北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・丁寧に届けるメディア

芸能人・女優・俳優

くっきー 最高月収はⅩⅩⅩⅩ円…野生爆発の芸人に嫉妬の声多数?

投稿日:2018年3月7日 更新日:

お笑いコンビ、野性爆弾のボケ担当
「くっきー」さん。
ネタ作りも担当です。

年齢は今月(3月)12日に、42歳を
迎えます。

芸人くっきーさんの最高月収
ワードにありますが。
気になる月収について、
書いてみようと思います。

スポンサーリンク

広告

くっきー、芸人、月収が驚愕、放送事故?具体的に暴露!?

お笑いコンビ野性爆弾のくっきーさん

先月2月15日に放送された、
毎日放送、バラエティー番組
「メッセンジャーの○○は大丈夫
なのか?」に出演。
最近のブレイクを受けて手に入れた
最高月収について暴露しました。

番組ではこの日、各地で開催されてる
展示イベント「超くっきーランド」が
大盛況であることに触れました。

番組MCのメッセンジャー黒田さんが
くっきーさんに、
「給料、なんぼなったん?」と質問
しました。
それに対し、くっきーさんが、
「それは、テレビで言われへん」
「多かった多かった儲かった」と
具体的な収入を明かさず。

更に黒田さんは「過去、最大か?」と
追及します。
共演していた藤田ニコルさんも、
追い打ちをかけるように
「なに、何個分?」と、
“例えていうなら?”、を要求。

共演者らの追及に負けてしまった
くっきーさんは
「100円のリンゴが350個分」と
回答します。
が…その計算でいくと 月収3万5千円
にしかなりません。
本人が計算間違いに気付き、
「350万って、何て言えばいいの?」

具体的な数字を、本人自ら、うっかり
暴露してしまいましたね…。

スポンサーリンク

広告

芸人 くっきー、月収ⅩⅩⅩⅩ円…ネットの反応

具体的な数字をはっきり、テレビで
明かした、くっきーさんですが。

350万円という月収に、
ネット民の反応がやはり気になり、
早速調査しました。

いろいろ反応が、連打されて
います。

以下、ネットの反応。
「売れてよかったね」
「やっぱり吉本でも売れてる芸人は
それなりに貰えるんだなあ」
「放送事故ギリギリのキャラが好き」
「クッキー好き」との反応。

他には、
「この人の絵が気持ち悪い」
「苦手」「なんか汚いから嫌い」
「本当に苦手 面白さがわからない」
「きもちわるい」「だれ?」等々
くっきー嫌い、気持ち悪いって連打
も多数あります。

スポンサーリンク

広告

芸人 くっきーの最高月収にネットは嫉妬の声よりも…??

実は、今回調査してみて
気づいた事があります。

ネットの反応には 嫉妬と思われる
ものって、あまりなかった、という
事実。

嫉妬か、どうかはわかりませんが
「小学校からやり直してこい!」や
「3万5千個だよ」とか、
指導、訂正する優しいネット民も
ちらほらといましたよ笑。

くっきーさんの350万円という
高額の月収に対して、ネットでは
嫉妬の声が、ほぼ無いに等しく
思えました。

嫉妬に関してはあまり、
目立たった反応がなくて、
それよりも やたら
目につくのが、
「気持ち悪い」「嫌い」でした。

否定的な意見も、
その人が持つ、独特の個性が
際立ち引き立つ、一つの一面。
くっきーさんは気持ち悪い雰囲気
が輝いてるんだと思います。

ある意味、
くっきーさんの存在キャラは
世間のみなさんにとって、
強く惹かれる何かが、
あるのではないでしょうか。
気持ち悪いや嫌いという
思いを持つことも、気になる存在
という事なんですね、きっと。

くっきー、隠れた特技とは?意外な裏の顔、発覚!?

お笑い芸人として定着する
くっきーさんですが、
実は意外な特技がわかりました。

くっきーさんの意外な一面とは、
ズバリ音楽です。

彼はああ見えて、ギターの演奏が得意
です。
しかも、作詞作曲を手掛けるという
本格的なもの。

お笑いネタ的な曲や真剣に作った曲
オリジナル曲を多数持ち、
パンクロックバンド「盆地で一位」
でメジャーデビューも果たしています。
くっきーさんはこのバンドで、
リードボーカル、サイドギター担当
なんです。

お笑い芸人として
350万円の月収以外にも、
音楽でも報酬を得ている
くっきーさん。

これからどちらに、力を入れて
実力発揮されるのか…
今後の活動も気になりますね。

下ネタ、非道徳的なボケ暴言を
連発する、お笑いやテレビ業界の
常識に捕らわれない芸風の
くっきーさん

350万円は何に使うのか?
気になりますね。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

広告

広告

-芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ