北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

ドラマ

キムタク不審者発見は「仕込み」?木村拓哉BGロケ地の観察眼に疑問の声が

投稿日:2018年1月19日 更新日:

キムタク不審者発見と、
BG~身辺警護人~のロケに紛れ込んだ不審者を見つけたことで
話題になっています。

その一方で、実は「事務所の仕込み」「ヤラセ」なのでは?
という声も上がっています。

……果たして……真相はどうなのでしょうか。

その真相を明らかにする、一本の動画にたどり着きました。

スポンサーリンク

広告

キムタク不審者発見への仕込みとの疑問の声

 

この不審者騒動に対して、

「ヤラセでは?」「仕込み?」

と、その信憑性を疑うコメントが沢山寄せられています。

 

日刊スポーツさん番宣お疲れ。大変ですねぇ。色々と。

ヨイショ記事?
実はこの話も仕込み・・・。

はいはい
キムタクカッコいい
ほんとジャニーズはヤラセが好きね
それもバレバレもここまでくるとアッパレ

好感を上げる為の、
事務所のパフォーマンスやろう。
キムタクも、そろそろ役を考えないと…
例えば会社の上司とか悪役とか…

仕込み感がハンパない。

事務所はいくらで雇ったんだろう?1万円位?

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20180118-00103356-nksports-ent&s=lost_points&o=desc&t=t&p=3

 

このようにジャニーズ事務所の

イメージ戦略だろう、という声ですね。

 

しかし、実際のところどうなのでしょうか。

その鍵となるのがコチラの動画でした。

スポンサーリンク

広告

キムタク不審者発見の真相は?

 

そんなキムタク不審者発見の真相を明かす

一本の動画がありました。

それがこちらです。

 

 

BG身辺警護人の見どころやエピソードを語る内容です。

その、3分30秒からがポイントです。

 

そこで木村拓哉さんの声で

その出来事が語られています。

 

「たまにですけど、

撮影をしていてたくさんの

エキストラの方がいらっしゃる中で

この人なんかちょっと違う空気を

醸し出してるなあって

人がいらっしゃったので

ちょっとお話を伺ったら

実は、あの、紛れ込んでいて

全く関係のない方が塀を乗り越えて

入ってきてたっていう……

いや、一番最初に見つけたときには

Tシャツにデニムを履いてたんですよ。

で、ぱっと二回目見たときに

シャツとネクタイを着てて

あれ?着替えてんなーと思って…

それがわかったので、

それでお話伺ったら

「忍び込みました」と……」

 

この感じですが……

うーん……身振り手振り交えて

話す雰囲気からして

筆者は嘘ではないと思いました。

 

それに、

嘘やヤラセにしてはエピソードが細かいんですよね。

「二回目は着替えてた」というものです。

 

私がヤラセのシナリオ書くとしたら

「録音している素振りがあった」

とか

「不自然にスマホを操作してた」

とか

「ポケットの中で何かいじってた」

 

など、わかりやすい演出にすると思います。

 

ですので、このキムタク不審者発見騒動は

おそらく「ヤラセ」ではないと思います。

 

この動画の最後に、木村拓哉さんは

「かならず面白いものになってると思いますので

皆さん、是非」

と、BGにかける意気込みを語って終わりました。

 

まとめ:キムタク不審者発見…実は「仕込み」?木村拓哉BGロケ地での観察眼に疑問の声

私はこのキムタク不審者発見騒動は

ヤラセや仕込みではないと思います。

 

とはいえ、そういう噂が出るのは

木村拓哉さんの現在も続くバッシングの

余波ではないかと思われます。

 

SMAP解散以降

木村拓哉さんを叩く声は数多くあり

また、人気も全盛期よりは大きく

落としてしまった木村拓哉さんですが

 

それでもなお

そのスター性、影響力は今でも健在のようです。

BGも出だしから高視聴率を記録していたりと

未だに根強いキムタク。

 

叩かれたりなど色々悪評は広まっていますが

それでも、信念を持って仕事をやり遂げようとするひたむきさと

努力する姿勢こそが

今でもキムタクを支えているものなのではないでしょうか。

 

また、ドラマを見ていても

「キムタクは何をやってもキムタク」

と演技力の幅の狭さを指摘されたりもしますが

裏を返せば

それだけ請求力・アピールする力の強い

存在感のある俳優だとも思うのです。

 

やはり、画面の中にキムタクがいると

「あ、キムタクだ!」ってなりますからね。

 

役に染まらないことが

役者としてどうかという声はありますが

その存在感に惹かれて

視聴率は上がります。

キムタクドラマのファンは

ドラマではなく動いてるキムタクを見に

来ているようなものです。

 

そんな木村拓哉さんは

器用ではないけれど

とても熱い信念を秘めた方のように

私には思えます。

 

最後に、個人的にすごく好きだった

あるコメントをご紹介します。

あらゆる方向から散々叩かた。
耐え続け、やっと乗り越えた。
その試練は過ぎ去った。
駅でキムタクのポスター見かけたが、表情に試練と苦労が刻まれていた。見たことある人だけど誰だったかな~?と、しばらく判らなかった。
アイドル時代より、なんだか今のキムタクのほうが親近感を感じる。
今後の第二の人生、夫婦共々、暖かく見守ってやって欲しい。

 

私は、このコメントにとても共感を覚えました。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

 

合わせてコチラも読まれています。

【動画】BG木村拓哉の走り方が変と話題に。キムタク走りとは?

広告

広告

-ドラマ
-

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ