映画 時事問題・ニュース・話題 有名人 芸能人・女優・俳優

「劇場版 おっさんずラブ(仮)」来年夏公開決定!レギュラーキャストら再タッグ!!待望の続編を詳しくまとめ

投稿日:

現在、AbemaTVで「田中圭24時間テレビ」が話題。シャワーシーンが超絶セクシーと注目される田中圭さんの代表作となった「おっさんずラブ」。

「おっさんずラブ」が来年夏、映画になって帰ってきます。

スポンサーリンク

おっさんずラブとは?

テレビ朝日系の”土曜ナイトドラマ”枠として、2018年4月期から深夜帯放送していた連ドラ「おっさんずラブ」。

モテないダメ男で女好きの33歳、春田創一(田中圭)にようやくモテ期が到来。

相手役となるのは、乙女な上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)とドSのイケメン後輩・牧凌太(林遣都)。

3人の間で巻き起こる、複雑でピュアな恋のトライアングルに光を当て、おっさん同士の恋愛を描く、胸キュン純愛ラブコメディー作品です。

放送時間は深夜帯であったこともあり、脚光を浴びるドラマ作品としては期待も低かったようですが、ドラマが開始した直後、ネットの世界を中心にじわじわと盛り上がりを見せ、男女問わず書き込みもどんどんヒートアップ。

ネット上で最高の盛り上がりを見せていた頃も視聴率は低く平均視聴率約4%。

だけど本作は初回放送後からSNSなどを中心に大きな反響を呼び続け、一大ブームを巻き起こす結果に。そして今回、映画化が決定!
前代未聞のドラマ界歴史的快挙を成し遂げました。

本作で主演を努めた田中圭さんも、作品と共に大ブレイク。「今年の顔」にも選ばれました。

今回は、ネットの世界で記録的な大ヒット「おっさんずラブ」映画化について詳しく書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

「おっさんずラブ」主演・田中圭のプロフィール

■本名:田中圭
■生年月日:1984年7月10日
■出身地:東京都
■身長:178㎝
■デビュー:2000年
■著名な家族:さくら(女優※引退説あり)

トライストーン・エンタテイメントに所属する田中さんは、これまでドラマや映画、舞台など、話題作へのレギュラー出演を豊富に重ねてきた実績のある、イケメン俳優さんです。

ひとりっこ。

デビューのきっかけは、母親が応募したオーディション。当時15歳だった田中さんは最終選考まで進んだそうでこれを期に、現在の事務所がスカウトし芸能界入り。

2000年のCM「マリオパーティ3」で芸能界デビュー。同年放送のテレビドラマ火曜サスペンス劇場「孤独な果実」で、俳優デビューを果たしました。

2002年「自殺サークル」で映画初出演。

以降もドラマ「WATER BOYS」「世界の中心で、愛をさけぶ」「僕の歩く道」など、また映画「いま、会いにゆきます」などの話題作にも多数出演し、2009年「ホームレス中学生2」でドラマ初主演。

同年公開「凍える鏡」で映画でも初主演を果たしました。

また、2007年には「死ぬまでの短い時間」に出演。初めての舞台に挑んでいます。

それ以降も「美咲ナンバーワン!!」朝ドラ「おひさま」「それでも、生きてゆく」など、ドラマや映画や舞台にひっぱりだこ。

まさに人気急上昇中の勢いがある若手俳優さんでしたが2011年8月、当時27歳だった田中圭さんは、女優のさくらさんと「授かり婚」。

ちなみに、2人の馴れ初めは2010年の連ドラ「まっすぐな男」での共演です。
結婚した翌年2012年に長女誕生、2016年に次女が誕生。
現在私生活では2人の娘の良きパパであります。

スポンサーリンク

「おっさんずラブ」映画化2019年夏に公開!低視聴率ドラマが一大ブレイク!キャストは?

https://www.cinematoday.jp/news/N0105425<リンク先参照>

最終回視聴率は自己最高視聴率5.7%を記録。

初回は大失敗と言われた本作は、最終話では立派な結果を飾り無事ラストを締め括りました。

この作品の見どころと言えばやはり、人気の豪華キャストらが集結し好きな男を取り合い、ラストは主人公が自分の本心に気付き、本当に好きな相手を選びハッピーエンドという、どストライク胸キュン純愛ラブコメディーを”全て男だけ”で描いた作品。というところです。

もう、既に新感覚です!!

映画化にあたり、主演を努める田中さんも歓喜の声を上げたようで、映画は”ドラマからの続編”とのこと。

主役の田中さんが映画化についてこうコメント。

「続編の話を振られては、ずっと『ないです!』と答えていたのですが、すみません『ありました!(笑)』」と大喜び。本人も待望の映画化となったようですね!

なおクランクインは来年3月から。5月にクランクアップとの予定。

タイトルを現在調べたところ「劇場版 おっさんずラブ(仮)」でした。

映画化スタッフに関してはドラマ版と同じく、瑠東東一郎監督と徳尾浩司脚本家など、スタッフは変わらずに再結集します。

一番、気になる登場人物は田中圭さん・吉田鋼太郎さん・林遣都さんら主要3人が再タッグを組みます。

上記記事によると、ゲスト俳優の予定もあるようで映画化に伴って、新しいおっさん投入となる予感大ですよ!!

他にも、
■内田理央
■金子大地
■伊藤修子
■児嶋一哉
■眞島秀和
■大塚寧々
など。以上、連ドラのレギュラーメンバーが再び結集となります。

撮影開始に先立ち、田中さんはこうコメント。
「ドラマと同じキャスト、スタッフでもう一度『おっさんずラブ』の世界を作れるというのは楽しみですし、みんなで最高のゴールを狙えるのではと思っています」と映画化に期待を寄せ、「チームみんなで心を一つに、最高の結果を狙ってやろう、とも思っています」と、エネルギッシュな発言。

映画化への期待がますます膨らみます!

スポンサーリンク

おっさんずラブ主演・田中圭 賞続々。俳優として今年最も活躍!

https://news.mynavi.jp/article/20181025-713367/<リンク先参照>

4月に放送スタートした「おっさんずラブ」。

第1話初回平均視聴率は2.9%でしたが、数字的にもかなり低く、第1話を放送した翌日、田中さんが撮影現場に入った時、落ち込んだ表情の監督やプロデューサーが謝ってきたそう。

だけど田中さん自身は初回放送を観て、「すごく面白くて、現場でも手応えを感じていた」と明かし、監督らに「もともとそんなに数字に固執してるわけでなかった。全然気にすることない」と励ましの声を掛けそうです。この田中さんの言葉に胸キュンです!

結局は視聴率にも予想を上回る結果を招いたのですが、田中さんも同時に「おっさんずラブ」での主演で大きな影響を受ける存在に。今年を代表する顔としても数々の賞を受賞。

https://www.excite.co.jp/news/article/Asagei_116646/<参照リンク記事>

「東京ドラマアワード2018」では主演男優賞。
さらに、「2018年のヒット人」(日経トレンディ)や「GQ MEN OF THE YEAR」にも選ばれるなど圧倒的な活躍をみせた俳優に贈る賞も受賞。

「おっさんずラブ」公開も、田中さんのさらなる活躍にも期待が高まります。

来年夏公開が楽しみです!

今年のおっさんずラブ現象によって、田中さんの過去に発売した写真集が重版決定!という良い流れも起きてます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-映画, 時事問題・ニュース・話題, 有名人, 芸能人・女優・俳優

執筆者:

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ