アニメ・ゲーム・マンガ

ゲゲゲの鬼太郎新作!野沢雅子さん目玉おやじ役に困惑の声多数…

投稿日:2018年1月19日 更新日:

ゲゲゲの鬼太郎が
新作アニメーションとして登場することになりました。

今年4月からフジテレビから放映されます。

原作者の水木しげる氏が無くなって以降の
アニメーションとして次に原作を引き受ける
脚本家には思いプレッシャーがかかります。

そんなゲゲゲの鬼太郎の新作アニメに際して

深い議論が繰り広げられていました……。

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎新作について

 

かつて子どもたちの間で
妖怪ブームという一時代を築き上げた
ゲゲゲの鬼太郎。

このゲゲゲの鬼太郎が子どもたちの間で
話題になれば
「妖怪ウォッチ」あたりもまた
台頭してくる可能性もありますね。

さて、そんなゲゲゲの鬼太郎新作ですが
「欲望まみれのユーチューバー」や
「ブラック企業の社長」など
いかにも「旬のネタ」を取り揃えた
現代的な人間の闇を描く作品となっているようです。

欲望まみれのユーチューバーといえば……
残念ながら、色々思いあたる人物はたくさんいますが……。

誰がモデルになるのでしょうか。
日本人でしょうか。
それとも、先日富士山の麓の動画で話題になった
あの外国人青年でしょうか。

そんなゲゲゲの鬼太郎新作について
“二代目”目玉おやじ役に野沢雅子が決定しました。

ネット上の反応は色々です。

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎新作・野沢さん起用にネットの声は。

元鬼太郎役の野沢さん起用に戸惑いの声

50周年記念は判るけど、野沢さんは元気な方ではあるがもっと若い方にやって貰った方が良いような気がするけどなぁ。ましてや昔は鬼太郎役やってたと思うし?

これは楽しみですが、野沢さんは昔、鬼太郎の声をやっていたので
往年のファンには違和感があるかもね。

演技力もあるとは思うけど、もう、野沢さんの声は食傷気味。
別の方のほうがよかった。

てか野沢雅子さんってムカシ鬼太郎の声やってなかった?
今は知らないけど

新しく作るなら
若い声優さんにやってもらうほうがいいと思う

もう少し若い者に頑張ってもらいたい

野沢氏を起用するなら
重要な単発キャラとかがいいと思う

このように、もともと鬼太郎を演じていた

野沢さんをあえて別の配役で使うことについての

戸惑いの声が出ています。

 

 

 

もしかすると、オールドファンを取り込む

話題作りとしてこの配役を狙ったのかもしれませんね。

 

野沢さん起用に期待の声

かつて「父さん!」と言っていた鬼太郎が、今度は「おい!鬼太郎!」と言うわけか~。
こういうキャスティングは、オールドファンとしては嬉しいですね。
みゆきちの鬼太郎も期待してます!

スポンサーリンク

妖怪ウォッチとのカラミも視野に?

劇場版妖怪ウォッチにゲゲゲの鬼太郎のキャラクターが出演したから逆に妖怪ウォッチのキャラクターがゲスト出演したら面白いと思いますね。猫娘は第5シリーズから更に大人の女性っぽい感じになりましたね。

 

妖怪つながりで、

同じく一世を風靡した妖怪ウォッチとのタイアップもあると

大いに盛り上がりそうですね。

 

また、劇場版妖怪ウォッチに

ゲゲゲの鬼太郎キャラが出演した実績はあるので

可能性は十分に有り得そうです。

ゲゲゲの鬼太郎も妖怪ウォッチのファンも

取り込めるので積極的に出演させてくるかもしれませんね。

 

声優業界そのものを心配する声も

大御所もいいけど、若手にもやれる人居るでしょう。映画でも話題性優先でお笑い芸人や一般芸能人を起用したりすることあるけど、若手(~中堅)の専業声優にもチャンスというか仕事を回さないと。それに言いにくいがまたすぐ声が変わることに・・・

みゆきちが5代目の鬼太郎なのはいいが、野沢さん、田中さん、古川さんとドラゴンボール超のキャストがそのままだね。
もう少し若い中堅世代でも良かった気がするが、そこはやはり東映作品に青二は欠かせないってことか。

野沢雅子さんも、あと何年演じられるのか心配です。声優の高齢化と定番キャラクター役の後継者問題は、もっと早くに論じられるべきでは?

こういう言い方するのもなんだけど、また東映の悪い癖が出てるな。
記念だからというのは解るけど、無理に過去作の声優を起用しなくていいと思う。
しかも、悟空とピッコロとクリリンなんて狙い過ぎでしょ。

声優業界そのものの先行きを案ずるコメントも多々見られました。

 

確かに、声優という仕事は

声が出る限り一生続く仕事ですが

だからこそ、移り変わりが少ない業界だともいえます。

 

特に、テレビの放映枠が決まっている以上は

同時期に作られるアニメの数は決まっています。

そうなると、数多い声優たちが

少ないアニメの枠を取り合う形にどうしてもなってしまい

後進が育たないという構図ができあがってしまいます。

 

また、アニメ側も、使うなら大物声優を起用したいという

思いから、ますます声優の発掘が困難になります。

 

今後、Web配信のアニメなどが増えれば

この問題も解決するのでしょうか。

 

その他、いろいろなコメント

原作の「ヒーローなのに報われない」部分、
「ヒーローもカネが要るし腹も減る」部分が
抜け落ちてるからなあ。

アニメは美化しすぎ。

野沢さんは良くも悪くもあの声。おそらく今までとは全く違うおやじになるんだろう。鬼太郎は単なる優しい優等生ではなく、闇も抱えてて結構不良。沢城さんでそれが出せるのか。過去何代かは、子供受けだけ考えたのか、ただの優等生の可愛らしい鬼太郎になってて失敗とかんじたものもあった。今回のキャスティングは、そういう点では心配もあるが、新しい鬼太郎ワールドに対する期待もある。ただ、野沢さんはかなり高齢。またすぐに交代なんてわけにはいかないと思うのだが。

 

…たしかに、水木しげるさんの

原作鬼太郎は、もっとどろどろしてて暗い内容ですね。

アニメはポップでコミカルに描かれていましたが……。

 

と、このように様々なコメントが飛び交っていましたが

いずれも原作愛に溢れたコメントばかりでした。

新しい時代に描かれる

鬼太郎の冒険に

古いファンたちも新しい子どもたちも

一緒になって楽しめるといいですね。

-アニメ・ゲーム・マンガ

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ