の由来は、後藤の家で電気を消して寝転がりながらコンビ名を考えている時に、自然な流れで「ジャルジャル」と「ジャルジョロ」が生まれ、最終的に「ジャルジャル」に決定した。略称にJAL(ジャル)を用いている日本航空グループと関係はないが、営業などの掴みとして、適当な作り話に「2人とも親がパイロットやったからですよ〜嘘ですけど」や「蛇口から水が出ていた」などがある[12]。

2015年11月、レスリー・キー撮影のヌード写真集「SUPER JARU JARU」を発売。同年春に発売予定だったが、福徳の肛門のシワが写っており、印刷し直したため発売が半年後ろ倒しとなった。後藤は発売記念イベントで「(パンツを)はいてませんし肛門を見せているので、安心できません」と語り、福徳も「レスリーさんにチンコを触られた」と告白した[13]。

2016年11月28日、放送作家の倉本美津留、アーティストの福山芳樹と結成した音楽ユニット「モジャモジャルジャル」がオリジナルソング集『ジャル歌全集』を配信開始[14]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AB

そんな破天荒なエピソードから始まったジャルジャルの二人。

メンバーの後藤・福徳のプロフィールはこちらです。

スポンサーリンク

ジャルジャル 魅力…の後藤・福徳のプロフィールとは?

後藤 淳平 (ごとう じゅんぺい、 1984年3月20日(34歳) – )
ボケ・ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。
身長177cm、体重65kg、血液型AB型。大阪府吹田市出身。吹田市立西山田中学校、関西大学第一高等学校、関西大学経済学部卒業。[1]
中学時代は卓球吹田選抜
田村裕(麒麟)と小・中学校が同じ。
吉本男前ランキング2011年度9位。
よしもとオシャレ芸人ランキング2010年度男性部門1位。
ザ・ビートルズファンを公言している[2]。好きな言葉は『A Hard Day’s Night』(忙しい夜)で、これはビートルズの曲のタイトル(邦題:『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』)でもある[3]。
3人姉弟の長兄。弟と妹がそれぞれ1人ずついる[4]。父親は吹田市長の後藤圭二[5]。
2011年に結婚。相手は約2年半前から交際していた元ボイストレーナーで、同年5月5日に婚姻届を提出[6]。2013年3月に第1子が誕生。2014年9月に第2子が誕生。

福徳 秀介(ふくとく しゅうすけ、 1983年10月5日(34歳) – )
ボケ・ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。
身長176cm、体重65kg、血液型O型。兵庫県芦屋市出身。芦屋市立山手中学校、関西大学第一高等学校、関西大学文学部卒業。[7]
大学時代の同じゼミにやない由紀がいた。
生後10カ月から5年間ロサンゼルスで過ごした帰国子女[4]。
「ラブ」という名前の犬(ラブラドール・レトリバー)を飼っていた[4]。
芸人になろうと影響を受けたのはナインティナインの矢部浩之[8]。
好きな言葉はブルース・リー主演の映画『燃えよドラゴン』の冒頭で登場するセリフ『Don’t think. Feel』(考えるな。感じろ)[3]。
実家は芦屋市の山奥にあり、とても広いが古いため、所々ガタがきている所がある。芦屋にある実家の福徳の部屋は地下にあり、小さいサウナもある。リビングには小さい暖炉もあるが今は使っていないとのこと[9]。
4人姉弟の末弟。双子の姉や兄がいる。高校時代、歯科医だった父親を交通事故で亡くしている。その後、兄姉が相次いで独立し、福徳自身が実家を出てしまうと母親が一人になるため、東京へ進出後も長らく実家暮らしをしていた。東京に住まいを借りた現在でも、仕事で大阪に来た時には必ず実家に帰っている[9]。

 

大人気沸騰中のジャルジャル!

是非一度見てみてください!

-芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ