北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・ていねいに届けるメディア

時事問題・ニュース・話題 雑学・読み物

【感動】第49回衆院選 伝説の選挙演説「究極の公約」

投稿日:2017年12月23日 更新日:

これは、第49回衆院選に出馬した、名も無き候補者の選挙演説です。

 

第49回?と思うかもしれませんが、

私がタイムマシンで未来に行って、先に聞いてきたというわけです。

 

私が心震わされたこのスピーチ。

 

「日本の選挙における伝説」と

各メディアから報道され、大絶賛を受けたスピーチですので、

この場を借りて、ご紹介させていただきたいと思います。

スポンサーリンク

広告




第49回衆院選 伝説の選挙演説

日本国民の皆様!約束します!

 

私がこうして選挙に出た暁には、

日本の選挙率を、日本の戦後史上最大化することを

お約束します!

 

そして、有権者の皆様!

私に投票しないでください!

 

なぜなら、私の出馬した目的は当選ではなく、

この国を正し、再生することだからであります。

したがって、私よりも政治家として有能であり、
熱意ある人間に投票して頂きたいと思います。

万が一にでも、私が当選した暁には、
その立場においてできることをその時における最大限頑張りますが、

しかし、そんなことよりも、
これからする話のほうが遥かに重要なことです。

 

では、心してお聞きください。

 

私が今こうして話している目的は、
選挙当日、
あなたに投票所に足を運んでいただくことです。

そして、今回第49回衆院選の投票率を
日本史上で最高の選挙率に引き上げることです。

なぜならば、それのみが唯一、
日本の政治腐敗を撲滅し、
政治と日本を再生する唯一の道であるからです。

それは、私がいち政治家になるよりも

遥かに効果的なことです。

 

なぜか?

 

それは、最高国家権力者であるあなたに
この国を正していただくためです。

聞き間違いではありませんよ。
冗談でもありません。私は本気です。

なぜならば、
政治家を有権者が選ぶという
この日本のしくみにおいて、

 

投票権を有する有権者のあなたは,最高国家権力者なのです。

 

優れた政治家を活かすも殺すも、

その生殺与奪はあなたの手の中にある

「投票権」が握っているのです。

 

最高国家権力者が

政治や国事に関心を持たないで、

国が正常に動くわけがないということは

優秀な日本の立派な成人であるあなたなら、

お分かりいただけると思います。

 

今や、我が国の投票率をご存知ですか。

 

53%ですよ。

 

つまり、

最高権力者のテーブルに座る人間の内、

国事を真剣に考えているのは、

10人の内5人だということです。

 

あなたが47%に属しているなら、

今心から反省すべき時ではないでしょうか。

 

あなたですよ。

これを聞いているあなたです。

 

あなたが、

賢明なはずの目をつぶり、

優秀なる判断力を使いもせずに、

国事に対して怠けて無関心でいるからこそ、

 

あなたが国に関心を持たないからこそ、

この国の問題が正しく解決しないのです。

 

政治家の話をちゃんと聞いてください。

 

覚悟を持って、信念を抱いて、

国に尽くそうと考える偉大なる人物は

今もたくさんいます。

 

まともな人を選ぶという責任を、

ちゃんと全うしてください。

 

それを果たすのが

あなたの役目ではないでしょうか?

 

なぜなら、あなたの日本国籍と日本国憲法第15条において

保証されている「投票権」は、

最強の国家権力なのです。

 

いかなる政治家も、

この投票権に依存して初めて活動できるのです。

この投票権が適切に行使されない限り、

いかなる政治家も無力なのです!

 

投票権は、日本を変える最強の国家権力です!

 

ちゃんと正しく使ってください。

国会の人事権は、

あなたの手に握られているのです。

 

この国を正す政治家を、

あなたが選んでください。

 

あなたのその賢明なる目で

情熱と信念を持って、

しっかりと選んでください。

 

それこそが、私欲に動く政治家を淘汰し、

上に立つべきものが上に立つという

仕組みを健全に動かすための、

この国を正す唯一の方法です。

いいですか。

 

この国を救える人材を、

あなたが任命してください。

 

それができるのはあなたなのです。

 

この国のこと、任せましたよ。

 

それでは、

さっそく他の候補者のことを調べてください。

 

今すぐです。

時間などありません。

 

今すぐにです。

 

候補者の名前を検索し、

ホームページにアクセスしてください。

 

経歴を調べて、公約に目を通し、

一番すぐれた人格を備えた、一番有能な人物を、

この国の立派な成人として認められた

あなたの両目で見定めてください。

 

まともなことを、

真剣に情熱を持って語っている政治家は、

意外なほど多いのです。

 

今まであなたが、

政治家に対して無関心であったならば、

あなたは必ず驚くことになるでしょう。

 

必ず、候補者全員の公約に目を通してください。

 

国を救える人材を選ぶという、

偉大なる最高の社会貢献を

あなたの手で行ってください。

 

 

あなたの愛する人がたくさん住んでいる

この国の平和と、

大切な子供たちが生きていく

この国の未来を

あなたの手で正してください。

 

私から伝えるべきことは、以上です。

 

では今すぐ、手元のスマホで、

候補者の名前を検索してください。

 

最後に……

私よりも遥かに政治家として優れた、

私よりも賢明なる国士の方々が、

この国の上に立つことを、私は心から願っています。

 

では、今度の日曜日、投票所でお会いしましょう

 

第49回衆院選 伝説のスピーチより

 

 

この回、日本は戦後以来最高投票率を記録したと言います。

 

ところで、未来は変わることもあります。

したがって、私達の生きるこの世界の未来が、

管理人がタイムスリップしてきた未来とは

異なる未来につながるケースも、

当然存在するというわけです。

 

したがって、当サイトにおいては、

この情報の正確さについての

全責任を負いかねることにつきまして、

どうかご了承いただきたいと思います。

 

参考…

衆院選2017投票率、2番目の低さ(毎日新聞)

広告




広告




-時事問題・ニュース・話題, 雑学・読み物

執筆者:

関連記事

庄野アナ 社長謝罪,降板理由,就業規則違反,真相,浮気

庄野アナ 社長謝罪の降板理由は。就業規則違反の真相に浮気説が…

庄野アナが就業規則違反を犯したということで 降板が決まりました。 社長謝罪を行うなど かなり大きな出来事があった様子です。   はたしてその謝罪の理由は…。 スポンサーリンク 広告 Contents1 庄野アナの降板、社長謝罪は1.1 庄野アナ社長謝罪の降板理由説①暴力事件説1.2 庄野アナ社長& …

ゴディバ 新聞広告

ゴディバ新聞広告がバレンタインチョコ否定!?ホワイトデーにも出す?

バレンタインが来週に近づき、 チョコの準備に頭を悩ませている女性も たくさんいるのではないでしょうか? そんな中話題になっているのが、 今月1日の日経新聞に掲載された 「日本は、義理チョコをやめよう」 の新聞広告でした。 スポンサーリンク 広告 Contents1 ゴディバ、新聞広&#215 …

2d4b2de7c19632f6bfd3d6c9f6d5559c 150x150 - 大豆ミート 謎肉の正体がついに…唐揚げでもハンバーグでも美味しい魔法のお肉!

大豆ミート 謎肉の正体がついに…唐揚げでもハンバーグでも美味しい魔法のお肉!

大豆ミート 謎肉 それが、長年の日清カップヌードルの愛用者に対する回答です。   それは何かと言うと、長年カップヌードルに入っている 正体不明の謎肉の正体は 実は大豆ミートであった、というものでした…。 スポンサーリンク 広告 Contents1 大豆ミート 謎肉の正体が…2 大豆ミート &#3 …

yosikawazenn1 150x150 - 写真家吉川然のプロフィールは?画像・作品と共に、15歳の写真家の素顔に迫る。

写真家吉川然のプロフィールは?画像・作品と共に、15歳の写真家の素顔に迫る。

この写真は、ある15歳のカメラマンが撮影した写真です。     入院してましたが退院と撮影をしたアルバムの発売日が偶然かさなりました。明日発売と退院です。 吉川然さん(@zen_yoshikawa)がシェアした投稿 – 10月 17, 2017 at 5:12午前 PDT この写真は、ミュージシャンの 吉田省念さんののジャケットカバー&#12 …

優木まおみ 救世主

優木まおみ 救世主の本名は?現在ブログで旦那が、インスタで子供が公開

優木まおみさんが生島ヒロシさんから 救世主と呼ばれたことが 話題を集めています。   そんな優木まおみさんの本名は? 現在と、 ブログでの旦那の話、 インスタで子供が公開されている件について まとめていきました。 スポンサーリンク 広告 Contents1 優木まおみさんを救世主と呼ん&#123 …

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ