北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・ていねいに届けるメディア

時事問題・ニュース・話題

住みたい街ランキング 関東2018の結果は横浜!

投稿日:

恒例の住みたい街ランキングが
今年も発表されました。

関東版では、意外な結果発表に!

「住みたい街」と「住める街」は
違いますが、
夢はいつまでも
持っていたいものですね。

さて、意外なその結果とは?

どんなランキングにな
ったのでしょうか。

早速、調査してみますね。

スポンサーリンク

広告




住みたい街ランキング 関東2018

住めば都とはいいますが、
やはり「住みたい街」は
誰しもがありますよね。

特に、関東なら
魅力的な街がわっさわっさ!

あふれんばかりに次から次へと
でてきますよね。

そんな、
住みたい街ランキング2018年、
関東版が2月28日に発表され、
意外な結果になったというのです。

さて、
恒例の第1位の「吉祥寺」を抑え、
堂々の1位を獲得したのはどこでしょうか?

毎年第2位の「恵比寿」が
逆転したのでしようか…。

じつは、第1位は「横浜」です。

昨年は第3位だった横浜が
吉祥寺、恵比寿を抑え、
初の1位を獲得しました。

ちなみに、気になる2018年の
トップ3をご紹介しておきますね。

第1位 横浜 神奈川県
(2017年では第3位)
第2位 恵比寿 東京東京
(2017年では第2位)
第3位 吉祥寺 東京都
(2017年では第1位)

住みたい街ランキングは、
リクルートが運営している
大手不動産住宅サイトの
「SUUMO」が2010年の
開始から2011年を除き
毎年調査をしています。

何と、今年の調査では、
今までの4,000人から7,000人に
対象者を増やしたそうですよ。

その調査対象者は、
関東圏に在住の
20歳から49歳の男女です。

トップ3は、
吉祥寺、恵比寿、横浜というのは、
おなじみなのですが、
横浜が初の1位を獲得したことに
様々な反響が
でているとか、ないとか。

というのも、
2016年に恵比寿が
初めて1位になった以外、
ずっと1位は吉祥寺という
圧倒的な人気を
誇っていたからです。

対象者を増やした結果でしょうか。

この、住みたい街、
第1位となった横浜ですが、
以外にも、ツイッター上では、
意外感よりも納得感を得ています。

その気になる内容とは、
「横浜在住の私としては嬉しいな」
「やったー」といった
喜びの声がある一方で、
「たぶん湾岸沿いのタワマンの
イメージなんだろうなあ」
「家賃高そう」
「住みたい街=
暮らしやすい街では、まずない」
といった現実的なものです。

やはり、「住みたい」
という憧れであり、
実際にに住めると考えての
ランキングではないのですね。

やはり、夢は夢(笑)
しかし、夢はいくらでも
持ってもいいものです。

夢や憧れはいつまでも
持ち続けていると
叶うかもしれませんよ。

さてさて、気になるトップ3以外は
どこでしょうか。

・住みたい街ランキング2018

1位 横浜 神奈川県
(17年では第3位)
2位 恵比寿 東京都
(2017年では第2位)
3位 吉祥寺 東京都
(2017年では1位)
4位 品川 東京都
(2017年では5位)
5位 池袋 東京都
(2017年では第7位)
6位 武蔵小杉 東京都
(2017年では第6位)
7位 新宿 東京都
(2017年では第12位)
8位 目黒 東京都
(2017年では第4位)
9位 大宮 埼玉県
(2017年では第15位)
10位 浦和 埼玉県
(2017年では第19位)

トップ10の中には大躍進した
街がありますね。

まずは、昨年12位だった
「新宿」が7位とランクを
5つも上げていますし、
注目するべきは、何と!

埼玉県の躍進です!!

「大宮」が15位から9位に、
「浦和」が19位から10位に!

やはり、対象者数を
増やした結果ですよね。

それとも、もともと知名度が
あったからでしょうか。

そして、以外結果がもう一つ。

2017年では4位だった「目黒」が
8位と4つもランクを
下げてしまいました。

何があったのでしょうか…。

ちなみに、
「関東版 住みたい街ランキング2018」は第100位まで
発表されていますよ。

ご興味がある方はぜひ
チェックしてみてくださいね。

もしかすると、
ご自身が住みたい街や
実際に住んでいる街がランクイン
しているかもしれませんね。

スポンサーリンク

広告




住むのに穴場だと思う街ランキング 2018

「住みたい街」としては都心や
大都市の駅周辺が人気ですね。

では、実際に住むのに適した
「穴場」の街は?

どこなのでしょうか。

こちらも調査されていますので、
ご紹介しますね。

・穴場だと思う街ランキング2018

1位 北千住 東京都
(2017年では1位)
2位 赤羽 東都
(2017年では2位)
3位 和光市 埼玉県
(2017年では9位)
4位 大宮 埼玉県
(2017年では48位)
5位 柏 千葉県
(2017年では圏外)
6位 守谷 茨城県
(2017年では40位)
7位 川口 埼玉県
(2017年では24位)
8位 蒲田 東京都
(2017年では16位)
9位 池袋 東京都
(2017年では3位)
9位 田端 東京都
(2017年では7位)

北千住と赤羽はいずれも
東京23区内で、
「住みたい街ランキング」にも
23位、9位に
ランクインしています。

この「穴場ランキング」でも
だいぶ大健闘している街が
たくさんありますね。

中には圏外や40位、48位だった
街まで!

第3位の埼玉県の和光市は
東武東上線の始発駅で、
池袋へ乗換なしで行けるのです。

しかも、快速急行なら約13分!
という好立地です。

一般的に家賃が高い
山手線の駅周辺と比べると、
家賃が安いため
人気があるのですね。

都内近郊に通勤や通学する方には
本当に「穴場」な街ですよね。

これまた、ツイッター上で、
昨年の9位から3位に6つも
ランクアップした
和光市には納得だという
反響が目立っています。

和光市の大躍進には、
交通の便の良さが
反映されているようですね。

そのほかにも、
「住みたい自治体ランキング」
なども発表されていますので、
ぜひ気になる方は下記のURLよりご
確認くださいませ〜。

SUUMO住みたい街ランキング2018
https://www.recruit-sumai.co.jp/press/2018/02/sumitai-kanto-2018.html

広告




広告




-時事問題・ニュース・話題

執筆者:

関連記事

一蘭

一蘭 書類送検の真相…ラーメンのメニューの値段と味の評判が…

ラーメン店一蘭が 書類送検されました。 その理由は 「法定時間を超えて留学生を 働かせた」ことが理由です。 吉富社長はその件について、 把握していなかった と回答を示しています。 スポンサーリンク 広告 Contents1 一蘭 書類送検をくわしく2 一蘭 書類送検は外国人雇用3 一蘭 書類送検&#123 …

ガキ使 完全版 浜田雅弘 黒塗り 問題 まとめ

ガキ使黒塗り差別の真相は、保毛尾田保毛男問題にあった

年末のガキ使で、浜田雅弘さんが演じた「黒塗りメイク」。 再放送でも、問題のシーンが 削除されていなかったことによって、 再びダウンタウン・ガキ使に注目が集まっています。   そして今、あるキーワードが再び注目を集めています。   それは、「保毛尾田保毛男問題」。 &#21 …

ccbb9c2e13de51f2665c28f8609d383e 150x150 - サンチェス・ワット 退場理由が衝撃的…その笑える理由とは

サンチェス・ワット 退場理由が衝撃的…その笑える理由とは

元アーセナルの選手で 現在はセミプロチームの ヘメル・ヘンプスタッド・タウンで プレーするイングランド出身の サンチェス・ワット選手 その退場理由が何やらネットで日本以外でも かなり話題になっています! 話題になっている理由とは? 実は、ある試合で退場に なってし&#12414 …

c4cb5ecde6fd0f3ce7b0afb1daca3c39 150x150 - 10代不足問題…芸能界危機の解決法はこれしかない!広瀬すず、竹内涼真引っ張りだこの理由を分かりやすく…

10代不足問題…芸能界危機の解決法はこれしかない!広瀬すず、竹内涼真引っ張りだこの理由を分かりやすく…

芸能界は今深刻な危機に陥っています。 それは、高校生といった「10代のキャラクター」の 役割を演じられる女優・俳優がいない、ということです。   なので、高校生女子役には、 毎回広瀬すず(19)にオファーがかかり 毎回広瀬すずが出演するという事態になっています。   同じ …

b9317c7d2aaf206e600dc83d893f9b99 150x150 - 加藤浩次 体調不良の真相…スッキリ欠席の現在は自宅?嫁や子供・娘と?

加藤浩次 体調不良の真相…スッキリ欠席の現在は自宅?嫁や子供・娘と?

いつも元気なテレビの働きもの、 スッキリの加藤浩次さんが 珍しく体調不良ということで 番組を欠席したことが 視聴者から驚きの声が上がりました。 しかし、その体調不良とは一体…? スポンサーリンク 広告 Contents1 加藤浩次 体調不良とは?インフル検査、大丈夫?2 加藤浩次 体調不&# …

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ