北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

心理学・哲学

アナライザータイプの人の特徴・適職・職業をわかりやすく徹底的にまとめました

投稿日:2017年12月22日 更新日:

あなたがアナライザータイプなら、

この記事を最後まで読めば

自分の特徴や強み、

さらに適職や業種を完全に理解する役に立つでしょう。

 

これから、理由・事例付きで

アナライザータイプの特徴と、

天職を徹底解説していきます。

 

(自分のタイプを無料診断したい人はこちらからできます→)

 

まずは結論!

スポンサーリンク

広告

アナライザータイプの適職はこの5つです!

①事務職
②資格職
③公務員
④技術者
⑤医療関係者

では、これから説明していきます。

 

・アナライザータイプとは?

 

アナライザータイプを一言で表すと、
「完全主義者」といえるでしょう。

つまり、「ミスが許されない職業」では

最高の適性を発揮するのが、アナライザータイプなのです。

 

アナライザーとは、

英語で、「分析する人」を意味します。

 

知識やデータを活用し、問題解決や事務処理を行うのが

アナライザータイプの真骨頂なのです。

 

・アナライザータイプの人に当てはまる特徴

□行動は慎重

□行動する前にしっかり調べる

□計画をたてるのが好き

□失敗やミス、トラブルを嫌う

□規則やルールを好み、重んじる

□粘り強く、継続力がある

□変化や混乱、不足の事態には弱い

□先見性がある

□堅実で、仕事ぶりが優れている

□論理や数字を使った話し方が得意

 

こういった特質を備えたアナライザータイプは、
社会人や企業人として
非常に高い適性を有しています。

 

・そんなアナライザータイプのモチベーションが上がる時

 

データの分析をしている時

プランニング・計画を立てている時

系統だったことや、規則にならっている特

 

つまり「秩序」を大切にするというのが

アナライザータイプです。

 

なので、

「ミスが許されない職業」

「ルールを守らないといけない職業」

 

こそが、アナライザータイプの「適職」

なのだというわけです。

 

・アナライザータイプが活躍できる具体例

 

具体的に見ていきましょう。

 

アナライザータイプの「事務職」の適正は?

 

「事務職」は、会社や組織のルールをしっかり覚える

ことが求められます。

 

また、マニュアルに則って、

ミスがないように、丁寧に一つ一つの作業を行うことが

求められるのです。

 

アナライザータイプの「資格職」の適正は?

 

弁護士や行政書士などの

法律関係の仕事ならどうでしょうか。

 

「法律知識」や、裁判などの「判例知識」を

大量にデータとして蓄積し、

そのルールにしたがって問題解決に当たる必要があります。

 

このように、専門知識を覚えて

しっかりと活用いくことが求められる

法律関係者も、アナライザータイプの天職の一つです。

・アナライザータイプの「公務員」の適正は?

 

これも、国の制度やマニュアルに則って、

国民に対する責任ある仕事が求められます。

 

したがって、

これもまたアナライザータイプの適職なのです。

・アナライザータイプの「技術者」の適正は?

 

技術者の世界は、「キャリア」が

最も大事にされる世界です。

 

そんな中では、専門用語を記憶し、

たくさんの事例を活用できる

アナライザータイプは

非凡な能力を発揮して

重用されることでしょう。

・アナライザータイプの「医療関係者」の適正は?

 

医者・看護師といった、

大量の専門知識を必要とする医療関係者において

アナライザータイプは、適任です。

 

また、アナライザータイプの特徴である

「一つひとつの作業が慎重で丁寧」という特徴も

一つ一つの作業が患者の命に関わるという

医療関係者においては非常に力を発揮します。

スポンサーリンク

広告

・アナライザータイプの適職まとめ

もう一度まとめます。

アナライザータイプの人の適職・天職は、この5つです。

 

①事務職
②資格職
③公務員
④技術者
⑤医療関係者

行動が慎重であり、

伝統や規則を重んじ、

経験を大切に出来るアナライザータイプの人は、

この5つの職業を目指してみてはいかがでしょうか。

それが、アナライザータイプにとっての

天職になる可能性は非常に高いでしょう。

 

そして、周囲の人から信頼され、

責任ある仕事ぶりを発揮することになるでしょう。

 

アナライザータイプの人は、

組織的な役割をはたすときに、

とても基本に忠実に仕事をしてくれるので、

安心して責任や役割を任せられます。

 

私も、アナライザータイプの人と

一緒に仕事をする時、信頼感を感じます。

 

また、専門分野に強い、経験豊富なアナライザーが

仕事場にいると、

「守護神」のように、とても心強く

感じるものです。

 

(ただ、融通がきかないこともありますが笑)

 

 

仕事選びのときは、

自分の特性・適性を活かして、

「天職」にめぐり得るように

職業を選びましょう!

 

仕事選びは

人生の幸福にとっては、

とても大切なことですから。

 

そんな「天職」探し中の方におすすめなのですが、

私も過去に利用して、

就職・転職でお悩みのカウンセリングのクライアントさんにも

紹介しているのは、こちらです。

 

bgt?aid=171222799788&wid=002&eno=01&mid=s00000013868004008000&mc=1 - アナライザータイプの人の特徴・適職・職業をわかりやすく徹底的にまとめました 0 - アナライザータイプの人の特徴・適職・職業をわかりやすく徹底的にまとめました

 

 

自己PRという、面接における必須スキルを、

わかりやすく体系的に学べるものです。

また、社会に出てからも、

人脈作りやコミュニケーション、

第一印象を良くすることにもなります。

 

特に、アナライザータイプの人は、

正しい知識や経験を身に着けてこそ

力を発揮できます。

 

将来のための「自己投資」として、

非常にいい内容です。

 

ぜひご覧ください。

 

bgt?aid=171222799788&wid=002&eno=01&mid=s00000013868004004000&mc=1 - アナライザータイプの人の特徴・適職・職業をわかりやすく徹底的にまとめました 0 - アナライザータイプの人の特徴・適職・職業をわかりやすく徹底的にまとめました

 

おまけ

Googleの月間検索数です。

この画像の意味を、是非考えてみてください。

 

「アナライザー タイプ 適職」が検索された回数:90回

「サポーター タイプ 適職」が検索された回数:40回

「プロモーター タイプ 適職」が検索された回数:10回

「コントローラー タイプ 適職」が検索された回数:なし(笑)

 

…そう、

これこそがまさにアナライザーが「調べる」ことを裏付ける

動かぬ証拠です笑。

 

以上、おまけでした。

広告

広告

-心理学・哲学

執筆者:

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ