北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・ていねいに届けるメディア

ネットの声・ツイッター 芸能人・女優・俳優

みなおか 最終回視聴率の真相…とんねるず伝説の終了にネットの声が…

投稿日:2018年3月23日 更新日:

みなおか最終回 視聴率

が話題を呼んでいます。

フジテレビの名物、歴史的番組

とんねるずのみなさんのおかげでした

略してみなおか

の放送が、その30年の歴史に幕を引きました。

 

最終回の視聴率は、年内最高の9.8%を記録。

 

スポンサーリンク

広告




みなおか 最終回視聴率、年内最高の9.8%

ネットからも、高視聴率に現れているように

その最後を惜しむ声が多数上がり

バラエティーにおけるひとつの時代の終わりに

寂しさを語る声が上がります。

 

最後の歌では、石橋貴明さんは

どこか怒りをにじませたような思いが込められていたようにも見えました。

しかし、ノリさんは対照的な、満足感のある笑顔を浮かべていました。

 

本当にかっこいい。

視聴率低下で終りを迎えたみなおかに

未だに悔しさと闘志を滲ませる石橋貴明さん。

やりきった笑顔で満足そうなノリさん。

みなおか 最終回視聴率が高い理由…

 

感情の表し方は二人それぞれにあるでしょうが

しかし、このバランスの取れたコンビだからこそ

これだけ長きにわたる番組を引っ張ってこれたのであろうと思います。

とんねるずのみなさんのおかげでしたは、

仮面ノリダーといった伝説的なブームを作ったり

非常に発信力の強く、練り込まれた黄金期のバラエティー番組です。

黄金期には、凄まじい視聴率を叩き出していました。

 

そんなみなおかは、長時間特番で終わってほしかったという声も上がります。

が、視聴率という観点から、通常枠での放送になりました。

いつもどおりの時間枠で

スマートに終りを迎えた、

とんねるずのみなさんのおかげでした。

スポンサーリンク

広告




みなおか 最終回視聴率にしては低い…?

 

最期のとんねるずの歌の

「情けねえ」は、今の時代に向けたとんねるずの本音であったのかもしれません。

 

友達と見たり、恋人と見たり、

「とんねるずのみなさんのおかげでした」

には、多くの品人が様々な思い入れを持って

見ていたことでしょう。

それが、全盛期の視聴率です。

 

それだけに、「とんねるずのみなさんのおかげでした」

のみなおか最終回ともなって、感傷に浸る多くの声が上がっています。

 

とんねるずがいかに、この「とんねるずのみなさんのおかげでした」を

大切に思っていたか。

そして、みなおかを始めバラエティーを築き上げたフジテレビへの熱いリスペクトが

伝わってきました。

 

年をとってもかっこいいとんねるず。

これだけの華と存在感を年をとってからもなお発揮する、

そんなとんねるずの時代の終わり

みなおか最終回です。

 

しかし、そんな最終回に会っても、

とんねるずの二人は

芸人としての維持と誇りをかけて望んでいたのは

間違いなく見て取れました。

最期に、視聴率に踊らされないバラエティー魂を感じさせてくれた

という熱い意見も上がっています。

 

最後の歌がとんねるずの思いの全てだと思います。
バラエティーを滅ぼすな
フジテレビをおちょくるな
フジテレビにはこの思いを受け止め、また面白い番組を作ってくれることを期待してます。

2時間やってほしかった気持ちもありつつこのすっきりと1時間で終わる感じも気持ちよかった。そしてやはり最後の歌はかなりジンときた、かっこよかった、、、。
時代がひとつ終わった

ヤフーコメントより

 

みなおか 最終回視聴率の数字以上に…

とんねるずの みなさんのおかげでした 【最終回】 最後に とんねるず 『情けねえ』の熱唱で 「バレエティーを滅ぼすなよ」 「フジテレビをおちょこるなよ」 フジテレビ愛とバラエティー愛 を貫き通し鬼気迫る 熱唱で締めくくった とんねるず 石橋貴明&木梨憲武 終わりは始まりのはじまり☆

 

 

とんねるずさんは、 やっぱりケタが違った。 本物ってのは、 比べもんになんない。 下の名前で呼び合って、 歌で締めくくって、 サラッと終わる。 泣くのは失礼だから、 やっぱ口開けて笑うしかない。

 

とんねるずの最終回 「情けねえ」の 「この国を」を変えて歌った バラエティを 滅ぼすなよ フジテレビを おちょくるなよ 最後は 「バーイ、センキュー」で 感謝のメッセージと 「みなさんのおかげで……」 「した」で終了 最後まで格好良かった 楽しい時間を ありがとうございました

 

 

 

とんねるずがいかにこの『みなさん』を大事にしていたか、そしてフジとバラエティを思っているかが伝わってきた。
フジは、バラエティを軒並み捨てて坂上忍やら何やら変な路線に走っているけれど、それじゃ絶対に復活できないと思う。
とんねるず、やっぱりすごいな。年を取ってもかっこよかった。

タカさんのちょっと悔しそうな顔が印象的だった。
ノリさんのバラエティを滅ぼすなよはかっこよかった。
二人が歌ってる姿はほんとうに華がある。
また何かの番組で観れることを期待しています。

いいともと同じだ
新番組3%続きなのに終了か
なぜ終わらせるのか
最近のフジテレビ幹部はバラエティーを滅ぼすな
古き良きフジテレビをおちょくるな

台本があってもこっちの方がおもしろいとおもったら即興で展開を変えてしまう様な、次に何をするかわからない破天荒なのが とんねるずなんだよ。規制ばかりの今のテレビでは とんねるずのホントの面白さは出せないのかもしれない

飽きてだらけてたのもあるけど、ノリダーの怪人が水死したり逃亡したり自爆したり台本に無いアドリブ展開とか本当におもしろかったもん

フジは別として
本当に良い終わり方だった
一つの時代が終わった。
テレビが
どんどん、つまらなくなってる。
あの時代の笑いが復活するように期待してます。
とんねるず、ありがとう!!

ヤフーコメントより

 

一つの時代の終わりに敬意を表し、

また新たな時代の訪れをたのしみにしたいと思います。

 

とんねるずと、みなさんのおかげで…した!

 

広告




広告




-ネットの声・ツイッター, 芸能人・女優・俳優

執筆者:

関連記事

c5e13b5fb7c7473ed2c08dc484832014 - 南野陽子 反響まとめ!西郷どんの代役が絶賛される

南野陽子 反響まとめ!西郷どんの代役が絶賛される

南野陽子 反響の声が多く集まります。   南野陽子さんは、 急遽不定騒動によって降板してしまった 斉藤由貴さんの代役として選ばれた女優です。   西郷どんでも出演は急遽、昨年の10月から決まっていたことでしたが… スポンサーリンク 広告 Contents1 南野陽子さんの演技への反響は …

c641bcbaa73db7214285d3b4934389df 150x150 - 半分、青い。一話のキャスト・あらすじ・原作ストーリーをチェック!

半分、青い。一話のキャスト・あらすじ・原作ストーリーをチェック!

Contents1 半分、青い。一話のあらすじは?2 半分、青い。一話のキャストは?3 半分、青い。の原作はあるの?原作者はだれ?4 半分、青い。ストーリーの見どころは… 半分、青い。一話のあらすじは? NHK連続テレビ小説 『半分、青い。』 本日放送開始。 一話のあらすじ・キャストなど ま&#12392 …

ed21afdc8bff063ece1f54c038c0a018 150x150 - 【二度見必至】有名人・芸能人の爆笑画像を淡々と並べていく

【二度見必至】有名人・芸能人の爆笑画像を淡々と並べていく

有名人・芸能人たちの特選・爆笑画像を集めました。   その芸能人のプロフィール画像と比較・紹介しながら 淡々と並べて解説していく、という趣旨の企画です。   では行きましょう… スポンサーリンク 広告 Contents1 板野友美2 森泉3 マギー司郎4 ボビーオロゴン5 えなりかずき6 その他、詳 …

3e2c0139829cc4b09adfa700ba34e67a 150x150 - ジャガー横田 息子反抗期、旦那との絆が見えるコメントに共感の声

ジャガー横田 息子反抗期、旦那との絆が見えるコメントに共感の声

ジャガー横田さんの息子さんが 反抗期を迎えて ジャガー横田さんがその 怒りをにじませたコメントを 発表しています。 とはいえ、その反抗期への 言い表せない葛藤と 子供と旦那への思いがジャガー横田さんへの 共感を呼んでいます。 [adssense] Contents1 ジャガー横田 息子反抗期をどう捉える& …

a869747e9ce10b36d85501621822e2b9 150x150 - 藤井聡太 初優勝6段昇格!羽生竜王に勝利の様子は…?ツイッターまとめ

藤井聡太 初優勝6段昇格!羽生竜王に勝利の様子は…?ツイッターまとめ

藤井聡太 初優勝。 朝日杯将棋オープン戦で達成した 快挙です。 盤上の絶対王者、羽生善治竜王を破りました…。 スポンサーリンク 広告 Contents1 藤井聡太 初優勝の様子は…2 藤井聡太 初優勝にネットは…3 藤井聡太 初優勝6段昇格!羽生竜王に勝利!ツイッターまとめ 藤井聡太 初優勝の&#2709 …

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ