北風速報

今をときめく「あの人」「あの話題」を、早く・わかりやすく・ていねいに届けるメディア

アニメ・ゲーム・マンガ

つるの剛士いとこの漫画「地獄楽」第一話が凄い!あらすじと画像を!

投稿日:2018年1月26日 更新日:

タレントのつるの剛士さんいとこ
賀来ゆうじさんの書いた漫画「地獄楽」が
超面白いと話題になっています。

第一話のあらすじ画像

交えながらご紹介していきましょう。

果たして、どんな漫画なのでしょうか?

スポンサーリンク

広告




つるの剛士いとこの漫画「地獄楽」第一話のあらすじ

 

時は徳川将軍11代目となる頃——。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

引用:ジャンプ+公式

つるの剛士いとこの漫画「地獄楽」第一話のあらすじ①

主人公・画眉丸 賀来ゆうじ『地獄楽』第1話 ジャンププラス

引用:地獄楽第一話より

 

主人公画眉丸(がびまる)は

伊州の抜け忍。

生まれたときから殺人術をその身に叩き込まれた

超人的な身体能力を有しています。

 

その能力を活かして

暗殺家業で生計を立てる生活。

 

生きる意味も何も感じない

無機質な毎日に

画眉丸は絶望していました。

 

そんな画眉丸には妻がいました。

妻を画眉丸はこう思っていました。

「愚鈍な妻。平和ボケの世間知らずの箱入り娘」

と。

そして、そんな妻と暮らしていたのでは

己の腕は鈍ると思っていました。

つるの剛士いとこの漫画「地獄楽」第一話のあらすじ②

そんな画眉丸、ある日忍びの暗殺家業から

足を洗おうとします。

 

しかし、そう志した任務中

仲間の裏切りによってついに

役人に捕らえられてしまうのでした。

 

 

そんな画眉丸の「打ち首」の

処刑シーンから物語は始まります。

つるの剛士いとこの漫画「地獄楽」第一話のあらすじ③

画眉丸の首に向けて

介錯人の刀が振り下ろされる。

 

しかし、その刃が通らず

折れてしまいます。

 

画眉丸は生身で刃の硬さを凌ぐ

身体を手に入れていたのでした。

 

打ち首がダメならと

次は火刑に処されます。

 

体を包み込む業火。

 

しかし、その中でも画眉丸は生きていました。

 

次に牛裂きの刑。

牛の力で人体を真っ二つにするという刑罰です。

しかし死なない画眉丸。

 

いともたやすく、牛を殺してしまいます。

 

そして釜茹で。

これでも当然のように生きている画眉丸。

 

この物語の主人公は

このように死なない肉体を持った

画眉丸です。

 

しかし、そんな画眉丸の元に

ある一人の女性が姿を表します。

つるの剛士いとこの漫画「地獄楽」第一話のあらすじ④

その名は山田浅ェ門 佐切(やまだあさえもん さぎり)

です。

山田浅ェ門 佐切 賀来ゆうじ『地獄楽』第1話 ジャンププラス

引用:地獄楽第一話より

この女性は、代々処刑執行人を努めた浪人でした。

 

この佐切の力量を見切った画眉丸は

今度ばかりは命の危機を感じ

逃げ出しました。

 

そんな逃げ出した画眉丸に

佐切は伝えます。

 

「あなたは、死を受け入れたと自分を偽っているだけだ」

と。

 

画眉丸の本当の心の底。

 

口では否定している妻への愛。

人として夫婦になりたいという切実な願いがあり

そのために暗殺家業をやめたいと

切望していること。

8c65af60 s - つるの剛士いとこの漫画「地獄楽」第一話が凄い!あらすじと画像を!

引用:地獄楽第一話より

しかし、画眉丸の妻は

忍びの長の娘でもありました。

 

静かに二人で暮らしたいという画眉丸の願いは

果たされないのでしょう…。

 

そんな時、佐切は言い切りました。

 

「叶います」と。

つるの剛士いとこの漫画「地獄楽」第一話のあらすじ⑤

山田浅ェ門 佐切『地獄楽』第1話 ジャンププラス

引用:地獄楽第一話より

 

佐切の出した話はこうでした。

幕府の求める不老不死の仙薬を手に入れよ。

そうすれば、あらゆる罪が許される上

将軍の加護が得られる書状

「公儀御免状」が得られる。

 

この免状を得たら、二人で平和に暮らすと良い

と。

58b4360a - つるの剛士いとこの漫画「地獄楽」第一話が凄い!あらすじと画像を!

引用:地獄楽第一話より

その仙薬を求めて

「あの世」と呼ばれる海の向こうに

画眉丸は旅立つ……

 

それが「地獄楽」第一話のあらすじでした。

eb0db6c1 - つるの剛士いとこの漫画「地獄楽」第一話が凄い!あらすじと画像を!

引用:地獄楽第一話より

この地獄楽に、漫画ファンからの絶賛の声が集まっています。

 

つるの剛士のいとこの漫画「地獄楽」が面白い!と絶賛

面白かったし、画力もすごい

面白いじゃん 
期待してよさそう 

1話としてみれば青年漫画として完璧だな 
これから楽しみな作家だわ

キャラが魅力的なんだよなぁ 
+の連載だとより際立つわ

幼稚園のお遊戯会にプロの劇団が迷い込んできたような場違い感 

首切り浅と言えば無限の住人しか知らん 

少年漫画第一話の理想形のようで面白かった 

これはやばい 
この1話だけで単行本買える

面白いじゃん 
よく物語の動機付けや設定も練られてたし 
新人でよくこれまで描けたな

と、ネットの上の評価は絶賛の嵐!

 

もちろん、タレントの親戚ということに関係はなく

純粋にその漫画の面白さが評価されています。

 

第一話の中にも

意外性があり

見せ場がありました。

 

何より、じつは妻を愛していて

一緒に暮らすために絶対に生きて帰りたいという

そんな主人公の切実な願いに

心打たれます。

 

 

流血シーンや残酷シーンも含まれますが

「生きたい」というテーマに

正々堂々向き合った作品。

 

第二話が楽しみで仕方がないと

ネットは絶賛の声が多数上がっています。

 

原始的な思いを純粋に書き上げた

この漫画がどこに行き着くのか

 

一漫画ファンとしてとても楽しみな内容でした。

 

地獄楽、これからもチェックしていこうと思います!

広告




広告




-アニメ・ゲーム・マンガ

執筆者:

関連記事

b03837049a49fb2644b3bb6830ecd1b2 - 逆転裁判 新作アニメ2期決定!主題歌や声優、キャストが2chで予想合戦!

逆転裁判 新作アニメ2期決定!主題歌や声優、キャストが2chで予想合戦!

逆転裁判の新作アニメ化が発表されました!   第一期も大成功に終わった 逆転裁判アニメ化。   スポンサーリンク 広告 Contents1 逆転裁判 新作アニメについて2 逆転裁判 新作アニメの放送日は?3 逆転裁判 新作アニメは読売テレビで 逆転裁判 新作アニメについて   逆転裁判:テレビアニメ続& …

4664a813e22dde2a68a55ae7ea060aa0 150x150 - 久川綾 ブルマ役決定!動画でチェック!下ネタから関西弁までいけるその声優歴は?

久川綾 ブルマ役決定!動画でチェック!下ネタから関西弁までいけるその声優歴は?

ドラゴンボールのブルマ役決定! 久川綾さんになりました。 ブルマ役の前任は、声優鶴ひろみさん。 大動脈解離のため57歳でこの世を後にしました。 その後、ドラゴンボールのブルマ役の 後任は誰になるのかということで 東映アニメーション内でも 様々なキャスティングが語& …

4a815c8492d3002f9b711295dd8712b6 150x127 - タイバニスタッフ 新作にツイッターの反響…「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」

タイバニスタッフ 新作にツイッターの反響…「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」

タイバニスタッフ 新作! そう聞けば、名アニメ「タイバニ」の視聴者ならば 黙ってはいられないでしょう。   ほぼ社会現象と言えるぐらいに 大ヒットしたアニメタイバニスタッフが 満を持しての新作発表!   それにツイッターでも大盛り上がりです。   スポンサーリンク 広告 Contents1 …

2fd90476e562f073e5a92056fb9464fc 150x150 - 金田一37歳の事件簿、堂本剛主演の声に原作者反応!ドラマ実写化いつ?

金田一37歳の事件簿、堂本剛主演の声に原作者反応!ドラマ実写化いつ?

金田一37歳の事件簿、連載初日から その話題が沸騰しています。   そんな金田一37歳の事件簿が、ファンの間では 「堂本剛主演で実写化して!」「ドラマ化して!」 と希望の声が多数ツイートされています! 金田一37歳の事件簿、もちろんつよちゃん主演でドラマなんないかな!?&#6528 …

ゲゲゲの鬼太郎 新作

ゲゲゲの鬼太郎新作!野沢雅子さん目玉おやじ役に困惑の声多数…

ゲゲゲの鬼太郎が 新作アニメーションとして登場することになりました。 今年4月からフジテレビから放映されます。 原作者の水木しげる氏が無くなって以降の アニメーションとして次に原作を引き受ける 脚本家には思いプレッシャーがかかります。 そんなゲゲゲの鬼太郎の新作& …

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ