人物分析・パーソナリティー 心理学・哲学

サポータータイプの特徴20個と適職76個、わかりやすく徹底的に解説

投稿日:2017年12月23日 更新日:

この記事には、サポータータイプの人に合った職業とその理由、

また、サポータータイプの特徴を徹底的にまとめています。

 

もしもあなたがサポータータイプで、

今の仕事にやりがいのなさを感じていたり、

転職を考えているなら、

この記事が絶対に役に立ちます。

 

この記事で、サポータータイプの方に

あった生き方やあっている仕事、そして、

「どうしてそれがあっているといえるのか」

という理由付きでリストアップしてあります。

 

私のカウンセラーとしての経験のすべてを振り絞って、

「人のためになるのが好きな人」に向けて

全力ですべてまとめました。

 

また、サポータータイプの人が気をつけることや、

対人関係について、徹底的に解説しています。

 

サポータータイプに当てはまる人は

是非最後まで読んで下さい。

→無料で自分のタイプを診断したい人は、こちらから見てください。

スポンサーリンク

サポータータイプの適職はこの5分野!

 

まずは、サポータータイプの人に合っている業界・分野をお伝えします。

①医療関係
②福祉関係・公務員
③教育・公共サービス
④企業人(人事や営業)
⑤コーチ・セラピスト・カウンセラー

 

その理由は、サポータータイプが

「人との関わり」を何よりも大切にしているからです。

 

サポータータイプの合っている仕事は、二つの基準があります。

 

それは…

①人と関わること、誰かをサポートすること

②人から感謝されること

この二つです。

 

サポータータイプの特徴

 

サポータータイプの人にとって、

仕事の成果や能力は、あくまでも

人から感謝・信頼してもらうための「手段」です。

 

だからこそ、関わった人が反応し、

好意を向けてもらえるような仕事こそが、サポータータイプの天職です。

 

人と関わる最前線に出ていき、精一杯心から尽くせる仕事こそが、

サポータータイプにとっての「天職」といえます。

 

いちばん大事なのは、仕事の内容よりも、「人間関係」です。

サポータータイプの人は、人が好きで、人懐っこい性格の人が多いです。

気配り上手なので周囲からも愛されるでしょう。

自己主張は控えめです。

リーダーや、組織を力強く引っ張っていくことには向いていません。

 

サポータータイプに当てはまる20のポイント

□人を援助することを好む
□暖かく、穏やか
□協調性が高い
□計画や目標設定にはあまり関心がない
□決断を迫られるのは苦手
□人の心を察するのが得意
□直感的に物事を決める
□感情にもとづいて判断する
□危険なことや、リスクを冒すのは苦手
□人との関係が何よりも大事
□他者の気持ちに敏感
□親密な人間関係を築く
□人の期待に答えるような行動を取る
□人の心を求める
□気配りがある
□対立を避ける
□人とのつながりを大切にする
□ノーと言えない
□無意識に相手からの感謝や愛情を求める
□常に関心をもたれたい

なので、これらに当てはまる職業を選んでいくことが
サポータータイプが天職を見つける近道です。

それでは、どういう分野に向いているのか、
サポータータイプの就職の事例を見ていきましょう。

サポータータイプのあなたにあった仕事が、
必ず見つかるはずです。

 

サポータータイプにあった仕事76選

 

会社員なら…

【1】秘書

社長を支える仕事。

誰かを支えるサポータータイプには、ぴったりの仕事です。

 

【2】小売業

密なやり取りから、顔が見える商売をするのが小売業。

お客様との親密なつながりが、

サポータータイプの人にはやりがいを感じられるはず。

 

【3】販売業

人との関わりの中で何かを売るのが販売業です。

サポータータイプの人の人懐っこさは、

強力なセールスの武器になります。

長期間、お客様と密に関わってファンを作りましょう。

 

【4】接客業

訪れた人をもてなし、接待する接客業。

サポータータイプの人の親切さは、

お客様を魅了することでしょう。

 

【5】旅行代理店
お客様の大切な人生の思い出を助け、

支えるのが旅行代理店の仕事です。

お客様の思い出を大切に感じられるのが

サポータータイプの人の強み。

サービスしたのが良い旅行なら、大いに感謝されるでしょう。

 

【6】キャビアアテンダント

飛行機の上でお客様に心からサービスを尽くす仕事。

お客様に尽くす、空のサポーター。

まさにサポータータイプの人の天職でしょう。

 

【7】保険代理業

お客様にとって本当に必要な保険のプランを

寄り添って考えるのが、この保険代理業。

お客様とマンツーマンで寄り添える、

サポータータイプの人の力が発揮される職業です。

 

【8】総務

会社の心臓とも言える、総務。

会社の仲間一人ひとりとつながり、

人と人をつなぐのが、サポータータイプの人の本領発揮です。

 

【9】広報

会社のサービスを、広く世に知らしめるのが広報。

多くの人に喜びと影響を与える、

サポータータイプの人の強みが活かされるポジションです。

 

【10】受付

会社の受付や、お客様への対応など。

サポータータイプの人当たりの良さは、

会社の代表としていい印象をお客様に与えることでしょう。

 

【11】経理

会社の利益を預かり、多くの人と関わりをもつのが経理。

サポータータイプの人の親切な細やかさが、

「気が利く経理」として活躍できることになります。

 

【12】人事
採用やマネジメントや、福利厚生など、

人の仕事ができる環境を支えるのが人事の仕事です。

やはり人に関わるのが好きでないと務まらないのが人事です。

それこそ、サポータータイプの人の、最も得意とすることでしょう。

 

【13】マネージャー

部下が仕事しやすい環境づくりを支えるのがマネージャーです。

一人ひとりの部下の気持ちやモチベーションに敏感な、

良い上司になれるでしょう。

 

【14】電話セールス

電話越しに、自社のサービスを提案するのが電話セールス。

サポータータイプの人は、

声のトーンや言葉遣いから相手の気持を汲み取ることに長けています。

 

【15】コールセンター

お客様の悩みを、電話の向こうから解決する仕事です。

サポータータイプの親切さが発揮される場所です。

 

【16】小売経営店

地域のみんなとのつながりが持てる小売経営店は、

サポータータイプの人にとってはやりがいに感じられるはずです。

 

【17】経営コンサルタント

会社の売上を一緒にあげようとして、

社長と一心同体で経営に取り組むのが経営コンサルタントです。

会社や仲間に対して親切になれるのが強み。

コンサルタントとして愛されるポイントです。

 

【18】カスタマーサポート

電話やメールの向こうの、困ったお客様に親切に対応する、

面倒見の良さが求められる仕事。

相手の気持に立てるサポーターには向いている仕事です。

 

【19】不動産仲介

不動産の紹介・仲介をする仕事です。

大きな買い物だからこそ、好きな営業マンから買いたいと思うものです。

人としっかりつながれるサポータータイプの人は、

お客様から好感や信頼を得られるはずです。

・医療・福祉関係者なら…

【20】医師

医療知識・技術を駆使して、人命を救い、人の命を守る仕事。

患者さんを絶対に治してあげたい…そんな思いを持てる仕事は、

サポータータイプにとっては間違いなく天職の一つでしょう。

 

【21】言語聴覚士

言語や聴覚の障害治療に携わる言語聴覚士。

一人一人の状況や心情にしっかり寄り添いながら、

一緒に治療を目指すのは、サポータータイプのやりがいのある仕事です。

 

【22】福祉系

社会的に困っている人や貧しい人のために、

親身になることが求められる職業。

まさにサポータータイプの土俵です。

ケアワーカーと呼ばれる介護福祉士もおすすめです。

 

【23】カウンセラー

クライアントの心の悩みに真剣に向き合うのがカウンセラー。

この仕事には、親切なサポータータイプが必要とされています。

 

【24】ホームヘルパー

困っている人の家に出かけて、

親身になって尽くすホームヘルパーは、

介護・福祉における最前線。

人に対する愛情や情熱がないと出来ないこの仕事こそ、

サポータータイプの真骨頂と言えるでしょう。

 

【25】ケアマネジャー

介護保険制度を利用して、

人の自立を二人三脚で支援するのがこのケアマネージャー。

人の人生に対する真剣さと情熱が必要ですが、

感謝されたときのやりがいは、

サポータータイプの人にはかけがえのないものになるでしょう。

 

【26】チャイルドマインダー

人から信頼されて、大切な子供を預かる

チャイルドマインダーは、

サポータータイプにはうってつけでしょう。

家庭的保育のスペシャリスト。

保育士と違い民間資格で、取りやすい資格ですが、

将来性のある資格です。

 

【27】看護師

患者さん一人ひとりに寄り添う仕事です。

患者と近い看護師は、時に医師よりも心の拠り所となる存在です。

楽な仕事ではないですが、サポータータイプの人には

尊いやりがいを感じられる職業でもあるでしょう。

 

【28】作業療法士

身体のリハビリテーションを親身にお手伝いする職業が、

この作業療法士です。

また、心の問題にも関わるので、

サポーターイプの共感力も発揮される職業です。

 

【29】児童福祉司

児童相談所の相談員。

親子の人生に関わる、親切さと愛情深さが求めらる職業です。

 

【30】獣医

ペットと、その親が幸せに生きられるように力を尽くすのが獣医です。

なるのは決して楽ではありませんが、

本当に感謝される職業の一つであることは間違いありません。

 

【31】歯科衛生士

歯に関わる悩みを親身にケアするのが、この歯科衛生士の仕事。

人の生活に関わる、とてもやりがいのある職業です。

 

【32】理学療法士

健康な生活に戻るためにリハビリに苦しむ人を支える仕事。

障害を負った方にとっては、まさに光となるのが、この理学療法士です。

専門知識だけではなく、本物の人間愛が必要となるお仕事です。

 

【33】保健師

地域の健康環境改善・保健指導を通じ、

多くの人の健康な人生を支える、とてもやりがいのある仕事です。

特にサポータータイプの親切さが、

多くの人からの信頼と感謝につながるでしょう。

 

【34】栄養士・管理栄養士

人が生きていくために必要な

衣・食・住のうちの一つ「食」に、

密接に関わっていく仕事です。

相手に対する真剣さが求められる仕事です。

 

【35】医療事務

医療知識や会計の力も必要ですが、

患者さんへの対応もたくさん求められる仕事です。

高い対人スキルが求められる医療事務は、サポータータイプが求められます。

 

【36】薬剤師

薬の専門知識だけではなく、

病気の人に対する優しい対応も必要となるのが薬剤師です。

サポータータイプの親切な薬の解説は、

病気になった人の心には優しく染み渡るでしょう。

 

【37】臨床検査技師

患者さんのどこが痛いのか、

どのような怪我なのかを検査する仕事です。

 

【38】臨床工学技師

慎重な操作が求められる医療機器の操作を担当する仕事です。

患者さんへの思いやりが求められます。

 

【39】ホスピス職員

死期の近い患者さんのターミナルケア(終末医療)を支える職業です。

これについては、もはやサポーターの資質がなければ

決して務まり得ない職業と言えるでしょう。

 

【40】歯科医

人の健康に関わる重要な器官である「歯」。

それを守るのが歯科医の仕事です。

 

【41】歯科技工士

何らかの事情で歯が欠損した方向けに、

補填する替歯を作ったりしてケアする仕事です。

人々の何気ない生活を守る「歯」という体の一部を作り出す、

極めて貢献度の高い仕事です。

 

【42】作業療法士

何気ない日々の日常の作業を、

心身のケアに変えていくのが作業療法士の仕事です。

心身を痛めた人に心から寄り添う誇り高い仕事です。

 

【43】鍼灸師

心身のケアをする、東洋医学の治療家。

西洋医学とは異なるアプローチから、人々の健康を支える仕事です。

 

【44】マッサージ師

相手の体に触れながら、安らがせたり疲れを取り除く職業です。

 

【45】整体師

健康の基礎でもある、相手の体の歪みを矯正することで、

お客様が健康な生活を暮らす土台となる体をマネジメントする仕事です。

 

【46】ベビーシッター、

大切な赤ん坊や幼児のお世話をする、責任とやりがいのある仕事です。

 

【47】医療機器・医薬品販売

人々の健康と人生に直結する医療機器や医療品…

誰かに貢献したいと願うサポーターの資質があるからこそ

務まる職業であるといえます。

 

教育分野・公共関係なら…

 

【48】教師

大人の言葉というものは、成長途上の子供に対して絶大な影響を与えます。

だからこそ、利他の思いのあるサポータータイプの教育者は、

子供の人生を照らす光にもなり得るでしょう。

 

【49】保育士

多感で感性豊かな子どもたちと関わるのは、

サポータータイプが最も適役です。

情操教育に最も重要な時期を預かる保育士は、

人の人生に大きく関わる仕事です。

 

【50】インストラクター

主にスポーツや芸能関係で、

ある能力を身につけることに特化した先生です。

サポータータイプの人は生徒の状況に共感しながら、

密な手助けができるでしょう。

 

【51】特別支援学校の職員

心身に事情を負った生徒の教育・支援を行う仕事です。

信念あるサポーターでこそ勤まる仕事でしょう。

 

【52】パソコン教室の先生

パソコンに困る生徒さんにとっては、

親切なサポータータイプの先生の存在は

とても安心感と信頼感を持って見られることでしょう。

 

【53】塾講師

学習塾の先生です。

親身なサポータータイプは生徒から好かれることになるでしょう。

 

【54】スポーツトレーナー

生徒が怪我しないように、

最大限の効果を発揮できるように指導するのがスポーツトレーナーです。

 

【55】地方公務員

地域社会のために大きな責任を果たしながら

人々のために生きる仕事です。

 

【56】国家公務員

国家において必要不可欠な、様々な仕事を担う立場は、

思いやりのあるサポータータイプだからこそ務まる職業です。

 

【57】消防士

災禍を前に、命をかけて人命救助に向かう、

人の命を救う勇敢な仕事です。

 

【58】社会福祉士

社会的に困窮している人に寄り添い、

生きる場所を共に見出すのが社会福祉士です。

 

【59】警察官

人々を犯罪の恐怖から守り、

道に迷う人に方向を示す、大切な仕事です。

 

芸能・芸術関係なら…

 

【60】美容師・理容師

お客様の魅力を自分の技量と思いやりで、美しく輝かせる職業です。

 

【61】メイクアップアーティスト

ドラマの撮影や結婚式など、人生のここ一番!

で人を輝かせるのが仕事です。

 

【62】ネイリスト

女の子の指先の楽しみを、密やかに、かつ華やかに支えるのが仕事です。

 

【63】アパレル系
美しく有りたいという女性、

強く見られたいと行った男性などの外見的な願いに、

「なりたい自分になる」という願いに対して、

服飾で答えるという仕事です。

 

【64】インテリアコーディネーター

人が住む空間を親身にアレンジするのが仕事です。

 

【65】芸術家

表現を通じて、人に大事なテーマを伝えるのが芸術家の仕事です。

 

【66】ジャーナリスト

現代を生きる人々に、質の高い情報を伝えるのが、

ジャーナリストという職業です。

 

【67】タレント

様々な表現方法で、多くの人に対して影響を与えるのが

タレントという仕事です。

 

【68】ライター

情報をまとめたり、人々に有益な知見を提供する、

とてもやりがいのある仕事です。

 

その他には…

 

【69】ヘルプデスク・カスタマーサポート

ユーザーの「困った」に一番近くで対処する仕事です。

 

【70】僧侶/住職・神父/牧師

人々に、宗教という形で救いを与える、人に光を与える仕事です。

 

【71】大工

人が住む空間を作る職業。

安全性への配慮など、住む人に対する配慮と

高い職業信念が必要となる仕事です。

 

【72】調理師

人に「食」を通じて喜びを与える仕事です。

 

【73】政治家

多くの人の願いや、権力をコントロールして、

一人でも多くの人が幸せになれる道を模索するのが政治家の努めです。

 

【74】弁護士

法律の争いにおいて、依頼人の権利を主張し、

守るのが弁護士の努めです。

 

【75】NPO/NGOスタッフ

世界に素晴らしい貢献をする、様々な世の中の活動に、

最前線で参画するのがこの仕事です。

 

【76】専業主婦/主夫

たった一人の愛する人や、大事な家族を思いやり、

家庭を守るのも、大いに誇り高い役割です。

スポンサーリンク

そんなサポーターにおすすめの資格は…

国家公務員
看護師
キャリアカウンセラー
サービス介助士
ホームヘルパー
セラピスト
臨床心理士

など……

 

人のケアや、悩み、心の問題に関わる資格が

サポーター向きであるといえます。

 

サポータータイプの特徴20個と適職76個、わかりやすく徹底的に解説のまとめ

 

①医療関係
②福祉関係・公務員
③教育・公共サービス
④企業人(人事や営業)
⑤コーチ・セラピスト・カウンセラー

これが、サポータータイプの人が本当に求められている業界です。

 

人の愛情が貧しくなっているこの世で、

サポータータイプの温かな思いやりは

多くの人の心を癒やし、勇気づけることになるでしょう。

 

IT化・機械化・自動化が進む世の中で、

これからも残る仕事は

「医療」や「福祉」といった、機械の力では解決できない

「ケア」の分野であると言われています。

 

そんな時代にこそ、サポータータイプの最大の強みである、

「人への寄り添い」が求められることになるでしょう。

 

人のことを本当に思いやれるサポータータイプの人は、

人間としてとても大切なものを持っている人たちです。

 

誇りと自信を持って、仕事を選んでください。

 

長文をここまで読んでくださり、ありがとうございました。

-人物分析・パーソナリティー, 心理学・哲学

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ